Appendix

広告

Entries

進む老化物質研究 C1qとAGEs(最終糖化産物)


 こういう話題で以前書いたのは、超長寿社会は幸せか?1 ~寿命1000歳の世界~超長寿社会は幸せか?2 ~長生きになると何が変わる?~くらいでしょうか?

 不老にも関わってきそうな老化引き起こす物質を特定(6月9日 6時3分 NHKニュース)というニュースがありました。

体の筋肉が衰えるなどの老化を引き起こす物質を、大阪大学の研究グループが特定し、動脈硬化など、老化に伴って起きるさまざまな病気の治療につながる可能性があると注目されています。

この研究を行ったのは、大阪大学の小室一成教授らの研究グループです。
研究グループは、マウスの血液中にある「C1q(シーワンキュー)」と呼ばれるタンパク質が、年をとるにしたがって増えることに注目しました。
そして、若いマウスの足にC1qを注入したところ、筋肉の繊維化が進み、筋力が衰えるなどの老化を引き起こすことが確認できたということです。
また、年老いたマウスからC1qをなくしてしまうと、筋肉の細胞が再生され、若いマウスのように繊維化した部分が少なくなることも確認されました。
これまでC1qは、体内に侵入した細菌などを殺す免疫に関係していることは知られていましたが、老化を引き起こす働きがあると分かったのは今回が初めてです。
小室教授は「C1qは心不全や動脈硬化など、老化に伴って起きるさまざまな病気に関係している可能性がある。免疫でも重要な役割を果たしているため、なくせばよいというものではないが、この物質の働きがさらに分かれば、老化に伴うさまざまな病気を治療できるかもしれない」と話しています。

 強調されていますけど、免疫を弱くしてもダメですからね。程度問題とはなりますが、一歩前進と言えそうです。


 老化物質について検索かけてみると、「C1q(シーワンキュー)」登場以前にはAGEというのがよく出ていました。

 これはAGEsとも表記されるもので、最終糖化産物、糖化最終産物、糖化最終生成物、終末糖化産物などなどとも呼ばれ、ちょっと日本語表記は固まっていない感があります。

 AGEsの説明で良さげだったのは、オールアバウトです。

2011年5月18日に、NHKの人気番組「ためしてガッテン」でアンチエイジングのキーワードとして老化物質AGEが採り上げられていました。AGEはいろいろな物質が発見されていますので、当サイトではAGEsと複数形で表記することにします。


AGEsとは

文字通りに訳せば後期糖化最終産物となりますが、NHKでは終末糖化産物になっていました。advanced glycation end-productsのことです。

タンパク質と糖の間でおこる反応(メイラード反応)で生成された物質です。ブドウ糖がタンパク質に結合するときに、時間と共に数回にわたってブドウ糖の構造が変わって、初期(early)は可逆性だったものが後期(advanced)にはしっかりと結合して離れなくなります。それが最終生産物です。

glycation(グリケーション)とは酵素反応によらない糖化のことで、酵素による糖化glycosylationと区別して用いられます。このことは合併症や老化にとても大きな意味を持ちます(中略)。

私たちになじみのあるヘモグロビンA1cでやさしく解説しましょう。(中略)

健常者では糖化された、つまりメイラード反応をうけたヘモグロビンA1cの割合は4~5%ですが、6.1%以上になれば糖尿病と診断されるのはご承知のとおりです。

このヘモグロビンにブドウ糖が結合する反応は非酵素的に進むもので、ブドウ糖が多ければ多い程、つまり高血糖になればなる程、ヘモグロビンA1cは多くなります。


タンパク質の非酵素的糖化が元凶

私たちの体の中では、数千もの酵素が生きていくための化学反応を円滑に進めています。デンプンのような炭水化物を食べれば、アミラーゼとよばれる酵素が働いて最終的にはブドウ糖に分解されます。これらの酵素による化学反応は生物にとって必要な反応です。

ところが体の中では、酵素によらない、つまり体にとって必要のない反応がおきてしまうことがあります。

このような反応がコラーゲンなどのタンパク質で進行すると、架橋ができてコラーゲンが変質してしまいます。酵素なしの反応はゆっくりとしか進みません。ヘモグロビンのようなタンパク質は120日で入れ替るのでその影響を受けませんが、コラーゲンや目の水晶体のタンパク質は入れ替るのがとても遅いので、血管が傷んだり、皺(しわ)がよったり、白内障になったりと影響がでてきます。

高血糖状態が続くと、このAGEsが蓄積して、やがて合併症が現われるという仮説が有力です。体の中で酵素なしにタンパク質とブドウ糖が結合して架橋をつくりだす反応にメイラード反応とよばれる反応があります。

さて、老いることも高血糖を続けることもAGEsを蓄積することだと考えられるようになりました。食品を調理することも、タンパク質やアミノ酸に糖をまぜて加熱する操作ですから、加工食品にはメイラード反応で出来たAGEsがたくさん入っています。食べたAGEsは昔は吸収されないとされていましたが、今は体が吸収することが分かっています。

 でも、まあ、大体の食べ物は調理しないで食べるわけにはいきません。なるべく生のまま食べた方が良いってことですかね?刺身?生肉?レバー?

 レバ刺し(牛レバー)の生食も禁止?生レバーでO157を初確認 マンナンレバーのチャンス到来かなんて書きましたけど、レバーは今苦境を迎えていますし、それはそれで危険性があります。結局、これといった解決策はまだないのかもしれません。


 関連
  ■超長寿社会は幸せか?1 ~寿命1000歳の世界~
  ■超長寿社会は幸せか?2 ~長生きになると何が変わる?~
  ■お酒で老化
  ■お酒で老化を防止
  ■その他の医療・病気・身体について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由