Appendix

広告

Entries

女性中心主義の社会では女性も男性も幸せ?ギニアビサウのビジャゴス諸島の例


 女性が中心となっている西アフリカの島の記事をブックマークしていました。読んでみると、思った以上に女性が仕事をしすぎでびっくり。これで男性も女性も幸せだ…みたいな感じではあるものの、飽くまで個別例。全体に拡大できるような話はありませんでした。

 あと、女性中心主義の社会は結構ありそうな書き方もしていたものの、これもどうも間違いっぽい感じ。人類は男性中心主義を採用しやすい、という理解のままで良さそうでした。(2017/4/10)


●オスが全面的支配権を持つという人類の性質

2017/4/10:最初は、都合良く使われるハラスメントとポリコレ ポリコレ疲れがトランプ勝利の理由?でも書いた内容と少し重なる話をします。橘玲さんの『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』によると、社会生物学者のエドワード・オズボーン・ウィルソンさんの著書『社会生物学』に、以下のような人間の性質に関しての記述があったそうです。

「両性間で労働が分割されること」
「オスが全面的支配権を持つこと」

 これらはもちろん男性中心主義を支持して、差別を正当化しているという話ではありません。ポリコレの投稿で書いたように、人間の性質だからそれが正しい…という考え方は、いろいろな意味で致命的に間違っています。

 人間の持つ普遍的な特徴としていくつか挙げた中にあったもので、人類の共通点を考えると、遺伝子的にそうなっているのではないかと推測した話です。

 ところが、人類に普遍的だと見られていた男性が外の仕事をして、支配権を持つ…に反する社会を築いている地域があって、しかも、それですごくみんなハッピーという、ちょっと信じられない記事を最近見かけてブックマークしていました。

 例外的なケースであり、普遍的なものではありませんが、今回の投稿はそういう内容のものです。


●女性中心主義の社会では女性も男性も幸せ?ギニアビサウのビジャゴス諸島の例

 実を言うと、今回の記事は有料記事で途中までしか読めないのですが、タイトルだけで何となく雰囲気がわかります。「女がすべてを決める島」は、男にとっても「究極の理想郷」だった!|母権社会ギニアビサウを訪ねて | クーリエ・ジャポン(バングアルディア(スペイン) アナ・ボイエ)というものでした。

 作者であるスペインのジャーナリストが訪ねたのは、西アフリカの小国ギニアビサウ。ギニアビサウ - Wikipediaによると、人口160万人、面積が36,120km2(北海道の面積が83,456km2なので半分以下)という小国です。

 また、経済的にも貧しいようで、産業と呼べるものがほとんど無いため、世界最貧国のひとつとなっているとのこと。工業、鉱業がほぼ存在せず、労働力の8割が従事する主要産業の農業も米などの自給農業が中心で、しかも国内需要すら満たせないほど生産性が低いそうです。企業家層がおらず、識字率も低いため、経済発展の基礎的な条件が存在していないということで、発展しそうな気配もないようです。

 記事を読むと、この国全部が母権社会となっているわけではなさそうです。ビジャゴス諸島など60の島があり、はっきり書かれていないものの、記者が訪れたのはビジャゴス諸島の一つのようでした。

 この「女たちの村会」の第1議長は、26歳の女性。女性がトップってだけでなく、年齢も若いですね。15日ごとに村人の討議を取り仕切っています。

 よく読んでみると、夫は無職というわけではなく、彼女の秘書として、女性たちの発言を記録していました。また、3人の子供たちの世話は妻の仕事。カシューナッツを採りに行ったり、畑の種まきの時期を見定めたり、夫の仕事の段取りもしたりするとのこと。あれ、何か仕事多すぎじゃないです、これ?

 ただ、家も土地も子供たちも、すべて彼女のものだというのは強み。「男はすべての面で女に劣る」と確信している彼女は、夫に嫌気がさしたら追い出すつもりだとしていましたが、それができるのもすべてを自分が持っているからゆえでしょう。

 私は男女の役割が逆転しただけでは、幸せにはなれないと考えていました。それは結局、女性が男性の苦しみを引き受け、男性が女性の苦しみを引き受けるだけ、苦しみが逆転するだけです。

 しかし、夫は「彼女のおかげで、お腹が減ったときも食べるものに困りません。少しでも彼女の支えになれれば、といつも思っています。僕は本当に幸せです」としていました。

 とはいえ、これは個別の例を挙げただけであり、この社会が幸せな証拠とはなっていません。ここらへんはもっと別のちゃんとした調査を見る必要がありそうです。


●母権制の社会はそれほど珍しくない?

