Appendix

広告

Entries

小選挙区の問題点・選挙制度改革 ~小選挙区制度は失敗だった?~


 衆議院の選挙改革、小選挙区制への不支持が半数に迫る 75%が「1票の格差是正」より「抜本改革」を優先(登録要 日経ビジネスオンライン、2011年12月7日)という記事で、選挙制度に関するアンケートがありました。

 日経ビジネスオンラインでは、読者の皆様に選挙制度改革に対する考えを伺いました。

(有効回答数 626)


 最高裁判所が違憲状態と判断し、早急な制度改革が必要な衆議院の選挙制度について、75.2%が「『1票の格差』を是正するだけでなく、選挙制度も抜本改革すべき」と回答しました(図1)。回答者が、1票の格差を是正すること以上に、現行の選挙制度が政治の機能不全の原因になっていることに重きを置いていることが窺えます。

 面白ことに、日本経済新聞が11月下旬に結果発表した同様の調査と正反対の結果となりました。日経新聞の調査では「まずは『1票の格差」是正を急ぐべきだ」が62.9%、「時間を要しても抜本改革を実現すべきだ」が37.1%となっています。

 しかし、選挙制度改革優先には罠もあります。

 私は北方領土の二島先行返還論、四島一括返還論を思い出してしまいましたが、望ましいのは抜本対策の「選挙制度改革」であるものの、現実的により可能性があるのは「1票の格差是正」です。

 記事冒頭で、

 民主党の樽床伸二・幹事長代行は12月2日の記者会見において、制度改革を議論している各党協議会において民主党は「衆議院・比例区の定数を80削減することを提案しているが、他の党が反対している。民主党は今後も努力を続ける」と語っています。比例区での議席獲得を重視すると意見が近づく様子はありません。

 としているように、これは相当頑張らないと実現できません。

 中小規模政党にとっては比例区が都合よいものの、民主党と自民党にとっては今の小選挙区の定数を減らされたくないため、当然議論は紛糾してしまいます。(最後に関連記事を選んでいて思い出しましたけど、民主党の場合、自民党と比較して比例区が得意なんでした。あと、「1票の格差是正」も相対的に民主党に有利なのでは?少なくとも参議院選挙ではそうでした)

 すると、各党はその対立を見越して、「議論してるよ」というポーズだけ取ることができます。小選挙区制度が良いか、比例代表制が良いかという違いはあっても、各党にとって定数削減が嬉しい話じゃないというのは共通しているからです。

 私は抜本対策をやってほしいのですが、各党がどこまで本気かということを考えると、複雑な気持ちです。


 関連して記事では、その小選挙区制の見直しについても出てきています。

 では、どのように改革するべきなのか? 最も多くの回答者が支持したのは中選挙区制へ戻ることでした(図2)。2番目に多い回答は「比例代表だけにする」で13.2%。いずれも小選挙区制ではありませんでした。

 現在の小選挙区比例代表並立制は、以下の理由から生まれました。「中選挙区制では、同じ政党から複数の候補者が立候補するので政策の議論が行われない。金権選挙の土壌を生む」「小選挙区の導入によって2大政党制が促進され、政権交代が起こる」。2大政党制が確立し、政権交代は起こりました。しかし、政策の議論が高まったようには見えません。回答者は、この点において、小選挙区制に失望しているのではないでしょうか?

 このうち「中選挙区制では、同じ政党から複数の候補者が立候補するので政策の議論が行われない」は当たらない気がしますね。

 自民党で安易な二世議員が増えたのは、党内候補同士で争わない小選挙区制になったからという理由もあるというのを読みました。中選挙区制であれば、ぼさっとしている議員だったりすると、同じ党の別候補に票が集中して強い地盤を持つのに負けちゃうこともある、という感じだと思われます。(世襲は民主党などでも多いですけど、当時と比較しやすいため自民党の例だったんだと)

 回答者からのコメントを見ると、小選挙区で落選した候補者が比例区で復活することと、世襲議員が多いことへの不満が目立ちました。「世襲議員の地元からの立候補禁止」「世襲をなくし、毎回違う地域から出馬させる」「重複立候補、比例復活当選さえなければ、いまよりだいぶましになると思う」などのコメントが寄せられました。

