Appendix

広告

Entries

議院内閣制・二元代表制(首相公選制)の問題点と長所1 ~直接指名~


 今回のものは以前書いた

  ■議院内閣制のメリット・デメリット
  ■二元代表制のメリット・デメリット

 を議院内閣制、二元代表制というくくりではなく、同時に見る形に編集し直したものです。順番を変えただけで、中身は以前とほぼ同じです。

 二元代表制の長所(あるいは短所)と議院内閣制の短所(あるいは長所)は裏表、また、議院内閣制の長所と短所も裏表だと言えるため、いっしょに見た方がわかりやすいだろうという理由です。

 なお、まとまった資料がなかったので、私の独断の部分が多くなっていることにはご注意ください。


 先に二元代表制の説明をしておきます。

 現在日本の地方自治体で取られている制度と思ってもらえばそれで良いのですが、まず住民が選挙によって議員を選ぶというのは国政といっしょです。

 違うのは、首長。総理大臣は国会議員による間接選挙という形になっているのに対して、地方自治体においては都道府県知事、市町村長といった首長も直接住民が選挙で選ぶことです。

 はっきり書いているところがないのですが、二元代表というのはおそらく、議員も首長もどちらも選挙で住民を代表するものであり、民意を代表しているものが二つある……といったことを意味しているんじゃないかと想像しています。

 二元代表制の場合、この二つの民意というのが特徴であり、メリットともデメリットともなります。


 首相公選制の意義と日本の議院内閣制の問題点で出てきましたが、大統領型の首相公選制の場合は、二元代表制の長所、短所と重なる部分が多いです。

 日本の地方自治体をベースに書いていますので、当てはまらない面もあると思いますが、大体そんな感じです。

 とりあえず、前半は「首相、首長の指名方法」でひとまとめです。


■首相、首長の指名方法に関して

●議院内閣制では、国民が直接、首相を選べない。

 国政において、国会議員が自党の党首・代表を首相に選ぶことは予想できますので、選挙直後は間接的に国民が首相を選んでいると言えます。しかし、飽くまでそれは「間接的に」であって、特に連立の枠組みが予め想定できないほど複雑である場合、意図しない人がなることになります。

 また、首相=与党の党首・代表が辞任して選挙を行わなかった場合には、国民が首相を選んでいるとは言い難くなります。民意の反映という面では、議院内閣制はどうしても弱いです。


●二元代表制(あるいは大統領型首相公選制)の場合、住民が直接、首長を選べる。

 一方、二元代表制の場合は、地方自治体の議員ではなく、直接住民が首長を選んでいます。民意を直接反映しているという点は、二元代表制の大きなメリットです。

 大統領型首相公選制の場合も同様に、国民が直接首相を指名することができます。

 以上のように直接選べるというのが二元代表制あるいは大統領型首相公選制の魅力的な点、最大の長所といって良いのですが、これには危険もあると指摘されています。


●二元代表制では、極端な政策を行う人物、資質に問題のある人物が、首長になり得る。

 直接国民によって選ばれますので、極度のポピュリスト(民衆に迎合した政治を行う人)、極端な政策を行う人物、話し合いで物事を決められない人物が首長に選ばれることがあります。

 竹原信一阿久根前市長や河村たかし名古屋市長はその例であり、橋下徹大阪市長についても独裁者、危険なポピュリストといった評がつきまといます。


 このうちポピュリストについては弁護しておきます。実はポピュリズム的な政策の実行、と言うか、既得権益を改める政策は、安易ではなく険しい道であり、選挙でも不利になる場合があると思うのです。

  ■既得権益改革とポピュリズム1 ~既得権益批判は安易な道か?~
  ■既得権益改革とポピュリズム2 ~橋下徹大阪市長はポピュリスト?~


 とりあえず、二元代表制の場合はこういった批判があり、実際に弊害も見られたということは、覚えておいてください。

 これは二元代表制から見た短所ですので、議院内閣制は逆に長所となります。


●議院内閣制では、極端な政策を行う人物は首相になりづらい。

 直接国民によって選ばれていないので、極度のポピュリスト(民衆に迎合した政治を行う人)や極端な政策を行う人物が首相に選ばれる可能性は比較的少ないです。少なくとも国会議員に支持される程度の政策は掲げていると言えます。

 で、ここまで持ってきてまた裏返してみると、改革的な首相が出づらいという問題点とみなすことが可能です。


●議院内閣制では、首相が大胆な政策を実行できない。

 基本的に首相となる与党の党首・代表は党の所属議員を中心に選ばれるので国民の都合でなく、議員の都合で選ばれるおそれがあります。

 また、与党の意見に束縛されるため、大胆な政策は取りづらくなります。たとえば、既得権益を大きく損なうような改革は、その既得権層から支持されている議員が反対するため、実現は難しくなります。


 前半については、首相公選制の意義と日本の議院内閣制の問題点で書いたものをもう一度引用。

日本の政党はリーダー予備軍を決めて育成していく仕組みがない。(中略)

 皆ある意味「自分こそ総理に」との妄想を持ったまま、政治活動に励む。全員が頑張るのもいいのだが、リーダー選びで微妙な問題を引き起こす。国民のために本当に優れたリーダーを選ぶというよりも、自分に有利な人間を選ぶ。親しいか、大臣や役職にしてくれそうか、というように“自分が引き立つ”ような候補が好まれる。自分より優れた候補にしたら、自分の芽がなくなるから、どこか自分より劣った候補を好む傾向がある。

