Appendix

広告

Entries

東邦大藤井善隆元准教授の全論文193本に不正・捏造の疑い、世界新記録か?


 不正論文で辞任の加藤茂明教授、捏造防止を若手に訴えていたで書いた加藤茂明さんで何かもう一つ書こうかなと思っていたら(何を書きたかったかは忘れちゃいました)、似たような不正・捏造疑惑辞任でかつスケールのでかいものが来ました。


 既にリンク切れしていますが、

NHKニュース
東邦大元准教授 論文ねつ造の疑い
5月23日 16時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120523/k10015324341000.html

 では、こう伝えていました。

東邦大学の元准教授の麻酔科の医師が、国内外の学術雑誌に発表した193の論文にねつ造の疑いがあるとして、日本麻酔科学会が調査していることが分かりました。

学会がねつ造の疑いで調査しているのは、東邦大学の元准教授で52歳の麻酔科の医師が、去年までの21年間に国内外の学術雑誌に発表した193の論文です。

 この書き方だとはっきりしないのですが、共同通信(医学論文193本に不正の疑い 元東邦大准教授を調査)によると、「問題となっているのは元准教授が大学院入学以降の約20年間に発表した全ての論文」ということですから、そんじょそこらの捏造職人とは比較になりません。

 研究人生そのものが不正と捏造で彩られていた可能性があるというのですから、ものすごいことです。最初から何一つ成し遂げていなかったということもあり得るんですね。


 NHKニュースの続きを載せます。

日本麻酔科学会によりますと、イギリスの研究者がこの医師の論文を統計的に分析し、「患者の年齢や身長、体重、それに血圧などの数値が特定の範囲に集中し、異常だ」と指摘したため、ことし3月、学会に特別委員会を設け、在籍した医療機関や共同研究者に聞き取り調査などを行っているということです。

一方、東邦大学では去年、論文に不審な点があるという指摘が寄せられたため、この医師が准教授として在籍中に発表した9つの論文を調査したところ、8つで国の指針で定められた倫理委員会の承認を得ていなかったことが分かり、ことし2月に諭旨退職の処分にしたとしています。

 諭旨退職というのは懲戒退職と似ているようですが、やや緩いイメージの退職。一応、自発的に退職した形を取るのが諭旨退職のようです。(7/8訂正:最後、間違えて「懲戒退職」と書いていました。完全にミスです。文脈からすればわかったと思いますけど、申し訳ございませんでした)

 各紙で「元准教授」という言い方がなされているのは、このためです。

 とはいえ、たまたま辞めていたのではなく、不適正な論文の関係で辞めているわけで、他の記事でも一言説明しておいた方が良いですね。


 で、そうやって退職したということは、本人も罪を認めているのかと思いきや、NHKニュースの最後ではこうありました。

大学の調査に対し、医師は「論文のデータはすでに処分した」などと説明し、ねつ造は否定したということです。
日本麻酔科学会で調査を担当する長崎大学の澄川耕二教授は「日本の研究者に対する信用の問題でもあるので、きちんと調査して、来月中に結果をまとめたい」と話しています。

 「日本の研究者に対する信用の問題」とありますが、海外の指摘で判明したという経緯は恥ずべきものですし、深刻です。オリンパス問題を思い出しました。(オリンパスショックは日本の恥など)


 あと、なぜ記事では名前を伏せているのかがわからないのですけど、まだ不正と決まったわけじゃないからでしょうか?

 不正論文で辞任の加藤茂明教授、捏造防止を若手に訴えていたの加藤茂明さんの場合は、飽くまで「監督責任」であり、本人は違うってことでの実名報道ですかね?

 そう言えば、このとき不正により関わっていたであろう責任者、群馬大の先生については、名前が報道されませんでした。(加藤茂明捏造論文撤回の筆頭著者は,北川浩史群馬大教授を後で書きました)

 ただ、不正を行ったと思われる当人の名を伏せて、上司だけ実名報道するというのは、不思議な判断基準です。


 加藤茂明さんのときは新聞報道のはるか前からウェブ上では疑惑を追求している方がおり、こういった論文不正を監視している方々がいるようでした。

 だから、今回の東邦大元准教授の件も検索すれば実名がすぐわかるだろうと思いやってみると、案の定すぐ出ました。藤井善隆さんという方です。


 詳しく書かれていたのは、世界変動展望(2012-05-28 00:07:00)というブログ。

 笑っちゃいけないのに笑ってしまいましたが、

藤井善隆が倫理規範違反で諭旨退職処分になった件は大学が公表したし、Retraction Watchなど海外のサイトで藤井の193編の論文に捏造疑惑があり撤回の必要があると報じられたことがあるので、この事件については知っている人も珍しくないと思う。なぜなら、撤回論文数が193編にのぼるというのは達成すれば世界最高記録になるからだ。これまでの最高記録はドイツ人麻酔専門医であるJoachim Boldtの89編。藤井はこれを100編以上も大幅に更新する見込みで、日本人がこれを達成するのはとても恥ずかしい。

 とありました。

 でも、本当、笑い事じゃありません。日本の恥です。


 また、このブログでは「藤井は別件ですでに諭旨退職処分」であるとしており、「諭旨退職処分は甘すぎるので懲戒解雇相当」としています。

 この他、興味深かったところとしては、

・数十件に及ぶ捏造や改ざん事件としては、東北大学・上原亜希子、琉球大学・森直樹、独協医科大学・服部良之、名古屋市立大学・岡嶋研二・原田直明、滋賀大学・宮田仁などがある。

・これほど極めて大規模な不正事件をこれまで発見できず発生を防止できなかったのか疑問。

・11年8月、元准教授の論文について「異なる臨床データに基づく別の論文なのに、患者数が同じなど不審な点がある」といった指摘が寄せられていた。(これ以降、当初の東邦大学の藤井善隆に対する調査は不当!第三者調査機関の設置は必須!! 2012-05-29 00:00:00より)

・正当性を裏付するデータを提出しなかったのに捏造を認定しなかったということであり、東邦大学は不正の握りつぶしをしたように思える。生データや実験ノート等が存在しないというのは捏造の有力な証拠であり、これらの不存在が証明されているのに捏造を認定しないのは不当な判断以外の何物でもない。

 といったところです。


 こういった不正が相次いでいる以上、本来ならそうあってはいけないのですが、藤井善隆さんなど不正を行った個人を攻撃しても解決しそうにないので、もう基本的に論文には不正があるものだという前提で見る必要がありそうです。

 で、そういった能力を各大学に持たせることができるか?と言うと、かなり重い負担のような気がします。

 営利でも非営利でも良いですけど、不正論文発見の専用機関を設けなくちゃいけないんじゃないでしょうか?


 追加
  ■加藤茂明捏造論文撤回の筆頭著者は,北川浩史群馬大教授

 関連
  ■不正論文で辞任の加藤茂明教授、捏造防止を若手に訴えていた
  ■御用学者の巣窟東大で今度は論文捏造が発覚 加藤茂明教授は辞任
  ■オリンパスショックは日本の恥
  ■テストの点数は金で買える!?
  ■「頭の良くなる薬」は本当にある!? ~アメリカでは大学生の間で流行~
  ■その他の社会・時事問題について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由