Appendix

広告

Entries

JASRACが放送局と結ぶ包括契約は独占禁止法違反 高裁判決確定へ


 最後に追記していますが、「JASRACの方式は独占禁止法違反に当たらない」としていた公正取引委員会の審決が取り消されるという再逆転になっています。以下はその前のお話。(タイトルも「JASRAC排除措置命令取消は公正取引委員会より放送局が問題」から変更、2015/04/17)

●JASRACが公正取引委員会に勝利

 ブログ初めてすぐのころに書いたJASRACの話なのですが、公正取引委員会が一度出した排除措置命令が取消されるという珍しい事態になりました。

  ■JASRAC独占禁止法違反1 JASRACと放送局の包括契約
  ■JASRAC独占禁止法違反2 放送事業者が追加負担を避けた例
  ■JASRAC独占禁止法違反3 放送事業者の姿勢

 これを公正取引委員会の翻意と見る向きがあるようですが、それよりも以前も書いた放送局側が及び腰であることの方が大きいと思います。

 また、公正取引委員会の排除理由の不備もある気がしますが、もしかするとそれは独占禁止法の限界なのかもしれません。


●公正取引委員会が排除措置命令を取り消した理由

 記事は新しいものが内容的に薄くて理由がよくわからないものが多かったので、むしろわかりやすい前日の JASRACは「無罪」 公取委、排除命令覆す(日経新聞 2012/2/2 18:32 (2012/2/2 20:07更新) )から。
 楽曲の著作権使用料を巡り、日本音楽著作権協会(JASRAC)が新規参入を妨げたとして独占禁止法違反(私的独占)で受けた排除措置命令について、公正取引委員会は命令を取り消す方針を決め、2日までに「無罪」とする審決案を同協会に送付した。審決案が確定すれば、2005年の独禁法改正後初めて命令が覆ることになる。

 公取委は、放送局の事業収入の1.5%を払えばJASRACの管理楽曲をいくら使ってもいいとする「包括的利用許諾契約」が、他の管理事業者と新たな契約を結ぶ際には追加の支払いによるコスト増を余儀なくされるため、新規業者の参入を阻害したと認定。09年2月、楽曲の放送比率に応じた使用料の仕組みを作るよう求める排除措置命令を出した。

 関係者によると、審決案はJASRAC以外の管理事業者の楽曲が使われていなかったとする公取委の事実認定に関し、「証拠がなく認定できない」と判断しているもようだ。

 JASRAC側は公取委の排除措置命令を不服として審判を申請。09年5月の審判開始から13回に及ぶ審判の中で、公取委の認定に対して全面的に争っていた。

 JASRAC側は、09年10月28日の第3回審判で、新規業者が管理する歌手大塚愛さんの楽曲「恋愛写真」の場合、06年10月中に少なくとも515回、10月から12月までの3カ月間では少なくとも729回放送されていたとする具体的な調査結果を提示。「新規業者の楽曲が放送局で繰り返し使われており、排除措置命令は重大な誤りがある」と主張した。

 さらに10年9月~同11月にかけて行われた参考人質疑で、公取委の調査段階で「新規業者の楽曲の放送を控えた」などと供述していた放送局の複数の参考人が「そうした事実はない」と証言するなど、公取委の認定が次々に覆っていた。

●JASRAC排除措置命令取消は公正取引委員会より放送局が問題

 以前書いたものとかぶる部分がありますけど、新規業者の楽曲を控える構造、正当な競争が行われない環境であることは間違いありません。

 ただ、問題であるのはJASRAC独占禁止法違反3 放送事業者の姿勢で書いたように、放送局にとってもJASRACの短期的には独占が悪くない状態であり、いわば共犯関係にあることです。

 まず、放送局のJASRACへの支払いを考えてみますが、事業収入の1.5%を払えばJASRACの管理楽曲をいくら使ってもいいとする「包括的利用許諾契約」を結んでいますので、使う曲が増えても減っても支出は変わらないという状態です。

 一方、新規業者の楽曲を使う場合、必ず新たな費用が発生、しかも、それが楽曲の使用回数によるとなれば、なるべく使わずにJASRACの管理楽曲だけで済ましてしまった方が支出は少なく抑えられます。そして、JASRAC独占の状態からスタートしており、新規参入後も独占状況でありますので、最小化するという対処は可能です。

 こういう状況ですので放送局にとってみれば、人気アーティストが新規参入業者に委託するのはマイナスであり、JASRACにこのまま独占していてもらいたいというのが本音でしょう。


●証言を覆した放送局

 それは以前のJASRAC独占禁止法違反3 放送事業者の姿勢でのアンケートでも見えますし、"公取委の調査段階で「新規業者の楽曲の放送を控えた」などと供述していた放送局の複数の参考人が「そうした事実はない」と証言する"といった裏切り行為につながっています。

 このように放送局も短期的にはJASRAC独占の方が都合が良いことが、両者が共犯の関係にあると書いた理由です。

 「短期的に」とつけたのは、健全な競争を行った場合、結果的に放送局側の負担が減る可能性があるからです。

 ただし、これは約束されたものではなく、時間がかかり痛みも伴いますし、人はもともと変化を嫌う保守的な生き物です。


●公正取引委員会が杜撰だった?

