Appendix

広告

Entries

江川紹子の自由報道協会退会は正解


 記者クラブ批判は妥当だと思うし、小沢一郎さんへの報道、特に裁判報道はおかしいと思うし、自由報道協会については好意的であったんですけど、あまりにもこれは酷すぎだろうと思った話をさらっと。

 以前書いた関連のもの
  ■小沢裁判の問題点 江川紹子の指摘と検察の正義
  ■記者クラブ擁護への疑問1~「しばり」は必要?~


 こういうときでもまとまっていて使いやすいWikipediaからまずどうぞ。

小沢一郎への「自由報道協会賞」受賞

協会が2012年1月25日にホームページにおいて発表した「自由報道協会賞」の「記者会見賞」部門を小沢一郎に受賞すると公表した。これを受けて協会会員の江川紹子は退会することをTwitterにおいて明らかにし、他の部門でノミネートされていた高田昌幸は推薦を辞退することを発表した。協会は翌日26日に『記者会見賞』を協議延期とし小沢の受賞を取り下げることを発表した。小沢については「当協会発足前からのご理解とご支援に感謝して、すべての協会賞とは別に顕彰したい」としている。

 記事としては、「自由報道協会賞」小沢氏受賞に異論続出 「選考不備」で仕切り直し(2012/1/26 16:58 J-CAST)。

記者会見のいわゆる「オープン化」を目指して活動している自由報道協会が設けた賞をめぐり、会の内外から異論が噴出している。(中略)

賞は、協会の発足1周年を記念したもので、

「取材、報道、評論活動などを通じてジャーナリストとして顕著な業績をあげ、ジャーナリズムの信用と権威を高めた個人・団体・および作品等を顕彰する」

ことが目的。公募の上、最終投票の対象になるノミネート作品が2012年1月25日未明に発表された。「大賞」「3.11賞」「報道賞」「マイクロジャーナリズム賞」「自由賞」の5部門で、それぞれ6~9作品がノミネートされウェブ上の投票が始まったが、その直後に異論が出た。「記者会見賞」については、いきなり小沢一郎氏の受賞が発表されたからだ。その理由は、

「自由報道協会が2011年に開催した67回の記者会見のうち、最多の6回、ゲストスピーカーとして登壇し、当協会の活動に大いに寄与した。また、『取材』『報道』を目的とする者であるならば誰もが参加できるオープンな記者会見システムへ理解を示し、言論の自由のために著しい貢献をした」

というものだった。

これに対して、ジャーナリストの江川紹子さんは、深夜3時40分過ぎ、

「自由報道協会を退会する連絡だん」

とツイート、協会から距離を置く姿勢を示した。なお、「だん」とは「done=完了」の意味だ。その理由として、同日夕方に出演したTOKYO FMの「タイムライン」で、

「ある組織が賞を出すということは、その組織の価値観が色濃く反映されると思う。色々な価値観があっていいと思うが、『自分の価値観とどこまで合うのか』というところがあった。度量の大きい人は色々なところが(受け)入れられるのかも知れない。私は器が小さいのかなと思うが、『自分がいる場所ではないかも知れないな』というようなことを思った」

と、価値観の違いがあったことを明かした。

(1月27日10時35分追記) 自由報道協会によると、小沢氏の受賞を発表した後に江川さんから退会の意志をメールで伝えられたが「小沢一郎氏、もしくは記者会見賞が理由ではないと受け止めている」としている。

(中略)

これを受け、協会は対応を協議し、1月26日15時半頃、「選考不備による『記者会見賞』の協議延期を決定しました」と発表。受賞者の確定をいったん取り下げるとした。ただし、小沢氏については

「当協会発足前からのご理解とご支援に感謝して、すべての協会賞とは別に顕彰したい」

としている。

 記事ではもう一人「北海道警の裏金問題を追及したことで知られる」ジャーナリストの高田昌幸さんという方についての話もありましたが、こちらはご本人のブログ(2012-01-25 10:23)より引用します。

自由報道協会が「自由報道協会賞」というアワードを設け、私が編者になった「@Fukushima 私たちの望むものは」が同賞の中の部門賞「3・11章」に他薦でノミネートされた。このような地味な書籍に着目してもらい、本当にありがたく、光栄でもある。

しかし、きょう午前零時に公表された(本当はもっと早くにも公表されていたようだが、いったんサイトが閉鎖されていたらしい)賞のノミネート一覧をみて少々驚いた。この賞がこういう形になっていること、「記者会見賞」があり、そこで小沢一郎氏の受賞がすでに決定していたことに驚いた。そこで、賞自体の考え方等に大きな疑問があるということで、昨晩(というか本日25日)午前零時50分ごろ、下記メールを同協会に送り、賞の辞退をお願いさせてもらった。以下、送付したメールのエッセンスを記しておく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(中略)今夜零時すぎ、協会のHPで候補の一覧を初めて拝見しました。その中で記者会見賞の部門があり、小沢一郎氏の受賞がすでに決定されていることに強い違和感を感じました。

