Appendix

広告

Entries

米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中 理由は「デジタル疲れ」か価格の問題か?


 "AmazonのKindleなどの電子書籍、出版社にとっての魅力"(2012/5/18)に、"米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中"、"理由は「デジタル疲れ」か価格の問題か?"(2017/05/18)という話を冒頭に追加しました。

2017/09/14:
AmazonのKindle日本上陸は怖くはないと予言されていた
電子書籍が夜10時に最も売れる理由
2014/2/10 (2018/05/16に移設):
電子書籍に勝る紙の本のメリット5つ
「厚み」を感じられることが紙の本の最大のメリット
ネットで読めるのに売れる本の秘密


●米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中

2017/05/18:電子書籍、特にAmazonの電子書籍は「脅威」と見られて目の敵にされることが多かったのですが、日本より先行するアメリカでは、早くも電子書籍が頭打ちになっていると報道があり、驚きました。

  米欧「書店は死なず」 アマゾン、電子書籍値下げ弱める 品ぞろえ工夫、居心地よく 2017/4/2付 日本経済新聞 朝刊 は、「米国の書店が復調している」という話。売上高は14年の前年比1.6%減を底に、15年(3.2%増)と16年(2.5%増)の2年連続で増加です。

 これだけでも驚きかもしれないのですが、私が最も意外だったのは電子書籍の苦戦です。書店売上とは逆に、2014年・2015年と 米出版社の電子書籍は2年連続で減った上に、16年も大幅に落ちたとされています。欧州出版社連盟=FEPによれば、欧州でも書籍の売上高に占める電子書籍の比率は5~6%で「低迷している」とのこと。


●理由は「デジタル疲れ」か価格の問題か?

 理由については、米調査会社のコーデックスグループは若者を中心に電子書籍の利用を減らし、紙の本に戻る動きがあると指摘。電子端末の利用時間をこれ以上は増やしたくない「デジタル疲れ」が背景にあるとしていました。でも、データ的な根拠のないふわっとした説明なので、何とも言えず。

 価格的な魅力がなければ買わなくなる…というのはよくあることですので、より現実的な説明としては、"電子書籍は、紙の本に対する価格面の優位性が薄れてきた"というものの方が良いかもしれません。"大手出版社は電子書籍の価格が下げ止まり始めたほか、一部で電子書籍の価格が紙を上回る例もある"そうです。

 そして、この"紙と電子の逆転現象は、電子書籍の薄利多売の市場構造を嫌う著作者や出版社の消極的な姿勢で起きた"とのこと。これはAmazon脅威論による著作者や出版社の抵抗が有効であることを示しています。

 記事によると、Amazonはこれを見て、実店舗の書店を増加する計画とのこと。ただ、この実店舗でもAmazonらしさは見えており、ネット通販で集めた大量の購買情報を店舗運営に活用しているのが特徴で、消費者の評価をもとに選んだ本を並べているそうです。

 また、1号店は米国の通常の書店より小さく、床面積500平方メートル(約150坪)程度に抑えました。ネット通販に比べて利益率の低い書店を運営していくため、賃料を抑制する目的と見られています。


●AmazonのKindleなどの電子書籍、出版社にとっての魅力

2012/5/18:もともと書いていた"AmazonのKindleなどの電子書籍、出版社にとっての魅力"は、Amazon脅威論に対し、ジェフ・ベゾスCEOが出版社にとっての魅力を説明するといった話でした。

 「日本での電子書籍事業開始は年内早期に発表する」 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOインタビュー(後編)(要登録 日経ビジネスオンライン 2012年5月2日 原隆)では、「いま一度、出版社に対してキンドルでビジネスを展開するメリットについて教えてください」とジェフ・ベゾスCEOに尋ねています。

 ベゾスCEOは当然、「出版社や著者にとって、非常に大きな利益をもたらす」としているのですが、その理由の一つの利点として「ロジスティクスの流れがないこと」を挙げていました。ただ、これはわかりづらい言い方ですよね。

 もう少しイメージがつかめるのは、「本を運ぶ必要もないし、何百もの場所で本を販売する営業チームも必要ありません。非常に効率的なビジネスモデルです」という説明でしょう。

 ただ、これより先に挙げていた「いったい何部印刷すればいいのか、悩む必要がない」というものが、おそらくベゾスCEOの考える最も大きな利点です。

ベゾス「従来の書籍の場合、発行日を決めたら印刷部数を1万部にするのか、5万部にするのか、10万部にするのかを決めなければなりません。推測を立て、一か八かでやってみるしかない。そのため、出版業界は売れ残ったり、返品されたり、処分したりする本が非常に多くなります。初版部数の管理はこのビジネスにおいて非常にコストがかかる部分です。
 では逆はどうか。印刷部数が少なすぎると、その本が最も注目されているタイミングで在庫がなくなります。つまり、出版社や著者にとって、電子書籍の最も素晴らしい点は、「いつも適量がある」ということです。これは大きな利点でしょう」

