Appendix

広告

Entries

海外の反応 ~渋谷スクランブル交差点の混雑、交通ルールの違い~


 (2011年09月29日 19:17 らばQ)によれば、"渋谷の代表的な光景である、ハチ公前のスクランブル交差点"の"膨大な歩行者の数は、日本を象徴する光景のひとつとして、海外で紹介されることも多い"そうです。



 この交差点の映像を見た、海外で驚嘆の声(Youtube)が紹介されていました。(いくつか省略)


・ウソでしょ…。

・なんとコントロールされた交差点なんだ。しかも交通ルールを守っていて安全だなんて、自分の知る交差点とは違う。

・どうしてバカでかい歩道橋をその上に作らないんだろう?

・日本を訪ねたら、最初にここに行ってみたい。渋谷を渡ったぞと、みんなに言うために経験してみたい。

・今まで上海をすごい混んでると思ってた……。

・日本から帰ってきたばかりだけど、渋谷はすごかったよ。みんなルールを守っていた。

・うわっ、アリの大群!

・世界の衝突って感じだな。ここでウォーリーを探すのは永遠のアドベンチャーだ。

・僕が行ったときは雨の日だった。まるで傘の戦いだった。

・東京へ行かなければ。

・わお、日本人好き。こう賢いアリたちが、ゴールに向かって突き進んでるという感じがする。彼らはいつも違う世界にいる。自分もそっちの世界に行けたらと思う。

・こんなに大勢が、きちんと渡れているというところを見たことがない。

・日本には他に色がないのか。なんでみんな黒か白かグレーなんだ?

・わっ、魚だっ。

・きっと次に渡るチャンスは30分後なんだ。

・スリ天国じゃないのか?

・転んだらどうなるの?

・見てるだけで閉所恐怖症になりそうだ。

・横断歩道を使って渡っているのがおもしろい。だってアメリカでは、そんなことしようなんて誰も考えないもの。

・2007年に行ったけど、この動画の通りだった。

・黒い髪ばっかりだね。

 アリに関するコメントがありましたが、今ユーチューブを見ると、

"Like an ant farm.. :D"

「"ant farm"みたい…… :D(海外でよく使われる横向き顔文字、「( ゚д゚)ポカーン」みたいな感じなんでしょうか?)」

 というのがピックアップされていました。

 "ant farm"は単にアリがいっぱい集まっていることを言うのかな?と思いましたが、どうやらガラス張りにしてアリの巣を観察できるセットのことをそう呼ぶようです。


 もう一つのピックアップは、

"Now find Waldo."

 でしたが、意味がわからず。

 で、調べてみると、『ウォーリーをさがせ!』の北米版タイトルが Where's Waldo?でしたので、Waldoはウォーリーみたいです。

 "Now find Waldo."もまんま「ウォーリーをさがせ」って訳でいいのかな?

 Find Waldo Now!という名前の本も出ています。




 残りは海外の反応ではありませんが、おもしろかった日本は非常識!? 世界仰天交通ルール- R25(2012年3月3日11時00分 コージー林田)という記事で、

海外旅行で初めてのレンタカー。つい左車線を走ってしまいヒヤリなんて経験はないだろうか? 実は、左側通行の国は世界では少数派。日本が手本としたイギリスのほか、オーストラリア、東南アジアとアフリカの一部くらいなのだ。

このように、国が違えば交通ルールも全く異なる。そこで、世界各国で試乗会などに参加している自動車評論家の菰田 潔(こもだ・きよし)氏に、世界の仰天交通ルールを聞いてみた。

 といったテーマです。

 怖いなと思ったのは、信号です。

日本は全赤信号という方式で、進行方向の信号が赤に変わって1秒間は横の信号は赤のまま。これによって、万が一、信号が変わる直前に交差点に入ってしまっても、衝突せずにすんでいる。

「欧米は進行方向が赤に変わったら、すぐに横の信号が青になりクルマが動き出します。本来、停止すべき“黄色信号”に突っ込んでいく、一部の違反ドライバーのような運転をすると、たちどころに事故になってしまいますよ」

 日本に比べて不安全な設計と言えるかもしれませんが、そういう運転は日本であっても危険です。

 安全を心がけた設計をしても、ルールを破って結局それを破る人間というのは出てきます。マーフィーの法則で言うような人間の悪い性ですね。(参考:マーフィーの法則と公式サイト)

 最初のものでは交通ルールについて褒められていた日本人ですが、ここらへんは褒められないところです。


 もう一つ注意するのは、踏切。

欧州で一時停止を行うと、追突される危険性があります。日本では一旦停止が義務づけられていますが、欧州の踏切にはほとんど遮断機か信号があって“下りていない=電車がこない”が前提となっており、停車が義務づけられていないので、そのまま通過します

 これも日本は安全設計なのでしょうか?踏切も信号も同じ考え方だとすれば、一貫性がないとも言えそうです。


 あとはある程度笑えるところ。

「驚いたのは中国です。日本では交通事故が起きたら、前方不注意や一時停止違反など過失にもとづいて負う責任が決まりますが、中国ではなんと、実質的にクルマの“サイズ”で責任を負う側が決まるんです」

簡単にいうと、バスと乗用車がぶつかったら、小さい方である乗用車に責任あるのだとか。乗用車同士ならば、サイズが極端に変わらない乗用車ならば、全長が短い方に責任があるとのこと。

(中略)

中国のお金持ちは見栄っ張りで大きなクルマに乗っているのかと思いきや、こういった理由もあったのか。

(中略)カナダやフィンランドには『スノーモービル通行可』のルールがあったり、ベルギーには、『駐車の際は歩道に片輪を乗り上げなくてはいけない』や『次の交差点まで クルーズコントロール(車速設定装置)使用禁止』といったルールも。スイスにいたっては『発砲音に注意』なんて道路もあるらしい。

 中国は理不尽と言うか、非論理的と言うか。

 一方、スノーモービルなんかは実情に合う地域もあるでしょうし、現実的な気がします。

 おもしろいなぁと思いますが、途中のところみたいに危ないのもあります。

 記事の終わりの部分そのままですが、"渡航先でクルマを運転する予定がある人は、しっかりとルールの確認しておくことを忘れずに"。


 関連
  ■マーフィーの法則と公式サイト
  ■海外の反応 ~世界への良い影響を与える国日本、旅行で人気の都市京都~
  ■海外の反応 ~お弁当、キャラ弁、お風呂、浴槽~
  ■お弁当は日本が誇るべき文化?
  ■日本人の国民性アンケートとエスニックジョーク
  ■その他の文化・芸術・海外との比較などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由