Appendix

広告

Entries

スカイマークへの厳重注意・業務改善勧告と遅延率の悪さ


 同日投稿の事故・トラブル多発のスカイマーク、安全は眼中になしの続きになります。

 スカイマーク 国交省に改善計画書(NHKニュース 6月5日 23時45分)は、再発防止策をまとめた改善計画書を国土交通省に提出したというニュースですが、この改善計画書を提出する羽目になったそもそもの経緯についても触れられています。


 一言で言うと、「安全上の問題が相次い」だということなのですが、より見やすいのはスカイマーク株式会社に対する厳重注意について(平成24年5月22日 国土交通省)です。

スカイマーク株式会社に対する厳重注意について


 スカイマーク株式会社において、以下のとおり平成24年2月から5月にかけて安全上の
支障を及ぼす事態が連続して発生したことから、国土交通省では5月14日から16日まで
同社に対する立入検査を行いました。
 
 その結果、「運航乗務員による基本操作の不徹底及び基準、規定等を遵守する意識の
欠如」、「安全統括管理者を中心とする安全管理体制の不備」及び「社内の意思疎通が
不十分」である実態が認められました。

 このため、別添のとおり本日付けで同社を厳重注意し、必要な対策を講じるとともに、
その具体的な計画について平成24年6月5日までに報告すること等を指示しましたので、
お知らせします。


<スカイマークにおいて発生した安全上の支障を及ぼす事態>

  [1]宮古空港進入時における最低降下高度以下の飛行(平成24年2月25日発生)
  [2]成田国際空港出発時における経路からの逸脱(平成24年2月26日発生)
  [3]成田国際空港到着時における経路からの逸脱(平成24年3月27日発生)
  [4]百里飛行場における滑走路誤進入(平成24年4月22日発生)
  [5]成田空港出発時の主翼防氷装置の誤操作(平成24年5月9日発生)
  [6]運航乗務員の乗務時間及び勤務時間の制限超過(平成24年4月30日から5月1日の間で発生)

 先のNHKの報道によれば、「2年前と6年前にも、運航に安全上の問題があるとして業務改善勧告を受けて」いるわけで、全く改善の兆しがありません。

 これは前回の事故・トラブル多発のスカイマーク、安全は眼中になしで見たように、社風というか、安全軽視が会社方針のようになっていますので、いわば必然です。


 スカイマークのサービスコンセプト「苦情お断り・敬語軽視」はそんなに問題?で書いたように、私は客へのサービスなど取るに足らない話だと思いますが、安全に関しては一歩も引けません。

 その安全面については事故・トラブル多発のスカイマーク、安全は眼中になしで、物事の考え方がまるでなっていないというのが見えました。

 そこで私は「長い目で見れば、安全は収益性と反しません。つまり、安全な運行を続けた方が、企業の利益になります」と書きましたが、スカイマークは視野が狭く、本当にすぐ目の前の小さな事しか目に入っていない気がします。

 そして、それは安全面だけでなく、コストカット策からも見えます。


 格安航空会社LCC、実は薄利多売でなく高収益のところで書いたように、一日に多くの便数を飛ばした方が当然収益は高くなります。

 しかし、スムーズに飛行機を就航させるには、その努力をしなくてはいけません。


 私の一度乗ったスカイマークの飛行機は入り口一つ、かつ通路も一つで、そのたった一つの通路は狭く、人の行き来がかなり困難なものでした。

 さらにスカイマークのサービスコンセプト「苦情お断り・敬語軽視」はそんなに問題?で明記していたような荷物の手伝いはともかく、乗客が入る際の注意などの呼びかけもありません。

 乗客もマナーが悪いのか、席までつくと通路の真ん中に立ったまま(非常に狭いので確かによけるのは難しいのですけど)荷物を上に入れていますから、そこでピタリと列は止まって全く動かなくなります。当然ここでも時間を食いやすいです。(そういえば、後部座席を先に搭乗ってのもやっていなかったかも)

 こういった種々の遅れる要素を抱えながら、全くその対策をせずに、なおかつスケジュールがこの遅れに対処できない、無理なものになっていました。これでは想定通り飛行機を飛ばせるわけがありません。

 お陰で私が乗った便は数十分遅れました(おそらく到着の時点で既に遅れていて、さらに遅れが積み重なってきたんだと思います)。別に私はイライラすることなく、たった一度乗っただけでこれだけのことが見えるんですからむしろおもしろいなぁと思ったのですけど、「ああ、経営陣が馬鹿なんだな」とは感じました。