 前にどっかでちょこっと書いた、出版社は「アマゾンはむちゃくちゃ横暴で話にならない」という非公式な情報をリークしておきながら、本音では期待しているというのはこういう部分です。印刷部数が噛み合わなかったときの損失やリスクは大きく、出版業界は電子書籍とは無関係に苦しい状況のようです。

 こういう印刷部数の読みが出版社・編集者の腕の見せ所…という考え方もできるでしょうけど、本来の編集者の仕事ってそこじゃない気がします。そこに価値を見出す会社があっても良いと思いますが、すべての会社がそうなる必要はなく、むしろリスクを減らしていろいろな本を出版できるチャンスを増やす方が、読者にとって出版業界がより魅力的になるのではないかと思います。


●AmazonのKindle日本上陸は怖くはないと予言されていた

2012/3/28、2017/09/14:ここから"AmazonのKindle、日本の電子書籍市場へのインパクトはなし?"(2012/3/28)で書いていた話を大幅に修正して、セットにしました。キンドルはそう恐れるものではないという見方があったのです。

 "黒船" Amazon Kindleがついに上陸!その戦略の先に見えてくるリアル店舗ビジネス制覇の野望(2012年03月07日 07:00 大元隆志)では、国内では、2010年にiPadや、シャープ製「GALAPAGOS」、ソニー「Reader」といった電子書籍リーダーが相次いで発売され「電子書籍元年」ともてはやされたものの、鳴かず飛ばずだったことを指摘。

 "米国の電子書籍市場で圧倒的なシェアを誇り、電子書籍市場を築きあげたと言っても過言ではないKindle"でさえも、"国内の電子書籍市場の状況を一変させる程の力はないだろう"としていました。

 この理由は私も疑問視した「コンテンツの少なさ」ともう一つ「割安感の少なさ」なのかな?と想像しました。ただ、記事では肝心の理由があまり説明されておらず、以下のような説明がちらっとあるくらいでした。

"再三指摘されていることではあるが、国内で電子書籍が根づかない理由の大きな要因は購入可能なコンテンツが少なく、紙の書籍と比較して割安感がないためだと言われている"
"もちろん、コンテンツの供給が重要である事に間違いはない。急激な電子書籍の市場拡大を実現するためにはメジャーな出版社や、雑誌、新聞といった多くの人がよく知るコンテンツの供給が不可欠だろう"


●電子書籍が夜10時に最も売れる理由

 上記のようにタイトルになっていた話はスカスカだったのですが、おもしろい話はありました。電子書籍は夜10時が最も売れるというのです。もちろん紙の書籍だと、そんなことは起きていないでしょう。

 この電子書籍が妙な時間に売れる理由というのは、就寝前にベッドで本を読んでいて、読み終わった時に、「次の本を買う」からだと言われているそうです。紙の本なら買いに行こう!とは絶対ならないですね。

 作者は、どこにいても、何時でも、欲しい物が買え、どこでも見れるという利便性は、一度体験すると手放しがたい体験となることを指摘。スマートデバイスを通じてこの新たな読書体験を体感し、「電子書籍」へのニーズが高まっていくだろうと予想していました。

 これは時間帯でしたが、ネットでは対面だと買いづらいものが売れるなど、リアルの世界と違う商品の売れ行きが良いといった感じで、異なった傾向を示すのがおもしろいですね。

 なお、この他に作者は、読み放題サービスの登場や「買い切り」制導入による書店の減少を予想していました。このように短期的にはインパクトは大きくないものの、長期的にはAmazonのKindleの効果は絶大であると予想していたようです。

 ただ、"米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中"のところで紹介したように、先行していたアメリカでは電子書籍が息切れ。電子書籍の普及には限界があるのかもしれません。


●電子書籍に勝る紙の本のメリット5つ

2014/2/10:「ネットで読めるのに売れる本」と組み合わせる話に悩んで、「電子書籍に勝る紙の本のメリット」というもので検索。いくら電子書籍の悪口を言っても買う人はいるのですし、廃れるものは廃れます。ただ、まあ、紙の本にメリットがあるのも確かでしょう。

   電子書籍が紙に負ける5つのポイント WIRED.jp(2011.6.6 MON)では、以下の5つを挙げていました。

1)読了へのプレッシャーがない。
2)購入した本を1カ所にまとめられない。
3)思考を助ける「余白への書き込み」ができない。
4)位置づけとしては使い捨てなのに、価格がそうなっていない。
5)インテリア・デザインにならない。

 うん? 何だか妙なものばかりですね。「5)インテリア・デザインにならない」はわかります。そのままです。「本棚」というのは、結構重要なインテリアです。読まずに並べているだけで、結果的に見せるために買う、あるいは買ったことに満足みたいなのもあると思います。

 その前の「4)位置づけとしては使い捨てなのに、価格がそうなっていない」も理解できますが、今後下がる可能性があります。

 ただ、「3)思考を助ける「余白への書き込み」ができない」は、多くの日本人にはピンと来ない話でしょう。メモする人を私は知っていますけど、日本では「紙の本がいい」って思う人ほどこういう使い方をしない印象が個人的にあります。本を汚してはいけないという思想です。

