Appendix

広告

Entries

ペットボトルやミネラルウォーターは環境破壊 欧米では水道水を推奨


2011/10/28:
●フランスのダノン、サントリーに「エビアン」「ボルヴィック」売却へ
●日本企業にはチャンスだが、ダノンにとってはもったいない売却
●ペットボトルやミネラルウォーターは環境破壊 欧米では水道水を推奨
●なぜダノンがエビアンを売るのか?その本当の理由とは?
2018/08/29:
●テスコが水ボトルをプラスチック製からアルミ製に一新
2020/04/23:
●日本ではむしろ「環境にやさしい」が売りの天然水を発売!
2020/07/08:
●やっぱり時代遅れな飲み物なのか?ボルヴィック販売終了
●日本企業は価値が低いボルヴィックを高値で買って損した?


●フランスのダノン、サントリーに「エビアン」「ボルヴィック」売却へ

2011/10/28:先日、仏ダノン、飲料水事業売却へ=サントリーに打診-売却額、数千億円規模 2011/10/21-19:19 時事通信社というニュースがありました。

<フランス食品大手ダノンが、サントリーホールディングスにミネラルウオーター事業の売却を打診していることが21日、分かった。ダノンの同事業は「エビアン」「ボルヴィック」などの有名ブランドを抱えており、売却額は数千億円規模に上るとみられる>

 時事通信社より詳しいものとして、ブルームバーグの仏ダノン、ウオーター事業のサントリーへの売却で交渉-関係者(2) 2011/10/18)という記事もあります。協議は非公開だとして同関係者が匿名を条件に語ったところによると、ダノンは同部門の売却で年内に合意に達することを目指しているとのこと。

 しかし、ミネラルウォーター部門は不調なわけではありません。ダノンのミネラルウオーター事業の昨年の売上高は、継続事業ベースで前年比5.3%増の28億7000万ユーロ(約3032億円)で、売上高全体の約17%を占めていました。ミネラルウオーターの売り上げは先進国では伸び悩んでいるものの、新興諸国では増加傾向にあるためです。

 一方、サントリーは国内の人口減少を踏まえ、海外事業を強化している模様。サントリーは09年にダノンが所有する豪州・ニュージーランドの飲料メーカー、フルコアを買収、米国では05年まで冷水器の共同事業会社を運営するなどの提携関係にあったといいます。


●日本企業にはチャンスだが、ダノンにとってはもったいない売却

 実はこの売却話は以前にもあったようです。同じくブルームバーグには、キリンやアサヒに売却打診、「エビアン」事業などを仏ダノン(Update1)  2010/11/10 12:30 JSTという1年ほど前の記事がありました。このときには現在と同じサントリーの名前も上がっていましたが、有力はキリンとなっていました。

 日本の市場が独特だということもありますが、日本の製品はなかなか欧米圏で浸透させるのはたいへんそうな印象です。そんな中、向こうのブランドを貰えるというのですから、これはチャンスじゃないかなぁと感じました。

 しかし、フランスのダノンはなぜこれをそんなに手放したがっているのだろう?と不思議にも思っていました。


●ペットボトルやミネラルウォーターは環境破壊 欧米では水道水を推奨

 この私の疑問への答えは仏ダノンはなぜ「エビアン」を手放すのか 田中陽 日経新聞 2011/10/26(閲覧に登録が要るかもしれません)に載っていました。

 こちらによれば、理由は簡単で「消費者の厳しい視線にさらされているから」というもの。「わざわざ時間とコストをかけて遠くの山から水をくみ、運んでいいものか」という素朴な疑問が欧米の成熟社会から上がっていとされていました。

 エビアンの公式サイトによると、エビアンの水源地は、フレンチアルプスの一部、標高850メートルに位置する台地にあるそうです。品質は申し分ないのですが、遠くから巨大な消費地にやってくるというのは事実。山から持ってくること自体が問題視されているんですね。

 また、ペットボトルの原料は石油に由来するものが多いというのも問題。地球環境に負荷がかかるペットボトルを問題視する動きがあるそうです。例えば、ニューヨークのレストランではメニューからミネラルウオーターを外したところが登場。

 こうした声に自治体も反応。ソルトレークシティーやサンフランシスコなどでは公費で瓶詰水の購入の禁止措置を条例化。ニューヨーク市では水道水を飲むように推奨。イギリスでも一部の公式行事でペットボトルでの提供を控えています。水道水で済むところを市販の水をわざわざ購入するのは、税金の無駄であるだけでなく、環境にも芳しくないというのが背景にあるそうです。


●なぜダノンがエビアンを売るのか?その本当の理由とは?

