Appendix

広告

Entries

コンビニは絶対勝てない スーパーとの大きな違いは生鮮食品の新鮮さ


 コンビニ業界は食品スーパーマーケットに近づき、その客を奪おうとしているようです。そのために必要なのは、生鮮食品の拡充なのですが、コンビニのシステム的に「鮮度では絶対にスーパーに勝てない」という矛盾をはらんでいると指摘されていました。

2017/09/08:
●コンビニでの生鮮野食品販売、増えたとはいえまだ脇役
●ついに本気を出したコンビニが食品スーパーマーケットを殺す!
●コンビニは絶対勝てない スーパーとの大きな違いは生鮮食品の新鮮さ
2020/08/29:
●ネット注文での受け取りなら生鮮食品も可能!さらにコンビニ無双に?


●コンビニでの生鮮野食品販売、増えたとはいえまだ脇役

2017/09/08:コンビニの食品トレンド「生鮮食品」|ホームメイト・リサーチでは、タイトルの通り、コンビニの食品トレンドは「生鮮食品」だというもので、コンビニでの生鮮野食品の販売が広がっているとしていました。

 ただし、「生鮮食品」と言いつつ、出てくるのはほとんど「生鮮野菜」の話だけ。他は牛乳・卵・果物というワードがちらっと出てくるくらいで、生精肉・生鮮魚介といった他の生鮮食品のことには触れてすらいません。

 また、マイボイスコム(株)が2013年(平成25年)5月に、インターネットで行なったアンケート調査にでは、コンビニ利用者の内、コンビニで生鮮食品を購入すると答えた人は、29.1%もいると強調されていたものの、これも中身を見ると寂しいもの。「スーパーなどで買い忘れたとき」が半数以上に上り、飽くまでスーパーの補完でしかないのです。

 まあ、古典的なコンビニのイメージからは変化しているよ…って話だったんでしょうけどね。


●ついに本気を出したコンビニが食品スーパーマーケットを殺す!

 ということで、コンビニはまだまだなわけですが、セブンも全面対決へ。コンビニが殺そうとしている「食料品スーパー」 まぐまぐニュース! / 2017年9月4日 5時0分は、コンビニが生鮮食品で本気を出そうとしているという話です。

 現状、コンビニの売場面積あたりの売上は1m2あたり149万円。他業種の小売で最も高い食料品スーパーでも82万円、その次のドラッグストアが60万円であることを考えると、ずば抜けた高さです。したがって、コンビニがミニスーパー化することは、こうした長所を殺す可能性があります。

 ただ、それでも、衣料品スーパーや住関連スーパーなどに比べれば、食料品スーパーの売場面積あたりの売上は近いと言えます。なので、ライターの日比谷新太さんは、コンビニ業界が「生産性は多少犠牲に(店舗面積を大きくする等)したとしても、他業態が持っている売上を奪いたい」と考えた場合、これらを狙うのは理にかなっているとしていました。


●コンビニは絶対勝てない スーパーとの大きな違いは生鮮食品の新鮮さ

 一方、日比谷さんが既存コンビニの取扱い状況を分析したところ、生鮮野菜・生精肉・生鮮魚介といった、食料品スーパーの得意分野である商品群に関して、既存のコンビニの弱さが際立ちました。最初の話でもそんな感じでしたよね。

 ただ、これらの生鮮食品というのは家計のなかでも大きなウエイトを占めている分野であるため、コンビニがミニスーパー化するためにはこれらの拡充が欠かせないところだと言えます。

 ところが、よりによってこの分野ではコンビニは既存のスーパーに勝てないと言われていました。生鮮品はその名の通り「鮮度が命」だとされています。食料品スーパーでは、精肉なら各店舗のバックヤードで新鮮な塊の肉を切り分け、すぐさまパック詰めにして、鮮度が良いまま売場に並べるといったことで対応してきました。

 これをコンビニができるか?というと、もちろんできません。現状のコンビニの物流体制だと、温度管理ができるトラックによる配送が各店舗に1日3回が限界といったところなので、絶対にスーパーには勝てないようです。

 また、食料品スーパーと同様に店内バックヤードで加工するというのも、コンビニの生命線であるアルバイト中心のローコスト運営オペレーションが崩れてしまうため、現実的ではないと指摘されていました。なので、コンビニはコンビニの持つ長所をある程度殺さないと、食品スーパーの領域に踏み込めないということみたいです。


●そもそも人間はおいしさを正確に判断できない

 …という話ではあったものの、そもそも皆さん食品スーパーの商品よりコンビニの商品の方が、良いイメージんなじゃないですかね? もしそうであれば、新鮮かどうかは重視されない、あるいは判断できずに、イメージに釣られてむしろコンビニの商品の方が優れていると思ってしまう可能性もあります。

 また、食べ物の悪口を言う=グルメではない 価格100倍でもおいしさは100倍未満でやったように、人間は味を見極めるのが非常に苦手で、価格に大きく影響されてしまいます。コンビニは全体に割高ですので、生鮮食品においても「高いのだから良いもののはずだ」と誤解する可能性があるでしょう。

 そもそも現在コンビニが割高にも関わらず強い支持を集めているのも、この価格によるプラスの影響があるかもしれません。コンビニによる食品スーパー殺しは、十分あり得るんじゃないかと私は思います。


●ネット注文での受け取りなら生鮮食品も可能!さらにコンビニ無双に?

2020/08/29:飛ぶ鳥を落とす勢いだったコンビニですが、新型コロナウイルス問題の影響は避けることができず各社とも苦しむ結果になりました。そんな新型コロナウイルス問題とこのページの話題の生鮮食品に関連する通販の生鮮食品をコンビニで “非接触”で受け取り[2020/06/23 19:24]という記事が出ています。

 ローソンは生鮮食品のネット通販「クックパッドマート」の商品を受け取れる宅配ボックスを首都圏の店舗に設置。人と接触せずに地域の新鮮な食品を購入できるため、感染リスクの軽減につながるとしいうのが売りです。また、ローソン的には、新型コロナウイルス問題で内食が増加するなか、店舗で販売する商品の「合わせ買い」を狙いたい考えとしていました。

 ネット注文商品の受け取り場所としてコンビニが活用できるとなると、無敵なように思えます。私もそう思っていて、セブンイレブンで鈴木敏文親子が注力したオムニセブンは成功するのでは?と思っていました。ただ、これが悲惨なほどに大失敗。新型コロナウイルス問題というのは当時なかった新しい要素ですが、今度は広がるでしょうか。


【本文中でリンクした投稿】
  ■食べ物の悪口を言う=グルメではない 価格100倍でもおいしさは100倍未満

【その他関連投稿】
  ■セブン-イレブンが3位のコンビニ閉店率ランキング 閉店費用は莫大
  ■ローソン、いつの間にかダイエー傘下から三菱商事系に変わっていた
  ■公共料金支払いやATM利用で、コンビニに手数料などの利益はある?
  ■コンビニに商品提供する異色のコンビニ・セイコーマート 小売業から製造業へ転身を選んだ独立系コンビニの生き残り
  ■意味不明な三菱商事のローソン子会社化の理由 むしろデメリットが大きい可能性も
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由