Appendix

広告

Entries

規則に従わないなら家族を皆殺し…中国のスローガンが過激すぎる


2012/3/2:
●規則に従わないなら家族を皆殺し…中国のスローガンが過激すぎる
●まだやってたの?一人っ子政策は事実上崩壊していると思った
●「戸籍外で生む」という裏技のせいで問題になっていた
●「血が川のごとく流れても、生み過ぎは許さぬ」なども
2018/06/12:
●失敗国に学べず…一人っ子政策という愚策をやっとやめた中国


●規則に従わないなら家族を皆殺し…中国のスローガンが過激すぎる

2012/3/2:誤報じゃないの?と思うほど、中国の一人っ子政策、脅迫調のスローガン廃止へAFPBB News(2012年2月29日07時32分)に載っていた過激スローガンがすごいものばかりです。これはもともと国営英字紙・上海日報(Shanghai Daily)が前週末に報じたもので、中国政府は地方政府に対し、「一人っ子政策」の脅迫調のスローガンを中止するよう命じたときのものだといいます。

「規則に従わないなら家族を皆殺しせよ」
「2人目を許可するくらいなら、おまえの子宮をこすり取る」
「避妊手術をしなければ家を解体する」
「捕まれば、避妊手術させる。逃げれば追いかける。自殺したければ縄か毒薬の瓶をやろう」


 「上海日報は、どの地方当局が、これらスローガンを利用しているかについては明らかにしていない」ともありました。ひょっとしたら例示しただけで実際には使われていない…という可能性もあるかもしれません。たとえそうであったとしても、これを例示する状況という時点で、十分に想像しがたい事態だと思いますが…。


●まだやってたの?一人っ子政策は事実上崩壊していると思った

 と言うか、私はこの一人っ子政策は事実上崩壊しているものだと思っていたので、これだけ熱心に取り締まろうといった気持ちを感じるスローガンがあることにも驚きました。そこでWikipediaを読んでみると、思った以上に、現在でも取り締まろう…という気持ちがあるみたいですね。一人っ子政策がうまく機能していないという話もあるのですが、一方で対策しようともしているのです。

 うまく機能していないというのは、一人っ子政策は違反すると罰金を払うことになるのですが、高額所得者は罰金と引き換えに、第二子以降も変わらずに産んでいるとう話。これに対して、政府は罰金の増加(年収の3倍~10倍以上)、違反者の公表、税金や社会保障での待遇格差をつけるなど、対策の強化を検討しているといいます。

 一方で、この罰金(「社会扶養費」という)が行政部門の財源として軽視できないものになっているともされていました。たぶん財源として大きく、重要性が高いという意味でしょう。これ自体はまだ良いのですけど、ここから生まれた既得権益による地方行政部門の腐敗も指摘されているとのことでした。良くありませんね。


●「戸籍外で生む」という裏技のせいで問題になっていた

 また、以下のように他にも問題がわんさかありました。あと、ここにはありませんでしたが、人口構成の関係で日本の少子化と同じような問題が将来的(あるいは既に?)起こることが指摘されていたはずです。一人っ子政策を続けることは、日本と同じように将来の経済成長を鈍らせることになるでしょう。

・子供は戸籍上では夫婦一組に対し一人しか持たないとしても、密かに産んだ子供が戸籍外で生まれ、成長していった。こうして生まれた子供達は「黒孩子」(ヘイハイズ)と呼ばれ、国民として認められないため、学校教育や医療などの行政サービスを受けることができないといった状況にある。
・漢民族の伝統に従うと、男子が親の面倒を見ることになる上、特に農村部においては肉体労働を積極的に手伝ってくれる男児の出産を希望する農民が多いため、妊娠時に性別検査を行い、胎児が女子の場合は中絶手術を行うケースが多発している。このため、結果として男女比が偏っている。21世紀に入り、一人っ子政策の下生まれ育った「80後」(バーリンホウ、1980年代に生まれた人)が成人に達しているが、上述したとおり男女比がいびつなため、男で結婚できない者が急増している。
・中国の一人っ子は両親と祖父母の6人(全員存命であった場合)の大人から一身に愛情を受けて育つため甘やかされ、小皇帝(女児の場合小公主)とも呼ばれ、それ以前の世代とは異なる価値観を持っている。甘やかされて自分で家事を行う経験も乏しいため、自分だけで生活しなければならなくなっても、家事ができないケースがある。


●「血が川のごとく流れても、生み過ぎは許さぬ」なども

 で、一人っ子政策の関係でもう少し何かと検索すると、同じスローガンネタで墓増やしても人は増やすな! 各地に残る「暴力標語」―中国(2012/02/28 サーチナ 柳川俊之)というものも発見。「ここにゴミを捨てる奴はバカ」といったスローガンの他、あるネットユーザーは、自宅付近の壁に「ここで大小便するやつは犬」という標語が掲げられていることを紹介していたとのことです。

 しかし、やはり一人っ子政策ネタが多め。国家人口計画生育委員会の方針で温和なスローガンは全国で少しずつ増えているのですが、同委員会が今月発表した『人口計画生育戸外宣伝環境調査研究報告』では各地に残る前時代的なスローガンの「健在ぶり」が紹介されていました。

 例えば、山東省には「1人のパイプカット、一家の栄光」、雲南省には「1人が違反したら、村全体がパイプカット」というスローガンが掲示されていたほか、安徽省では「墓を増やしても、人は増やすな」、江蘇省では「血が川のごとく流れても、生み過ぎは許さぬ」などといった標語が見つかったそうです。要するに「産んだら殺す」ってことなのでしょう。

 実際、中国の農村で役人が村民を殺すといった事件があり、それをきっかけに暴動が起こるという報道を複数見た覚えがあります(今探しましたが、パッと見では見当たらず)。なんか中国叩きっぽくなっちゃいましたけど、一部のことであるとは言え事実ですから仕方ありません。まだまだ恐ろしい国であるということは否定しがたいです。


●失敗国に学べず…一人っ子政策という愚策をやっとやめた中国

2018/06/12:なお、一人っ子政策はその後廃止状態となりました。元の投稿で指摘したように、逆に少子化が問題になるということもあります。一人っ子政策 - Wikipediaでは、以下のような記述でした。

<2015年10月29日に閉幕した中国共産党の重要会議である中央委員会第5回全体会議(5中全会)により、「一人っ子」政策の廃止が決定された。(中略)
2012年には、労働人口が初めて減少に向かったとされ、2020年代に至ると年間790万人のペースで労働人口が急減していくと予想されており、「一人っ子」政策が世界的にも例のない速度で少子高齢化社会を引き起こし、経済成長にも悪影響を及ぼすと意識された。先に高齢化と人口減少を迎えた隣国日本が、潜在的な経済成長率の低下に苦しむ姿を間のあたりにしているだけに、政権の危機感は強かった>

 実を言うと、日本政府もここまで過激ではないのですけど、人口抑制政策を採用しているときがあったんですよ。安倍首相の祖父の岸信介さんなどが推進したとされています。中国は身近に日本というちょうど良い悪い例の見本があったのですけど、全然学べませんでしたね。


【関連投稿】
  ■中国で野球は不人気?日本のベストセラー、北京では4部しか売れず
  ■中国人が日本に驚くこと 過労死・自殺・政治・公務員・カラスなど
  ■中国一の金持ち村の華西村、中国自動車会社が「信用できない賞」受賞
  ■パクリ・盗用をカバー・公認・コラボで解決!上海万博とブレイドアンドソウル
  ■プライドが高くメンツを重んじる中国人の性格 実は外国が羨ましくて仕方ない中国人
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由