 あと、私はこの社会は稀有な例だと思っていたのですけど、勘違いかもしれないという記述がありました。記事には、"古代アフリカでは、女性が社会的に高い地位を占める母権制の社会が主流であった"と書かれています。

 この社会をぶち壊したのは、どうも西洋文明のようで、「家父長的なヨーロッパ人が、交渉相手にアフリカ男性を選んだので、社会が家父長制になった」と、ギニアビサウで話されているクレオール語を研究している言語学者が説明しています。

 本当かどうかを他のところでも確認しようと、とりあえず、母系制 - Wikipediaを見てみました。ここでは、"母権制は母系制を尊重し、妻方を主体とする共同体内で婚姻生活を営み(妻方居住婚)、さらには一族の家長(家母長制)、首長的地位を女性が優先して有する社会制度をさす"と説明されていました。

 スイスのJ・J・バッハオーフェンの『母権制論』(1861年)によれば、父権による家長制が確立する前の段階ということで、そうなると、むしろ普遍的な例だと言えます。文化的には狩猟による生活が安定した時期では生活の余裕から舞踊や性快楽に耽って乱婚し、夫婦関係が正確でなくなり一族の出自が母親にしか辿れなくなった社会基盤を原因とされました。

 しかし、20世紀に入ると説中の例示に脆弱さがあったこと、科学的立場からの反論、母系制との誤謬と混同を徹底的に指摘され、人類発展史の一段階としての母権制を想定する説は否定され、現在の文化人類学者で支持する者はほとんどいないそうです。じゃあ、やっぱり全世界的に見ると、特殊ケースなんでしょうね。

 ただ、考えてみると、日本でも古代に女性が力を持っていた時代がありました。卑弥呼がそうですし、神話の天照大神も女神だと考えられています。今、検索すると出てこないのですが、この流れのせいか天皇家も初期は巫女の役割をする妻の方が中心だったという説を唱えていた人がいた気がします。

 ここらへんがいろいろと気になるのですが、「母権」で検索してもあまり話が出てきません。

 母権制(ぼけんせい)とは - コトバンクのブリタニカ国際大百科事典 小項目事典では、やはり古代日本の話に触れているものの、その後に否定的な話を載せています。

"宗教的職掌の女性による継承や,一時的な王位の座に女性が君臨したことは,たとえば古代日本や 15世紀頃からの沖縄の政治組織のなかにみられる。しかし,各地の調査資料によれば母系制社会は認められるが,政治権力を世襲的に女性が受継ぐという社会は認められない "

 やはり稀有な例であり、一般的ではなかったと考えられます。また、さっきの"古代アフリカでは、女性が社会的に高い地位を占める母権制の社会が主流であった"も、間違いの可能性が高そうな感じでした。

 なお、都合良く使われるハラスメントとポリコレ ポリコレ疲れがトランプ勝利の理由?でも書いたように、男性中心主義や男女の労働の分割は、社会の変化によって現実問題として実行が難しくなっています。人類の性質としてはそういうものであったものの、社会の変容によって変えていかないといけない時期にさしかかっているのかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■都合良く使われるハラスメントとポリコレ ポリコレ疲れがトランプ勝利の理由?

【その他関連投稿】
  ■専業主婦の家事育児年収、0円と回答の男性多い 実際に計算したらいくらに?家事代行サービス・家政婦の価格を利用
  ■マスコミは共働き夫婦が理解不能?ノーベル賞天野浩教授の妻香寿美氏の報道
  ■美容室はブラック企業?理容師の働き方の多様化進めるQBハウス
  ■ヒラリーが負けたのは女性だから 研究で判明した男性より低評価になる傾向、男性だけでなく女性も女性を嫌う
  ■日本の家事の男女分担、女性の負担が多いのは男性の所得が高いから?
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由