Appendix

広告

Entries

専業主婦の家事育児年収、0円と回答の男性多い 実際に計算したらいくらに?家事代行サービス・家政婦の価格を利用


 論争になりやすい専業主婦の家事や育児を年収だといくら相当か?とする話。特に0円と回答してしまう男性が多いがために、揉めやすいです。

 一方、世の中には家事代行サービスというものもあります。これにより、年収を計算してみることも可能だろうということで、実際にやってみました。

 …が、最後まで書いた後に、「もうこれ住み込み家政婦でいいじゃねーか」と気づいてしまって、そっちの値を採用しました。コンスタントに長い時間やってもらうなら、家政婦を雇う方がお得なんです。(2017/11/27)


●専業主婦の年収、男性は0円が最多に

2017/11/27:『マイナビウーマン』にて2016年4月に実施した「専業主婦(主夫)の年収はいくらぐらいが妥当だと思いますか?」と聞いたWebアンケート。男性では0円が最多となりました。

<男性が考える年収>
1位 0円……12.9%
2位 100万円……10.0%
3位 200万円……9.5%
4位 300万円……9.0%
5位 250万円……3.5%
平均約143万円

<女性が考える年収>
1位 200万円……9.5%
2位 100万円……8.0%
同率2位 300万円……8.0%
4位 150万円……5.0%
同率4位 10万円……5.0%
平均約166万円
(有効回答数女性201件男性203件、25歳~35歳の働く男女)
(0円ってひどくない!? 専業主婦の妥当な年収っていくら?|「マイナビウーマン」 2016/5/13より)


●育児ですら「0円」と答える男性が多めに

 家事よりさらにきついと思われる育児に対する同様のアンケートもあります。例えば、明治安田生命が実施した「子育てに関するアンケート調査」。育児に対して対価がもらえるとしたら年収ベースでいくらになるかを聞いています。

 このアンケートでは、全体の平均額は約237.5万円。家事と比べると少ないものの、例によって男性の11.5%が「0円」と回答し、女性の3.3%よりだいぶ多くなりました。

 ただ、おもしろいのが、この調査の場合、男性では236.2万円、女性では238.9万円となり、男女で大きな差は見られなかったことです。
(同調査は2017年8月9日~14日の期間、インターネット上で行われたもの。20~59歳の子どものいる既婚男女1,032名の回答。育児の対価、約1割の男性が「0円」と回答 - 年収の平均値は約237.5万円 | マイナビニュース 2017/09/15 20:00:00より)


●育児に対する男性の評価、なぜ二極化したのか?

 なぜこうなったのか?というと、500万円より高い年収を回答した人では、男性が8.4%と女性の3.7%を大きく上回っていたのです。過去にも書いているように、平均値ってこういう注意が必要なんですよ。極端な数字があることで、大きく変わってくるのです。

 ところで、このように男性の評価が二極化したのは、なぜでしょう? まず、「0円」が多いことに関し、明治安田生命は「日頃の育児への意識や協力度合いの低さから育児の大変さが理解できず、『0円』の回答につながっているのかもしれません」とコメントしていました。これはわかりやすいでしょう。実際に育児に関わっているかどうかで違いが出たというものです。

 一方で、私は、男性で育児の高額年収の評価が高かった人が多かったのも、育児の関わりの有無のせいではないかと想像しました。実際に育児に関わってみると、非常にハードだとわかるため、かなり年収の数字を高くした…といった感じです。家事なんかもそうですが、夫はできるところだけやっており、本当の一番たいへんな部分は、ほとんど妻がやっているなど、関わり具合によってもかなり評価が異なってくるのではないかとも思います。


●専業主婦の年間家事時間はおよそ2200時間

 さて、いよいよお待ちかねの年収計算へ。まず、妻の家事時間。これは良いデータがありました。国立社会保障・人口問題研究所が5年おきの定点観測調査の最新版として2013年に調査を実施し、2014年8月8日に発表した第5回分の結果を基に図示したサイトさんがあったのです。

<平日の1日あたりの妻の家事時間>
専業主婦 359分
常勤 183分
(専業主婦とパート主婦、家事時間の違いはどれくらい? 妻の家事時間をグラフ化してみる(2014年)(最新) - ガベージニュースより)

 上記は平日のみのデータ。専業主婦などで分類した「休日」における家事時間は無かったそうです。ただ、年齢別のデータならあったそうで、それを見ると"就業女性は休日で、平日のいきわたらない家事を補完している状況"と、専業主婦は平日も休日もあまり変わらないことが予想できたそうです。

