Appendix

広告

Entries

医師の年収は本当に高いのか?高く見えているだけという可能性


 全体タイトルにした<医師の年収は本当に高いのか?高く見えているだけという可能性>に絡む、<命を救う職業だから医師の年収は高すぎないという主張のおかしさ>という話の他、<医師が過剰だと心配されていたのに突然医師不足になった理由>などといった話をやっています。

2023/07/18追記:
●地方の医師不足は村1番のかわいい嫁をあてがって解決…で炎上 【NEW】


●医師の年収は本当に高いのか?高く見えているだけという可能性

2012/3/22:日経ビジネスオンラインで医療関係の特集があって、以前、一気読みしました。今回はそのときのメモなので、内容はバラバラ。まず、その中から一番関心が高そうな医師の収入は高過ぎる?(要登録 日経ビジネスオンライン 2009年9月1日 木村憲洋)という記事の話から紹介していこうと思います。

 記事では、日本は医療費を国の決めているというところが大きいため、不適切になっている可能性があるとしていました。また、医師が高給とはいっても労働・拘束時間の長さがあるなどが書かれており、これらをもっと考慮されるべきだとも主張されています。これらは理解できるところです。

 高給取りと言われる職業の中には、医者以外にも結局長時間労働だから…というものがあり、変に妬まれてしまうことがある点には同情しますね。医師以外の職業でも、確かに収入が高いのは間違いないがその分労働が過酷…といったことがあるんですよ。


●命を救う職業だから医師の年収は高すぎないという主張のおかしさ

 ただ、他の職業の例を挙げたように、労働時間が長かろうが短かろうが年収が高いというのは事実。そう言われること自体は仕方ないでしょう。問題は「医師は年収が高すぎる」と不当であるかのように叩かれることであり、私もそれは叩かれるべきではないと思います。しかし、この反論にあたる以下の部分の書き方は気になったんですよね。

<果たして、医師の収入は高過ぎるでしょうか? 医師は、患者の命を預かる医療の専門技術者です。長時間労働を強いられることも多く、また、責任も重大です。優秀な人材が集まるべき職種であり、報酬もある程度、担保されるべきだと思います。
 つまり、「医師の収入は高過ぎるとは言えない」というのが、私の見解です>

 人命に関わるといった仕事の高尚さを元に、給料が決まっているわけではありません。また、自分がすごいと思っても、他人が評価してくれなければ、お金を支払ってくれるとは限らないでしょう。医師は他の人とは違うんだと強調することで、逆に他の職業を蔑んだ感じもあり、記事には違和感を覚えました。

 2022年2月2日に読み直していて思いましたが、「医師は患者の命を預かる」もやや事実と異なりますね。人命に関わらない仕事をする医師も多数いるためです。私はそうした医師も大事だと思いますが、上記の文章は彼らを下に見ていますし、彼らの年収が高いことは正当化できていません。やはり無理のある反論なんだと思います。

 ここらへんの主張は医師に対する誇りなのでしょうが、医師の使命感の高さは過酷な仕事内容であっても成り手がいるという要因になっていますので、ある意味良いことかもしれません。人が働くのは必ずしもお金だけじゃないのです。ボランテイア活動もそうですし、ウェブでの活動なんかも無償の行動が多く、ありがたいです。

 私は才能のある人、結果を出した人にはどんどんお金を上げるべきという考え方を持っているので、医師の場合にもやはりその対価を正当に評価して給料もそれに見合うものとして良いという考えなので、高年収でいいじゃない?と思います。ただし、医者側に「与えてやってる」感が強すぎると、なかなか感謝されないでしょう。


●医師が過剰だと心配されていたのに突然医師不足になった理由

 続いて、別記事の医師は増員すべき?(要登録 日経ビジネスオンライン 2009年7月7日 木村憲洋)というもの。医師不足に関して言うと、以前は医師不足ではなく、過剰さを心配していたくらいだったようです。ところが、2004年度からスタートした新医師臨床研修制度がきっかけで変化したとと説明されていました。

<以前、臨床研修においては、大学病院に研修医が集中していることで様々な問題が生じていました。人数の多さ故に一人ひとりが十分な研修を受けられず、また、大学側が十分な給与を支給していなかったため、少なからぬ研修医がアルバイト診療を余儀なくされていました。(中略)
 以前は、医師国家試験に合格した医学部の卒業生は、そのまま大学の医局に入り、すぐに専門診療科の勉強を始めていました。ところが、卒業生の多くが、より恵まれた研修体制と労働環境を求め、大学病院以外の病院に流れました。(中略)
 また、新制度により、新人医師の大学医局への配属は研修修了後となりました。これにより、夜勤や祝祭日の診療を研修医のアルバイトに頼っていた大学病院では、常勤医師の当直の回数が増える結果となり、勤務医が疲弊する事態となっていったのです。さらに、人手不足に陥った大学病院では、関連病院に派遣していた医師の引き揚げを始めました。結果、派遣先の病院でも医師不足が生じた(中略)
 医師不足には、「診療科間の偏在」「地域間の偏在」の側面もあります>

