Appendix

広告

Entries

脳の損傷で画才開花


 こんなこともあるんですね。


 脳の動脈瘤(りゅう)の発作に襲われたイングランドのアラン・ブラウン氏(49)が手術を受けた後、全く才能のなかったアートに目覚めるということがあったそうです。(※1)


 集中治療室で2カ月間過ごしていた際に絵を描くことを勧められ、犬の写真を模写したところ、今までは全く不得手だった絵がすらすらと描け、出来栄えも周囲が驚くほどに。退院後は大学で美術を本格的に学び、ギャラリーを開くまでに至ったそうです。(※1)


 これについて、「眞田クリニック」の眞田祥一院長は次のように説明しています。


「脳には、ある機能に対して、それを抑制する機能が備わっています。例えば、凶暴性に対しては、凶暴性を抑制するストッパー機能がある。潜在的な才能が何らかの理由で抑制されていた場合、そのストッパーが前大脳の動脈瘤の手術がきっかけで外れ、一気に才能が目覚めることは理論上あり得ます」(※2)


 ただし、このようなケースはごく稀のようで、記事でも次のように書かれていました。


「脳手術は、圧倒的に後遺症の方が多い。もっとも、機能が飛躍的に良くなって病院に行くことはまれだから、こういうケースが見落とされている可能性は否定できませんが……」(脳神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏、※2)

「脳の損傷の後遺症は大半が機能マヒ。まれに新たな技術や才能が発見されることがあるが、どういった経緯で起こるのか、完全には解明されていない」(脳損傷者団体関係者、※1)


 こういう話はまさに作り話のようですが、本当にあるものなんだなぁと驚きました。


 内容は違いますし悪くなるケースですが、脳移植手術で性格が変わっていく東野圭吾の「変身」ですとか、精神外科のロボトミー手術による副作用などを思い出しました。


 ロボトミーの話は機会があればやろうかと思いつつ、今日はここで終わりにします。


※1 脳手術後「ミケランジェロ」に?=生死さまよい、画才開花-英男性(時事ドットコム)
※2 脳手術でいきなり天才画家?どういう仕組みで起こるのか(ゲンダイネット)

 関連
  ■その他の医療・病気について書いた記事

変身 (講談社文庫)変身 (講談社文庫)
(1994/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由