 ということで、359分がベースで良さそう。ちょうど6時間くらいなので計算が楽ですね。6時間で365日だと、年間2190時間になります。


●実際に計算したらいくらに?家事代行サービスの価格を利用

 家事代行サービスについては、家事代行・家政婦サービスは1時間2,190円のCaSy(カジー)の1時間2,190円!」という数字を利用。ただ、「業界最安値水準」とされるので本当はよくありません。本来なら平均値か中央値をとるべきです。

 また、「1回のご利用につき、別途交通費700円(消費税込)がかかります」とのことですので、上記の値もまだだいぶ安く出ています。なので、「かなり安く計算したら」と思ってください。以下のようになりました。

2190時間 × 2190円/時間 = 4,796,100 (およそ480万円)

 というか、両方とも奇跡的に「2190」で揃いました。思わず何度も確認してしまいましたわ!

 それは良いとして、なんと年収およそ480万円。上記ですごく良い数字とされていた500万に近い値です。女性もかなり家事を過小評価していますね。そして、育児はもっと高くて良いということです。


●専業主婦は夫にとってかなりお得!

 ついでに1日6時間で交通費700円込みでも計算してみましょうか。この場合はこうなります。

6時間/日 × 2190円/時間 + 交通費700円 = 13,840円/日
13,840円/日 × 365日 = 5,051,600円0 (およそ500万円)

 こちらの方がキリが良くて良いですね。505万円で、大体500万円相当と覚えやすくなりました。

 「妻を養う費用で相殺したらマイナス」という小賢しいことをおっしゃっていた方もいたのですが、たぶん500万円は想定していなかったでしょう。夫にとって専業主婦はかなりお得だと言えます。


●住み込み家政婦で仮定した方が実態に合う?

 …とここまで書いて、実際に継続的に雇う場合はもっと安くできるはず!と気づいてしまいました。で、そうなると、住み込みの家政婦みたいなものですね。失敗した、最初からこちらを調べれば良かったです。バカでした。

 検索して最初に出た二つは1日12時間働くスケジュール。それキツすぎじゃね?という話ですし、上記の専業主婦の家事時間と合いません。ということで、細かい労働時間はわからないものの、大雑把な年収を知るといことで、家政婦の平均年収を詳しく解説!平均年収.jpというところを参考にしました。

 こちらによると、住み込み以外を含めた平均年収は240~300万円。この時点で、男性が考える専業主婦の年収平均約143万円や女性の166万円を軽く突破。育児年収の237.5万円をも上回りました。過小評価されているという結論は変わらないようです。

 じゃあ、住み込みならどうなるか?というと、以下のように書いていました。

"住み込みの家政婦になると、日給がぐんとあがり15000円以上となるそうです。週7日×15000円=85000円。
週給で85000だと、月換算で月収34万円となります。一般企業のサラリーマンよりも高給取りになれますね"

 月収34万円なら年間408万円。私の計算した家事代行サービス利用よりやはり安くできたものの、皆さんの予想した値では全く足りないという点では変わらず。男性も女性も家事をかなり過小評価しているようです。

 ちなみに普通の日本人の年収を知る 平均年収は高すぎ、大事なのは中央値?でやったときのサラリーマン男性の年収の平均値は約507万円。より実態に近い中央値ではさらに減る約456万円でした。そして、年収というのは税金や社会保障費が引かれていない数字のことを普通言うので、使用できるお金はもっともっと少ないことがわかります。

 このことから、「妻を養う費用で相殺してマイナス」という主張もあったものの、その妥当な費用400万円を妻のために使っている夫はほとんどいないと言って良さそうでした。

(2017/12/05追記:住み込みにこだわる必要なかったですね。通いの家政婦で6時間だと10,416円(交通費別途)というサイトがありました。これだと少し安くできます。交通費不明なので抜いた計算ですが、3,801,840円。およそ380万円です。ただ、あまり変わりませんので、上記の408万円と合わせて大体400万円という理解で良さそうです。参考:家政婦のご利用料金|文京まこと)


【本文中でリンクした投稿】
  ■普通の日本人の年収を知る 平均年収は高すぎ、大事なのは中央値?

【関連投稿】
  ■日本の家事の男女分担、女性の負担が多いのは男性の所得が高いから?
  ■田舎者・ブス・チビな女子は不採用 紀伊國屋書店の採用基準流出で問題に
  ■マスコミは共働き夫婦が理解不能?ノーベル賞天野浩教授の妻香寿美氏の報道
  ■美容室はブラック企業?理容師の働き方の多様化進めるQBハウス
  ■ヒラリーが負けたのは女性だから 研究で判明した男性より低評価になる傾向、男性だけでなく女性も女性を嫌う
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由