 「医療過誤のトラブルが生じやすい診療科」と「地方病院」が不足しているそうです。要するに、医師側のデメリットが多いたいへんな仕事が敬遠されているんですね。特に深刻なのは後者のもの。これは医者の数を多少増やしても、解決はしないということを示しています。

 ところで、最初の記事では「患者の命を預かる医療の専門技術者」という立派そうな書き方をしていました。ただ、これを読んでわかるように、医師は使命感だけで仕事を選んでいるわけじゃないんですね。でも、それは自然なことですから、私は仕方ないと思います。「命を救う職業だから」的な主張の方が不要ですね。

 なお、過剰だったのが急に足りなくなったというのは、やっぱり変だなと思ってWikipediaを見たら、当時過剰だという話がそもそも根拠のないものだったようで、最初から日本は少なかったという説明。Wikipediaの説明の方がすっきりしています。「診療科間の偏在」「地域間の偏在」なんかは以前からあったんじゃないでしょうか。


●医療ツーリズムをやる病院なんてない…と思いきや矛盾する話も

 あと、日経ビジネスオンラインではなく、ダイヤモンド・オンラインの「医療ツーリズム」は本当に日本を救うか? 経済効果を狙う国と危惧を訴える医療現場の“温度差”(2011/3/9 梅村千恵)という記事も。居住国以外の国で医療サービスを受けるために、患者が海外渡航する「医療ツーリズム」"についての話です。

 記事では、まず、「外交問題になりかねない」「地域医療が疲弊しているさなかに受け入れは不可能に近い」などという批判的なコメントが多く、積極的に受け入れる姿勢は、ほとんど見られなかったとしていました。すると、結局導入しても誰もやらないのかな?と思いきや、正反対の話が同時に出ていたんですよ。

 社団法人日本医師会は、「産業構造ビジョン2010」にて「医療ツーリズムの拡大」がうたわれた当時の記者発表などで、「営利企業が関与する医療ツーリズムには反対である」という声明を発しています。この理由のひとつが、以下のようなものであり、むしろ積極的に受け入れる医療機関が出かねないと心配されていました。

<理由の1つが、「医療格差の拡大」だ。医療ツーリズムで日本を訪れる外国人は、全額自己負担で診療を受けるため、医療機関にとっては保険事務の必要がなく、現金収入にもなる。営利目的の運営の下では、こうした患者(引用者注:外国人患者)が優先的に扱われることになり、医療格差を拡大する恐れがある>


●地方の医師不足は村1番のかわいい嫁をあてがって解決…で炎上

2023/07/18追記:別のところに書いた方が良い話ですけど、とりあえず、地方の医師不足の関係の話をこちらに追記。そのうちどこか適切なところに移したいと思います。

 慶應義塾大学医学部非常勤講師でもある東京美容外科の統括院長がツイッターで「医師の地域枠」について「村1番のかわいい嫁をあてがってあげたら、飛ぶように応募来るでしょ」「医師より先にかわいいナースを確保したら良いです」などと投稿し、物議を醸していたそうです。

 先にツイッターで反応を見てみると、もっともな批判が検索上位。ただ、私が興味あったのは擁護意見の方です。ツイッターではこういう差別的な件では無理筋な擁護が多く、今回は少ないのが意外でしたが、上から見ていくと「いちいち文句言う奴ほどヒマなんでしょうなぁ~。異性は活力の一つって事!」やはりズレた擁護がありました。

 医師の主張は「異性は活力の一つ」というレベルではなく、かなり主要な主張のような気がするのですけど、たとえ多数ある提言のうちのひとつであったとしてもあまりにも問題がある発言。擁護は無理筋です。で、こういう擁護をしちゃう人はどんな人かな?と他のツイートなどを見ると、政府を批判する人の方を批判している人でした。

 やっぱりこの発言に問題を感じず擁護しちゃう人って、右派の思想に親和性が高いんでしょうね。申し訳ないんですけど、納得してしまいました。で、発言した医師についても調べていたら、この医師がそもそも自民党の麻生太郎議員に好感を抱いていると公言している方と判明。やっぱりこうなるんでしょうね…。


【関連投稿】
  ■日本の医師不足は嘘・医学部新設は逆効果と医師会が主張、同志社に反対
  ■上小阿仁村医者嫌がらせ・いじめは嘘ばかり 村民らが反論、本当の理由を説明
  ■医師への賄賂・お礼の現金は本当にあった!収賄罪・脱税・倫理的な問題など
  ■医者が冷たいと感じるのは当然 感情的にならないようにと教わっているため
  ■上小阿仁村医者嫌がらせの歴史 3年連続1年で医師が辞意、4人目は僅か1ヶ月
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由