Appendix

広告

Entries

絆とは「足をすくうこと、邪魔すること、拘束」という意味である


 東日本大震災の関係で「絆」という言葉がキーワードとなりましたが、時間が立つにつれて「絆(笑)」というような使い方がぴったりくるようなケースも増えてきました。

 で、タイトルにした「絆とは足をすくうこと、邪魔すること、拘束」という意味が、まさに正解というような絆もあるんじゃないかと思うのですが、これは中国語での絆の意味であり日本語での意味ではありません。


 これを知ったのは大震災後のキーワード「絆」が 中国で理解されない理由(要登録 ダイヤモンド・オンライン 2012/5/16 加藤 出 [東短リサーチ取締役])でした。

 先日、中国上海のある日系大手企業の総経理(社長)に興味深い話を聞いた。旧正月明けの社内の年頭あいさつで、同氏は、日本の震災後の「絆」の尊さに触れつつ、日本人と中国人との間でも「絆」を大事にしながらビジネスを今年もがんばっていこう、とスピーチしようとした。事前に、中国人スタッフに中国語訳を頼んだところ、彼女は原稿に出てくる「絆」の意味が理解できないとの困惑を見せた。嫌な予感がした同氏が中日辞書を開いたところ、中国語における「絆」の意味が全く異なることに気付き、冷や汗が出たという。

「中日大辞典」(大修館)には、「絆」(ban)は主に動詞として、次のように解説されている。(1)(足を)すくう、(わななどに)ひっかける(かかる)。(2)じゃま(妨げ)になる、まつわりつく。(3)きずな、拘束。(4)わな。(3)に「きずな」という意味がかろうじて載っているが、ニュアンスとしては、日本語の「しがらみ」に近い。複数の中国人に聞いてみたが、皆、中国語の「絆」にポジティブなニュアンスはないと言っていた。

 ウェブサイトの日本語「語源由来辞典」を加藤出さんが見たところ、「絆」は犬や馬など動物をつなぎ留めておく綱を由来にする言葉であり、中国語も日本語もスタートはいっしょだったようです。(まあ、そういう場合が大半ですが)

 しかし、「その後長い時を経て両国における意味は大きく変容した」というわけで、以下のような話になっていまいます。

「絆」の話を浙江省寧波市に駐在する日本人ビジネスマンに話したところ、次のような反応が聞かれた。「いや実は数日前に、近くで今度開店予定の日系バーの店名は何がいいか、仲間内で話題になったんですよ。そのときは、“やっぱり「絆」でしょう”と皆で盛り上がりました。でも、“わなに引っかける”という意味があるのでは、中国人客は来ないでしょうねえ」。

 罠が仕掛けられているんですもの、きっと「ぼったくりバー」に違いありません。


 こういう日中で異なる意味を持つ漢字あるいは単語というのは結構あり、一度集めようかなと思い立ったものの、あんまりウケないかなぁと思ってやめたことがあります。

 加藤出さんも一つ挙げていました。

 前出の日系企業総経理が教えてくれたが、「検討」は中国では「自己批判」の意味だそうだ。商談の際に、「それでは持ち帰って検討させていただきます」と中国で言うと変な感じになる。


 特集しようかな?と思ったのは、酷いから「楽酷天」?楽酷天は中国で成功するか?などを書いたときです。

 これは他にも書くネタがあるのですが、あんまり読まれない話の予感がしますし、肝心の楽酷天が撤退ってことになってしまいました。


 この楽酷天撤退については触れていなかったので、ついでに書いておきます。


 楽天が中国市場で音を上げた。中国検索サイト最大手の百度と共同で立ち上げた「楽酷天」を5月末に閉鎖し、中国からEC(電子商取引)事業を撤退する。開始から1年半で投資した額は約8億6000万円。業績への影響は軽微だが、同社が矢継ぎ早に進めてきた海外展開で初めての挫折となった。

 開設直後から、なかなか軌道に乗れず、苦戦が伝えられてきた楽酷天。中国で足場を築けなかった背景には様々な“読み違い”がある。楽天自身も認める最大の誤算は、中国のECバブルだ。

 (中略)「お金を燃やしながらシェア獲得合戦を繰り広げているのが今の中国のEC市場」と語るのは楽酷天の江尻裕一・董事長兼首席執行官だ。VC(ベンチャーキャピタル)が次々と中国のEC事業者に資金を投下し、IPO(新規株式公開)を目指して採算度外視のシェア拡大競争を繰り広げた。マーケティング費用はもちろんのこと、原価割れで売ることも日常化。楽酷天は立ち上げからほどなくしてVC主導の競争激化の波にのみ込まれてしまう。

 こうした環境下で、提携相手の百度との間で方針が割れてしまった。

 百度側は「市場の拡大とともにシェアを拡大できる」と読むものの、楽天側は「ROI(投下資本利益率)が悪い」(江尻董事長)と、採算度外視路線に対して難色を示した。バブルに乗って拡大したい百度に対し、地道な拡大路線を選択したい楽天。両社にはいつしか埋めがたい溝が生じ、今回の提携解消へとつながっていった。

 (中略)それでも楽天は中国進出を諦める気はない。既に百度との提携解消前から次の手を模索していた。

 「第3のパートナー」。楽天の三木谷浩史会長兼社長は今年1月の日経ビジネスの取材で新たな提携相手の存在を示唆している。その提携交渉を進めるため、百度との関係解消を決断したと見る方が真相に近いだろう。


楽天、中国撤退の“挫折”(要登録 日経ビジネスオンライン 2012年5月2日 原隆)

 私は先行者有利であるから~といったことを以前書いていましたけど、まだ全然市場ができあがっていなかったんですね。

 それから、日本企業が加わるとなるとイメージ的に高級化路線では?といったことも書きましたが、こちらも外れ。

 百度のイメージの方が強いのか、何なのか、原価割れの消耗戦市場となったようです。

 私は差別化してやや高級で高品質という路線で良いと思っていましたけど、市場が拡大途上なら確かに先を見据えて赤字垂れ流しというのも一つの戦略でしたね。


 最初の話からえらくそれてしまいました。

 無理矢理に戻すために絆の話で何かということで、英語の絆でも調べてみます。

 いろいろな単語が当てはまるみたいですが、代表的なのはtiesかbondsっぽいです。あまりネガティブそうな意味は見当たらず、bondの「束縛するもの、拘束」が唯一マイナスな感じでした。

 英語圏の人々の方が日本の「絆」を理解してくれたのかもしれません。


 関連
  ■楽酷天は中国で成功するか?
  ■酷いから「楽酷天」?
  ■意外と読めない漢字クイズ1 食べ物編
  ■九十九電機の社名の由来がすてき
  ■「やばい」「パクる」「デカ」の語源
  ■その他の言葉・漢字・名前について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由