 私が勝手に作り出した理論ですが、後半の既得権益の部分ももう少し説明します。

 選挙で過半数を取るほど大きな支持団体というのはありませんが、支持団体はごく小さくても威力を発揮することがあります。たとえば、選挙で接戦である、あるいは無党派層などの浮動票が多いなどの場合、あてにできる票というのは重要性が増します。

 それから、記名式の比例代表や、中大選挙区の議員の場合、得票が少なくても当選する=1票の占める割合が大きいとなるので、やはり既得権益を持つ団体の票=組織票が効果を発揮しやすくなります。

 そのため、選挙に圧倒的に強い議員でない多くの議員は既得権益の影響を受けやすく、その支持が必要な首相も既得権益に配慮した政策が必要となります。

 次の項目も関連します。


●議院内閣制では、独特の視点を持った人・フレッシュな人が首相になりづらい

 独特の視点を持った人・フレッシュな人が、そもそも首相の前の段階である有力与党の党首・代表となることが少ないです。

 若手がなりづらいという傾向はイギリスと比較すると日本固有の事情であり、フレッシュな人というのも同様のことが言えるかもしれませんが、システム的になりづらいという点もあると思います。


 なぜかと言うと、党首・代表は議員の中から選ばれますので、どうしても議員として経験を積んだ人が選ばれます。議員として経験を積むことはもちろん良いことなのですが、その間にフレッシュさを失い、思考が保守的になりやすいです。

 アメリカ大統領の予備選候補者を見てみると、議員出身以外に知事からの転身の多さが目立ち、政界の経験がない人すらいます。知事がいきなり首相になれそうな党の党首というケースは日本では今のところほとんど見られず、議院内閣制を取っているところではなかなかなりづらいと言えそうです。

 そして、以下はこの二項目を逆転して見た場合です。


●二元代表制では、首長(首相公選制なら首相)が大胆な政策を提案しやすい。

 基本的に首長は議員に選ばれるわけじゃないので、議員の都合の影響を受けにくいです。

 また、次回の「行政と立法との権力の分立がはっきりする」で書くように、二元代表制の場合、原則的には与党が存在しないはずなので、その意見に束縛されることなく、大胆な政策を提案することができます。


 特に選挙に強い首長の場合、既得権益団体が持つ組織票に頼らなくて済むため、既得権益にメスを入れる改革も提案することができます。

  ■大阪市長選は橋下徹前知事VS既得権益の様相
  ■橋下徹大阪前知事サイド、平松邦夫前大阪市長サイドを応援した人、組織

 で見たように、橋下徹大阪市長は多くの既得権益と対立する形になっていると言えると思います。

 既に述べたように、選挙に強くない政治家、得票が少なくても当選する形態の選出方法の政治家は、既得権益を持つ団体の票=組織票の重要性が高く、その選出を必要とする議院内閣制の方が既得権益の影響が強いという理由だと思われます。


●二元代表制では、独特の視点を持った人・フレッシュな人でも選ばれやすい

 国と地方の差というのもあるでしょうが、市町村長でなく都道府県知事においても議員を経ずに首長に立候補するケースは全く珍しくありませんし、当選することもしばしばです。

 国の代表という意味ではアメリカ大統領候補者と比較する方が妥当かもしれませんが、前述したとおり、実際にアメリカ大統領の予備選候補者は知事からの転身が多く、政界の経験がない人すらいます。

 議院内閣制の場合、議員の中から代表者が選ばれることが多いですが、そうすると年功の占める役割が大きくなます。

 議員としての活動が長いというのは多分に利点もあるのですが、発想は保守的になりがちで、フレッシュさに欠けます。

 前項とも密接に関わりますが、既存の色に染まらない大胆な政策を掲げた首長が選ばれやすいというのは、二元代表制の魅力です。


 続きは、後半で書きます。

  ■議院内閣制・二元代表制(首相公選制)の問題点と長所2 ~オール野党・オール与党~


 関連
  ■議院内閣制のメリット・デメリット
  ■首相公選制の意義と日本の議院内閣制の問題点
  ■既得権益改革とポピュリズム1 ~既得権益批判は安易な道か?~
  ■既得権益改革とポピュリズム2 ~橋下徹大阪市長はポピュリスト?~
  ■小選挙区の問題点・選挙制度改革 ~小選挙区制度は失敗だった?~
  ■二元代表制の問題点 ~橋下徹大阪市長、河村たかし名古屋市長の減税案の例~
  ■政権が不在(政治空白)でも結構何とかなる
  ■三権分立の問題点1 ~日本の三権分立~
  ■三権分立の問題点2 ~憲法的にはOK~
  ■河村たかし名古屋市長と議会との対立の経緯
  ■二元代表制の問題点 ~橋下徹大阪市長、河村たかし名古屋市長の減税案の例~
  ■大阪市長選は橋下徹前知事VS既得権益の様相
  ■橋下徹大阪前知事サイド、平松邦夫前大阪市長サイドを応援した人、組織
  ■その他の政治(全般)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由