Appendix

広告

Entries

思わず仲間のイモムシを共食いするほど不味い味の物質を出す植物


 "植物はイモムシを共食いさせて身を守る、初の発見"というタイトルの記事がありました。これを読んでみたら、植物が自分の味をひどく悪くして、あまりのまずさにイモムシが思わず仲間のイモムシの方を食べてしまうといった説明がされていました。意味わからん!って感じなのですが、マジで研究者がそういう説明をしているのです。


●思わず仲間のイモムシを共食いするほど不味い味の物質を出す植物

 私が読んだという記事は、植物はイモムシを共食いさせて身を守る、初の発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト(
2017.07.13)というもの。オンラインジャーナル「Nature Ecology and Evolution」に発表された研究が紹介されています。

 ここで出てくる植物というのは普段からまずいわけではなく、イモムシに食べられそうになったときに、"防御反応として自分の味をひどく悪くする物質を発することがある"と説明されていました。

 ここまでは「うん、なるほど」という話だったのですが、何じゃそりゃ?というのがこの後に続く「イモムシは、あまりのまずさに思わず仲間のイモムシを食べてしまう」という一文です。

 米ウィスコンシン大学マディソン校の動物学研究者で、今回の論文を執筆したジョン・オロックさんは以下のようにおっしゃっていました。マジなんでしょうか?

「その防御効果は極めて高く、イモムシは葉を食べることにストレスを感じるようになり、こんなものを食べるよりは仲間を食べたほうがましだと思ってしまうのです


●研究者「おいしくない植物を食うくらいなら、当然仲間を食べるでしょ」

 「おいしくない植物を食べ続けるか、それとも仲間を食べるか、答えは明らかでしょう」ともオロックさんは言っていましたが、ちょっと理解しがたいです。ただ、事実として、"それまで食べていた葉の味が急に変わると、イモムシは仲間のイモムシを食べ始める"のだそうです。

 また、共食い自体は自然界だと、わりとスタンダードな方法ではあります。うちでは過去に、多子問題を共食いで解決する動物たちなど、何度か取り上げている話です。研究チームのひとりで博士研究員のブライアン・コノリーさんは、費用対効果の問題だとしていました。共食いってのは優れた方法なんですね。

「イモムシにとっての費用対効果分析です。植物の質が低下してしまった結果、代謝を続け、生き延びるために、できるだけ質の高い食べ物を周囲に探さなければならなくなるのです」

 ただし、共食いが優れた方法であることは、今回の研究の説明が不十分な可能性も意味します。他に食べられるものがあればイモムシは共食いする前にそれを食べるのかについて、今研究を進めているのですが、そういう場合でも結局共食いを優先してしまっているとのこと。

 他にも食べ物があるのになぜ簡単に共食いに走ってしまうのか、その理由ははっきりしないとしていました。まずい植物を食べてしまった時点で、イモムシの中の何かがおかしくなっているのかもしれません。


●他の植物が攻撃されていることを把握している植物たち

 今回出てきた自身の化学成分を変化させ、イモムシがそれを食べた時にまずいと感じるようになる物質というのは、ジャスモン酸メチルというものでした。このジャスモン酸メチルは、損傷を与えられるなど植物が何らかのストレスを受けたときに発散する物質なのだそうです。

 研究チームが使ったのは、珍しい植物ではなく、トマトの木。この防御反応は、ほかの様々な植物でも記録されているとのこと。ジャスモン酸メチル - Wikipediaでは、"1962年に Demoleらがジャスミンの花から得られるジャスミン油から香気成分として単離した"という説明がありました。

 また、ナショジオによると、近くにある他の植物が攻撃されているのを感知する能力があることを示唆する研究すらあるとのこと。Wikipediaにも、"傷害を受けていない植物は気孔あるいは拡散によって空気中のMeJA(ジャスモン酸メチル)を吸収する"とあります。

 植物が他の植物の動向を把握しているってのは予想外の話ですね。でも、「ほとんどの植物は、周囲の環境から得られる情報を利用しているとよく言われています」とオロックさんは言っていました。一般的なようです。

 植物でもまだまだ驚くような話がたくさんありそうだと感じた話でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■多子問題を共食いで解決する動物たち

【その他関連投稿】
  ■青虫や芋虫が蝶になる・毛虫は蛾になるは嘘 蝶の幼虫も皆、毛がある
  ■ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
  ■【クイズ】次の女王アリ誕生 巣から出るのは新女王・旧女王?
  ■蜂に刺されて死ぬ人は熊による死者の16倍 10年間で200人ほど死亡
  ■遺伝子検査蚊を用いた蚊根絶プロジェクト 生態系破壊で人類に影響は?
  ■アメリカを侵略した日本からの外来種マメコガネ(ジャパニーズ・ビートル)
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由