 また、最初に「公正取引委員会の排除理由の不備」と書いたのは、"新規業者が管理する歌手大塚愛さんの楽曲「恋愛写真」の場合、06年10月中に少なくとも515回、10月から12月までの3カ月間では少なくとも729回放送されていた"として覆された"JASRAC以外の管理事業者の楽曲が使われていなかった"という認定理由です。

 一度も使われていなかったともし主張したのであれば、そりゃあ無茶でしょう。

 しかし、以前のJASRAC独占禁止法違反2 放送事業者が追加負担を避けた例を読み直してみると、

あまりに使われなくて新規業者が楽曲の無料期間設定
  ↓
無料期間に楽曲の使用が増加
  ↓
無料期間が終了して再び楽曲の使用が減少
  ↓
新規業者との管理委託契約の解除

 ということから「楽曲の使用が制限された」としているのであり、そう極端なものではありませんでした。

 他に"大塚愛の「恋愛写真」を含め、すでに人気のあった楽曲や人気が出ることが予想される楽曲"という主張もあり、単純に729回という数字ではなく相対的な比較をすべき点のはずです。

 ここらへんの話は気になるのですけど、これが冒頭書いた「独占禁止法の限界」なのかもと思った点です。

 要するにかなり極端な変化や意図的な行為(JASRACの契約は以前のままです)でないと、独占禁止法違反とまで認定できないのかもしれません。


●独占企業の弊害

 先に書いたように、現在はJASRACも放送局も困っていないという状態なのですが、じゃあ、問題ないんじゃない?というかと言うと、そうではないでしょう。

 昨年のその分野では東京電力が独壇場でしたが、JASRACが音楽ヤクザと揶揄されるように独占企業の弊害のようなものは見受けれます。

 現在の不公正の解消は、長期的には消費者や放送以外での楽曲使用者の利益に繋がり、ひいては楽曲の権利者、レコード会社の利益にもなってくるはずです。

 上で説明したように現在の契約は明らかに問題がありますので、何とかならないもんかなぁと思います。


●やっぱりJASRACは問題だった!

 以上が2012/2/3に書いた話ですが、ここに来て再び逆転することに。
JASRACの楽曲使用料徴収方法は「新規参入を妨害」 高裁判決確定へ : J-CASTニュース 2015/4/15 14:57

日本音楽著作権協会(JASRAC)による楽曲使用料の徴収方法が、使用料徴収ビジネスへの「新規参入を排除し、自由競争を妨げる」とした東京高裁の判決が確定する見通しとなった。「JASRACの方式は独占禁止法違反に当たらない」としていた公正取引委員会の審決が取り消される。(中略)

JASRACの徴収方法は、「包括契約」を放送局と結ぶもの。各局が放送事業収入の1.5%を使用料として支払えば、JASRACが著作権を管理する楽曲を何回でも放送できる。一方、他社が管理する楽曲を使用する際は、各局はそのたびに使用料を支払う。(中略)

公取は12年、独禁法違反には当たらないという趣旨の審決を出したが、東京高裁は13年、「新規参入を著しく困難にし、他業者の事業活動を排除している」と結論。最高裁の判決は2015年4月28日に出るが、高裁判決を見直す際に必要な弁論を開いていないため、高裁判決が確定する見通しとなった。

 公正取引委員会は諦めていたのに…と思ったら、訴えていたのは新規参入業者でした。「結果的にJASRACの楽曲しか使用されない状況になっている」ということで、私が思っていたのと同じ。良い結果になりました。


 関連
  ■JASRAC独占禁止法違反1 JASRACと放送局の包括契約
  ■JASRAC独占禁止法違反2 放送事業者が追加負担を避けた例
  ■JASRAC独占禁止法違反3 放送事業者の姿勢
  ■グーグル、ヤフー提携と広告価格つり上げは本当に関係あるの?
  ■ヤフー、グーグル提携と独占禁止法
  ■その他の企業などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由