 これに関連して記者は、国会議員に「格」のようなものが存在していることに疑問を感じます。最も優等なのは「小選挙区で選ばれた衆議院議員」。以下、「比例区選出の衆議院議員」「参議院議員」「知事」と続くヒエラルキーです。例えば、2010年に行われた衆議院・小選挙区の補欠選挙において、比例区で復活当選していた議員が辞職して立候補。再選しました。衆議院議員が辞職して衆議院議員になる。そんなことをする必要があるのでしょうか?

 私はあんまり復活当選を嫌う理由がわかりません。実際には復活ではなく、ルール上まだ落選が決まっていないだけです。

 比例代表制自体は政策本位で選べる、知名度はなくても能力の高い議員を選べるという利点があり、人気投票になりかねない記名投票にはない魅力があります。

 ただ、肝心の政党の政策が、しっかり固定していないところが多い、と言うか、政党間で違いが不明瞭なのに、政党内でもまとまりはないというのが問題です。

 最近収まってますけど、しょっちゅう離党者が出るというのは、そういうことでしょう?また政治が停滞しますが、どっかで政界再編した方が良いです。(政党内である程度違う意見が出ることは健全だと思います。ただし、日本のほとんどの政党は党議拘束をかけますので、本音は違うのにそのときどきで賛成だったり反対だったりとなるのは良くないです)


 小選挙区制度については、以前も紹介したダイヤモンド・オンラインのなんと「94年政治改革の失敗」を細川・河野両氏が認めた!で、そもそも今の制度を作った人たちが失敗だったと認めていることがわかりました。

全国区比例250、小選挙区250とする政府提出の衆議院の選挙制度改革案は、93年11月に衆議院で可決されたものの、翌年1月に参議院で否決されて暗礁に乗り上げ、細川、河野(当時自民党総裁)両氏のトップ会談で自民党案を丸呑みして修正合意。ブロック比例200、小選挙区300の現行制度が決まった。

 今回の対談で河野氏は、この制度が「政治劣化の一因」となったとし、率直に「忸怩たる思い」を述べた。

 一方、細川氏も「小選挙区に偏り過ぎた」ことを悔いてこの制度の失敗を認めた。


 この対談での2人の共通認識は、小選挙区制がそれほど良質な人材を生まなかったこと、少数の貴重な意見が排除される流れとなったことだろう。

 しかし、現在の民主党や自民党の現行制度の改革論は、「議員定数の削減」を大義として比例区の大幅な削減という逆の方向に走ろうとしている。これでは今まで以上に政治の劣化を加速させることになってしまう。政治家エゴ、政党エゴがここに極まったというべきだろう。


現行制度には、陰に陽に、現職優先主義、既成政党優先主義が貫かれている。「二大政党制への流れをつくる」ために、新党の進出を阻み、無所属の人材の登場を封じ込めている。

 だが、そのことが政治の著しい劣化を招いてしまったのである。

 ああ、忘れてました。現職に有利というのも問題ですね。そういう意味では、現在の現職に有利すぎる公職選挙法の改正も私は望んでいます(が、これまた別問題で、時間がかかります)。


 とりあえず、政策がはっきりしていない状態での二大政党制というのは、無理があります。

 そういう意味では、中選挙区制に戻して万事解決となるかと言うと、疑問ですけどね。


 私はマイナー意見になりやすいので選択肢の広がる中選挙区制は大歓迎なんですけど、日本人に合っているのはどっちなんでしょう?

 多様性がないってよく言われる日本人ですから、また一党支配が続いたりするんでしょうか?すると、また弊害も出てくるので、悩ましいところです。


 関連
  ■なぜか比例は強い民主党
  ■比例は過去最低だった自民党
  ■直接民主制の長所と短所
  ■イギリスなどの議会の解散
  ■三権分立の問題点1 ~日本の三権分立~
  ■その他の政治(全般)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由