 そうだとすれば、「余白への書き込み」ができないことは特にデメリットじゃありませんし、ソフトの改良などで解決可能でしょう。これも途上の問題かもしれません。

 残りがよくわかりませんでしたが、「1)読了へのプレッシャーがない」は"視界のどこかに存在するということがない"からとのこと。これもソフト側で改良可能そうです。

 「2)購入した本を1カ所にまとめられない」はどうもタブレットやスマートフォンなどで別々に買うなどの問題みたいです。これもある程度は解決できそうです。ただ、別会社で共通化とまでなると難しそうです。

 何かあんまり良いものなかったですね。今回はだいぶつまらない話になっちゃったなぁ…と自分でも思います。申し訳ないです。ここまで書いたものの消してしまおうか?と悩んで一旦消しましたが、Ctrl+Zで復活。それだけ紙の本のメリットが少ないとも考えることもできます。


●「厚み」を感じられることが紙の本の最大のメリット

 でも、これじゃあんまりなのでもう少し検索。以下はいかにも紙の本派が言いそうだなという話。
電子ブックは普及するだろうけど「紙の本」の方がいい理由  諌山裕 2012年10月16日 21:02

 小説は「本」で読みたいと私は思う。
 一気には読めないから、しおりをはさむなどして中断しながら読むわけだが、読んだページと未読のページの「厚み」が少しずつ変わっていく過程。
 それが「読書している」という実感になる。
 残りのページ数が少なくなってくると、いよいよクライマックス……なんだと、読むスピードも上がってくる。
 紙の本には、そうした「感触」がある。
 そして、読了したとき、1冊の本の厚みと重さが、達成感を物語る。
http://blogos.com/article/48492/

 紙の本というのは「厚さ」が良いのだという話。「1)読了へのプレッシャーがない」とちょっと似てますかね? 母は月に十冊、二十冊と読んでいるので「本好き」な方だと思いますが、読み始めてつまらないと思った本は逆に厚みを見て嫌になるようです。

 私はあまり本を読みません(電子書籍の方は一度も読んだことがありません)が、おもしろい本だと一気に読まないと気になって仕方ないので基本的に一日で読み切ります。厚さなんか見る暇ないです。

 ということで、個人的にはわからないのですが、最初にも書いたように一般論としては「わかる」話。でも、これが将来電子書籍のソフト、ハード、価格などの問題を解決したときに、高いお金を払ってまで支払う理由になるの?とは思います。少なくともかなり限られた層でしょうね。


●ネットで読めるのに売れる本の秘密

 で、やっと一番紹介したかった話へ。
【マジかよ速報】普通の新卒女子の本が20万部突破のベストセラー! たった5か月間で10刷! さらに増刷で11刷も決定!!- ロケットニュース24(2014年1月12日19時43分)

彼女の著書『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』(三才ブックス)は2013年8月に発売され、発売したとたん完売状態に。その後もコンスタントに売れ続け、発売から5か月が経った2014年1月現在20万部を突破。(中略)

書籍『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』は、著者の詩歩さんが作った Facebookページを書籍化したもの。新入社員向けの研修として Facebookページを作ることになり、詩歩さんが「絶景写真を集めたページを作ろう!」と思ったのがはじまり。

世界中の絶景写真を集めて紹介したところ、約60万もの「いいね!」を得る絶大な人気ページに! それを書籍化したら、またまた大ブレイクしたというわけだ。もちろん、書籍に掲載されている写真はすべて許可を得たもの。しかも厳選された「絶景中の絶景」ばかり掲載されている。

でもどうして、Facebookページを覗けば無料で絶景写真を見られるのに、有料の書籍がバカ売れしているのだろうか? Amazonランキング1位にもなり、さらにロッテとコラボまでしている。実際にこの本を手にした当編集部のKuzo記者は以下のように語っている。

「ページをめくって次々と絶景写真を眺めると、実際に旅をしているかのような気分になるんです。パラパラとめくってランダムに目に入った絶景写真に癒やされる。サイトの流し読みとは違ったワクワク感があるんですよ。本が贅沢品になりつつある昨今、まさにプレミア感のある贅沢品がこの本であり、手元に置いておきたい本だといえます」(Kuzo記者 談)
http://news.infoseek.co.jp/article/rocketnews_20140112403754

 上では特にそういうことは書かれておらず「プレミア感」としていますが、「高付加価値化」でもいいですかね? これ自体も特に目新しいものではないのですが、やはり有効なんだなと再確認しました。

 ただ、結局これだって紙の本を「贅沢品」とみなしているわけですから、紙の本市場の縮小に対する特効薬とはなり得なそうですね。


【関連投稿】
  ■電子書籍端末市場のピークは2011年で既に縮小中 寿命はあと何年?
  ■日本にしかない業態・泊まれる本屋ブックホステル BOOK AND BED TOKYOや泊まれる図書館『暁』
  ■本屋が潰れるなら本屋をやめればいい 総商さとうウィー東城店の答え
  ■本屋にとって立ち読みは邪魔者か?など 書店倒産ラッシュへの抵抗
  ■紀伊国屋書店に批判 アマゾン対抗で村上春樹新刊9割買い占め
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由