 なるほど。先のブルームバーグにも「先進国では伸び悩んでいる」とありましたね。しかし、同時に「新興諸国では増加傾向にある」とも書いてありましたので、やはり日本企業にとってこれはおいしいぞと思ったら…違う感じなのです。

 ダノンが水事業を積極的に展開している地域は新興国にシフトしており、既に同社の水事業に占める新興国の比率は50%を超え、先進国を尻目に2桁成長を続けているそうで。例えば、メキシコでは「Bonafont」が人気で、インドネシアには世界最大の販売量の「Aqua」があり、ブランドは今回手放すエビアンなどとは別なのです。

 上下水道のような社会インフラが整備されていない開発途上地域にいる人々にとって地域の実態にあわせた価格設定のミネラルウオーターはまさに命の水になるとのこと。ダノンにとって社会的な課題に取り組み、地域の需要を満たす手ごろな価格の製品を提供し続けることが存在意義になっていると説明されていました。

 社会的な意義は別として、重要部は手放さないってことなのかも。やっぱりしっかりしてますね。


●テスコが水ボトルをプラスチック製からアルミ製に一新

2018/08/29:元のニュースでも決まった話ではないと書かれていたのですけど、「エビアン」「ボルヴィック」売却の話は破談になったっぽいです。検索しても、日本企業の買収が決定したという話は見当たりませんでした。

 今回紹介したい話はこの売却の続報ではなく、環境破壊関係のもの。ペットボトルよさようなら。英国テスコ、水の販売もアルミ缶にシフト | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD(8月 26, 2018 )という記事です。

 5大世界流通大手のテスコは、プラスチックごみを減らす努力の一環として、自社製品の水ボトルの容器をプラスチック製からアルミ製に一新したとのこと。英国のスーパーマーケット大手4社で初めてだそうです。

 私はプラスチックを目の敵にする風潮に疑問を持っているものの、ペットボトルなどのプラスチックごみのリサイクル率は約10数%なのに対し、アルミのリサイクル率は約70数%であり、意味があるものでしょう。アルミのリサイクルには、原料のボーキサイトから新たにアルミの地金を製造するより、97%もエネルギーを節約することができるというメリットがあります。

 一方で、こういうのは利便性の問題を考えていないことが多いのですけど、すごいと思ったのがそちらも考慮していること。「CanO Water」と名付けられたこのアルミ缶は、一度開封した缶を再び閉じることができるフタがついており、使用後も水を入れて水筒として利用できるほどだといいます。かなり良い感じです。


●日本ではむしろ「環境にやさしい」が売りの天然水を発売!

2020/04/23:「環境に悪い」とされているミネラルウォーターなのですけど、日本のコカ・コーラが販売する「い・ろ・は・す」は、、「環境にいい」「環境にやさしい」というキーコンセプトでやってきたみたいですね。環境にやさしいボトル | い・ろ・は・す (I LOHAS) 公式サイトでも以下のような説明がありました。

<い・ろ・は・す天然水 ペットボトルが環境にやさしい理由
ペットボトルを資源として循環利用する “ボトル to ボトル”
使用済みペットボトルをリサイクルし、また新たなペットボトルへ生まれ変わらせることで、資源を最大限活用>

<簡単にしぼれる、軽量ボトル。
「しぼる」なら、たった1回のアクションでボトルを小さくできます。
ボトルをしぼって容器を小さくすれば省スペースにつながり、
地球にも家庭にも、ちょっとやさしい>

 ただ、こうした措置は当初の「環境に悪い」への反論にはなりません。当初紹介した批判は、水道水で良いのになぜミネラルウォーター?それ自体が無駄じゃない?という批判だったためです。私自身はこうした批判に賛成するわけではないんですけどね。


●やっぱり時代遅れな飲み物なのか?ボルヴィック販売終了

2020/07/08:やっぱり日本企業はネームバリューの割に儲からないものを高く買わされたのかな?と感じる「ボルヴィック」販売終了へ 12月末、キリンビバレッジ | 共同通信(2020/7/6 17:11 )というニュースがありました。

 キリンビバレッジは、フランス産ミネラルウオーター「ボルヴィック」の販売を12月末の出荷をもって終了すると発表しています。とはいえ、売れなくなったためとはしておらず、輸入先企業との製造委託契約の終了に伴うものと説明。

 19年のミネラルウオーター販売でボルヴィックの割合は1割程度で、今後は国産新商品を検討しているということで、単に日本と合わなくなっていた可能性も感じさせました。ボルヴィックは欧州では珍しい軟水で飲みやすさが人気とされており、欧州のミネラルウォーターとしては日本向きに見えたんですけどね。


●日本企業は価値が低いボルヴィックを高値で買って損した?

 ところで、あれ?と思ったのが、販売しているのが当初書いていたときに売却とされていたサントリーではなかったこと。キリンビバレッジはフランスのソシエテ・デ・ゾー・ド・ボルヴィック社と契約し、2003年から取り扱っていると記事には説明があり、ブランド買取も行っていません。

 読み直してみると、最初の記事は「売却で交渉」というもので、結局、このときにも売却は成立していなかった模様。ボルヴィック - Wikipediaの年表を見ても、買取は行われなかった感じ。高値買いしなくてよかったですね。

1958年 - ボルヴィック社設立
1986年 - 日本での販売開始
2002年 - ダノンと三菱商事、キリンビバレッジによる合弁会社「キリンMCダノンウォーターズ」を設立
2013年 - 日本国内での事業スキーム変更に伴い、販売・マーケティングをキリンMCダノンウォーターズからキリンビバレッジに移管
2020年7月6日 - キリンビバレッジ株式会社が2020年12月末をもって国内販売出荷を終了すると発表


【関連投稿】
  ■黒い毒水を飲む集落 日本は水道水が飲めるすごい国…という嘘 2.2%の人は水道が使えない
  ■ペプシコやコカコーラの水、天然水ではなく水道水由来と判明
  ■ママさんが飲む水アンケート 水道水飲むなんて意識低くて危険?
  ■コストコのボトルウオーターも水道水 「騙された」といった感じでネガティブな反応が優勢
  ■安全のため水道水ではなくミネラルウォーターでお米を研ぐ人16%
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由