Appendix

広告

Entries

最も理解できる死刑制度廃止論 冤罪による反対意見


 仇討ちと報復殺人と死刑制度2 ~仇討ちは復讐心だけじゃない~の続きですが、それ以前の死刑制度が廃止されている国の数でも書いたように、私は死刑制度の廃止派でも存置派でもなく、どちらとも決めかねている状態だということは、再度断っておきます。

 ただ、一連の投稿が片側に偏りすぎたために、もう一方で納得できるのものについても触れておこうというものです。


 では、本題。

 Wikipediaの死刑存廃問題には、日本における死刑廃止論をいくつか挙げています。

 最初に挙げられたものがおそらく主流であると思われるのですが、それは「人権の更なる尊重を推奨すべきという観点からの廃止論」であり、私としてはあんまりピンと来ません。

 これについて書き出すと反発を受けそうですがチラッと書くと、死刑を申し渡される人は、確実にこれ以上ないほど他人の人権を侵害した罪により死刑になるのですから、そこがもう既に大きく矛盾している気がします。


 私がわかるというのは、二番目です。

* 誤判可能性からの廃止論

現代の司法制度においては裁判官も人間であるという考え方である以上、常に誤判の可能性が存在し、生命を剥奪するという性質を持つ死刑においては、他の刑と比べ特に取り返しがつかないため、廃止すべきであるという意見がある。元最高裁判所判事の団藤重光は、自身が判決を下した死刑事件の事実認定において「一抹の不安(誤判可能性)」が拭い去ることができないという経験から、死刑の廃止を訴えている。また、実際に誤判の可能性が示されたのが、後述の1980年代における四大死刑冤罪事件(免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件)である。

 もう一つ同じページからですが、こちらは書き方が難しいです。

死刑がその「取り返しの付かなさ」を一つの理由として極刑とされるのであれば寿命という人間の限界を無視した死刑による誤判可能性は無視できない。また冤罪の責任は、原則的に(つまり寿命という限界を除いて)その被冤罪者本人に対して負われるべきであるが、死刑はその性質上本来的にその責任を負うということを放棄しているのではないかという問題がある。

 冤罪による死刑の取り返しの付かなさというのは、私としては最も納得ができるものです。

 冤罪は死刑に限らず防がなくてはいけないものであり、死刑以外の刑でもその償いができているのかは判断が難しいところですが、死刑にしてしまった場合は確実に償いの期間を設けることができなくなります。

 ただ注意しなくてはいけないのは、この冤罪の問題を死刑廃止派に都合よく利用する場合で、検索して見つけた「死刑賛成派全員冤罪で死刑にしろよwww」などはその最たるものでしょう。死刑存置派だって冤罪を認めているわけではなく、こういった書き方は常識を疑います。

 関連して、Wikipediaの冤罪には、以下のような記述がありました。

冤罪の危険性を理由にした死刑反対論の意見・死刑適用されない事件での冤罪の軽視

死刑反対を述べる意見には、その理由として冤罪の危険性を挙げるものがあるが、死刑反対論調を有利にわかり易く展開する為に方便的に使われ、関連付けられるものが多い。 死刑宣告をされ執行される(された)中に冤罪だった者がいるのではないかという危惧から来るものは少ない。 冤罪の問題自体が火急かつ深刻、根の深い問題であり、また、死刑適用をされない犯罪案件(例として痴漢や窃盗など)でも冤罪が発生し、死刑ではなくとも社会的に殺され社会復帰が困難になるなどの問題もある。痴漢冤罪はその最たるものである。上記のように冤罪問題は火急かつ深刻、根の深い問題であり、人の命や人の人生が懸かっている。尚更のように、個別に考えなければいけない大問題である。別の問題論議展開の為の理由に挙げたり出汁に使われたりする事が許される問題ではない。 また、死刑適用案件の冤罪の危険性を危惧する意見でもその事に固執するあまり、死刑適用されない事件の捜査で生じた冤罪は軽視しているのではという問題もある。

 また、死刑存廃問題の方のWikipediaでの反対意見もあるのですが、再度先ほどの死刑廃止派の意見を掲載して対応させます。


死刑廃止論側の主張

死刑がその「取り返しの付かなさ」を一つの理由として極刑とされるのであれば寿命という人間の限界を無視した死刑による誤判可能性は無視できない。また冤罪の責任は、原則的に(つまり寿命という限界を除いて)その被冤罪者本人に対して負われるべきであるが、死刑はその性質上本来的にその責任を負うということを放棄しているのではないかという問題がある。また、死刑と長期間の懲役を同じと考えるのは間違っている、後者は拘束であり死とは比べ物にならない上に残りの人生の自由の可能性もある。


死刑存置論側の主張

誤判が生じるのは、なにも死刑について限ったことではなく司法制度全体の問題点である。冤罪によって刑務所で生涯を絶望のもとに終えるのは死刑よりもむごいと論じることもできる。長期間の懲役であっても、冤罪により失った人生は取り返しがつかない点で同じである。冤罪の可能性による廃止論を死刑だけに適用する論に整合性はない。確実な証拠があり、本人が認めている場合など、誤判の可能性が無い場合の説明がない。

 存置論側の主張は大体私の考えと同じですが、「本人が認めている場合など、誤判の可能性が無い場合」というのは思いつきませんでした。この「誤判の可能性が無い」と言い切れる場合というのも、また揉めそうなところではありますが一理あります。


 また、最初の引用では外していた死刑廃止論側の主張の最後の一行、「死刑と長期間の懲役を同じと考えるのは間違っている」が私には気になりました。

 犯罪の度合いによって刑の軽重が異なるものという点は異論ないと思うのですが、この主張は「死刑」を「長期間の懲役」では代用できないという風にも取られかねないと思います。(この部分に対する「死刑存置論側の主張」は、長期間の懲役の方がむごい可能性もあるという書き方ですが、これは冤罪だった場合の話なのでまた条件が異なります。ただ、「だったら死刑の方がマシ」というのはあまりに乱暴すぎますが)


 なんか考えれば考えるほど深みにはまって答えを出せませんが、そこを解決せずにスパッとどちらかの派閥に属するというのは無責任だと思いますので、当分結論は出せそうにありません。


 関連
  ■死刑制度が廃止されている国の数
  ■死刑制度廃止論者でも、嬉しい殺人はある
  ■仇討ちと報復殺人と死刑制度2 ~仇討ちは復讐心だけじゃない~
  ■日本三大仇討ち 曾我兄弟の仇討ち
  ■死刑制度廃止国と戦争
  ■その他の文化・芸術などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由