 一回乗っただけでそんなこと断言できるのか?と言われるとそりゃ確かに早計ではあるのですが、実際これは不幸な例外というケースではなさそうです。

 というのも、スカイマーク遅延率21.88%でワースト1位 国交省12年1-3月期(By Tadayuki YOSHIKAWA 2012年6月4日 18:22 Aviation Wir)という記事が出ていたためです。

 国土交通省航空局(JCAB)は6月1日、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)など特定本邦航空運送事業者8社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2012年1月から3月分を公表した。8社の値を合計した全体の遅延率は前年同期比0.16ポイント増の7.35%、欠航率は1.29ポイント減の0.97%だった。

 遅延率は21.88%のスカイマーク(SKY)が唯一の20%台で1位。機材繰りによるものが18.14%でもっとも多かった。以下、ピーチ・アビエーション(APJ)が10.47%、北海道国際航空(ADO)が10.06%と続いた。

 ただ、"欠航率は2.82%のAPJが1位。機材繰りによるものが2.6%でもっとも多かった。以下、スターフライヤー(SFJ)が1.93%、ADOが1.52%と続"き、傾向は異なります。

 このピーチ・アビエーション(APJ)については、国交省では「3月就航時の1カ月のみの実績値なので、やや高い値になったのではないか」と分析しているようです。


 一覧は以下です。

航空会社 遅延率 欠航率
・JAL 5.71%(6.77%) 0.83%(2.21%)
・ANA 6.28%(5.73%) 1.18%(2.39%)
・JTA 3.70%(5.26%) 0.37%(0.54%)
・SKY 21.88%(17.66%) 0.46%(1.22%)
・ADO 10.06%(12.99%) 1.52%(4.57%)
・SNA 4.86%(8.65%) 0.28%(2.12%)
・SFJ 3.38%(5.78%) 1.93%(2.18%)
・APJ 10.47%(-) 2.82%(-)
* 括弧内は前年同期の値
* 航空会社ごとの合計値は別の資料によるもので上記表の合計値とは小数点以下が一致しない社がある

特定本邦事業者*
・日本航空:JAL(日本航空、ジェイエア、ジャルエクスプレス)
・全日本空輸:ANA(全日本空輸、エアーニッポン、ANAウイングス)
・日本トランスオーシャン航空:JTA
・スカイマーク:SKY
・北海道国際航空:ADO
・スカイネットアジア航空:SNA
・スターフライヤー:SFJ
・ピーチ・アビエーション:APJ
* 客席数が100または最大離陸重量が5万kgを超える航空機を使用して行う航空運送事業を経営する
日本国内の航空運送事業者

 古いのないかな?と探したのですが、ちょっと発見できず。

 2ちゃんねるからの孫引きになってしまいますが、下記の通りです。


遅延率は国内キャリアの中で突出して悪い。そのほとんどが機材繰り要因
スカイマークエアラインの遅延率
※国交省「航空輸送サービスに係る情報公開」より
2011年7~9月 21.37% (7.74%)
2011年10~12月 23.63% (6.34%)
2012年1~3月 21.88% (7.35%)
()無いは国内キャリアJAL,ANA,JTA,ADO,SKY,SNA,SFJ,APJの平均(APJは3月のみ)
欠航率もAPJが出るまではワースト(APJは3月のみデータなので参考だって)

完全にブラックリスト入りしているよ。

 20%台を常にキープ。やっぱり遅延率の高さは、まぐれでなく本物ですね。


 スカイマークがどんな飛行機をどんな基準で選定しているかわかりませんが、単純に安い飛行機を買う(または借りる)だけでは当初の目論見通り安く運航できるとは限りません。

 その他のところでもそうですが、コストダウンするには、ただ質を悪くするだけでなく、逆に質を上げなくちゃいけない部分もあるのです。

 格安航空会社LCC、実は薄利多売でなく高収益で書いたときの記事から見た印象ではありますが、LCCの方が明らかに頭を使っています。(ピーチ・アビエーション:APJのスタートが悪く、そうとも言い切れない雰囲気もありありですけど)

 全体的に考えの浅い会社という感じですね。


 関連
  ■事故・トラブル多発のスカイマーク、安全は眼中になし
  ■スカイマークのサービスコンセプト「苦情お断り・敬語軽視」はそんなに問題?
  ■ベンチャー三銃士 ハウステンボス黒字化の澤田秀雄エイチ・アイ・エス会長
  ■格安航空会社LCC、実は薄利多売でなく高収益
  ■倒産して良かったJAL(日本航空)とANA(全日空)のウォルマート式LCC
  ■その他の企業などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由