この賞は報道する側の諸活動が対象になるものだとばかり思い込んでいました。小沢氏の政治姿勢や小沢氏の事件に関する検察の姿勢などに関係なく、報道する側へのアワードと一緒に、通常は報道される側の権力者が並び立つことに強い違和感を感じております。

従いまして、今回のノミネートは辞退させていただきたく思います。27日の出席も遠慮させていただきたいと思います。ノミネートはいわゆる他薦であるため、「辞退」という形があるのかどうかは不明ですが、可能であれば、候補作から削除をいただければと思います。ご理解をいただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。このような活動を続けておられる皆様方には改めて敬意を表します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、改めて言うまでもないことだが、この「辞退」は自由報道協会の活動全てに対する否定ではない。私自身、記者クラブ問題等に関し、同協会での会見で登壇者になったことがある。現在の記者クラブのシステムに問題が多々あることはこのブログでも古くから唱えてきた通りである。より多くの情報をより多くの市民に少しでも多く提供すべき、という基本的な考え方そのものに異論はない。実際の活動詳細は知らないし、外部から見ていると、疑問符が付く活動もある。しかし、それは「記者クラブを開放すべし」という奔流の中では、避けて通ることがでない軋轢、寄り道の類であろうと感じていた。

ただし、今回のアワードへの「ノミネート」は自分に直接かかわることなので、上記の見解を事務局に発信した次第である。この種の賞を設けること自体には反対しない。ノミネートされたこと自体は正直、うれしかった。投票の方法に若干の疑問も感じたが、新しい時代の賞にはこういう手法もアリかもしれない。

しかしながら、この種の賞は「報道する側」のみを対象にするものだと思う。まして、私は新聞記者時代から権力監視型の調査報道も手掛けてきた。その考えからすれば、いや、「調査報道」といった形からではなく、報道一般の考えからしても、「報道される側」、とくに権力の象徴でもある与党有力者を表彰する賞に並び立つことはできない。

これは小沢氏の政治姿勢そのもの、および、小沢氏の事件をめぐる報道の異常さ、検察のおかしさ等とは全く別次元の話だ。賞の別部門には、これも政治家の原口一博氏がノミネートされてもいる。それも違和感を増長させた。

 私と同様に記者クラブの件も挙げていますが、これは自由報道協会の価値を著しく押し下げるものでした。

 爆笑!自由報道協会が小沢一郎に賞を授与!では様々な方の反応が見れますけど、何を言われても仕方ないでしょう。

岩上氏がたくさんノミネートされていることと小沢一郎氏だけ既に受賞が決まっていることで賞の性格がわかる。

2012/01/25 02:01:58


なぬ!?自由報道協会が小沢一郎氏に賞を授与するとな!? そりゃちょっと待ってくれんか。報道の中立性、フェアネスはどうなる!? http://t.co/KLfSIdSs

2012/01/25 03:46:33



あまりに上杉色が全面に出過ぎてましたからね。RT @nojiri_h: 江川さん抜けたら、あとはゴロツキ市民運動家みたいなのばっかりだなあ。自由報道協会。まだまともな人いたっけ?

2012/01/25 03:47:38


江川さん抜けたら、あの組織はほんとにただの反原発・反米のプロ市民団体となりますね… RT @asakasaku: えっ…あ、おやすみのところすみません、あまりに驚いて… RT @amneris84 自由報道協会を退会する連絡だん。

2012/01/25 03:55:02

 上杉隆さんについては別件で書くものを用意しているんですが、やまもといちろうさんもブログで、

 自由報道協会では、こっちはこっちで面白事態に発展しておりまして、全然知らなかったんですが小沢一郎さんがなんか賞を受賞したり、会を仕切ってる岩上さんが大賞に選ばれて自画自賛臭が漂うなど、にわかにソヴィエト共産党の香りがしてきました。どうしてこうなっちゃったんでしょうね。

 と書いています。

 これをもって自由報道協会のすべてがダメというわけじゃないですけど、まあ、そう思われてもしようがないかもという事件でした。

 新規関連
  ■上杉隆、ラジオ番組『キラ☆キラ』降板理由を捏造の上、町山智浩を人格攻撃

 関連
  ■小沢裁判の問題点 江川紹子の指摘と検察の正義
  ■橋下発言黙殺に見る記者クラブ体質の問題点
  ■園田康博政務官に処理した汚染水を飲むように、フリー記者寺澤有さんが要求
  ■記者クラブ擁護への疑問1~「しばり」は必要?~
  ■官邸記者会見の開放1~約束破りか、一歩前進か~
  ■その他の社会・時事問題について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由