Appendix

広告

Entries

猫は寄生虫で人を操っている!?トキソプラズマの症状


 ネコが人を元気にする科学的な根拠 寄生虫のなせる技?(要登録 日経ビジネスオンライン 2012年4月16日 石弘之)はちょっと怪しい話も混ざっていましたが、いろいろな寄生虫の話です。

 私が取り上げるのはそのうち表題になっている猫の件です。


 昔からネコは、幸運や商売繁盛を呼び込む「福ネコ」としてかわいがられ、魔除けや疫病払いの効果があるとされてきた。一方で、「妊婦がネコを触ると流産する」とする警告もある。ほとんどは、ペットの癒し効果とか、迷信として片付けられてきた。しかし、この2~3年、欧米の研究者からネコのもつ不思議な力の源泉が、病原体の原虫にあるのでは、とする説が提唱されるようになった。

 いかにもウソっぽい話なのですが、一応"まっとうな研究者がかかわっているので「トンデモ説」と無視できないところがミソだ"とのことです。

 くだんの寄生虫の名前は、トキソプラズマと言います。なんかの技名とか現象の名前とかみたいだと思いましたが、寄生虫です。

 人間への感染の仕方は、「シスト(膜で包まれた休眠中の原虫)で汚染された食肉やネコのフンを介した経口感染が主」だそうです。


 トキソプラズマに感染した人間はどうなるか?と言うと、「トキソプラズマに操られて、ドーパミンによって脳内の化学物質の伝達の一部が変えられている、とする研究論文が増えている」そうです。

 ドーパミンについても記事で説明がありました。

 ドーパミンは、脳内で神経伝達物質の1つとして極めて重要な役割を果たしている。「脳内麻薬」ともいわれ、人が快感や感動を覚えたときに脳内で放出される。スポーツ観戦で興奮したり音楽を聴いて感動したりしたようなときに、脳内でドーパミンが放出されることは実験的に確かめられている。「自己啓発本」などでは人気のあるテーマだ。

 ドーパミンの役割は、興奮作用のほかに行動を起こす場合の動機づけとして分泌されることも、明らかになってきた。人は無意識のうちに行動を起しているようでも、それぞれの状況でその行動が必要だと判断して動く。このときに、脳内でドーパミンが分泌されるのだ。

 この分泌の多いと、食欲や性欲がわき、やる気がみなぎり、意欲的に生活することができる。ふだんから分泌量の多い人は、あきっぽくてつねに新たな刺激を求め、冒険や探検、転職や転居が大好きで、恋人や自動車をひんぱんにかえ、スリルを求めるタイプだ。

 (中略)脳内のドーパミンの分泌量が少ないと、行動の動機づけも減って意欲が低下し、運動機能が低下する。うつ状態になったり引きこもったりする。分泌量の少ない人は、冒険より安定を好み、急に行動を変えるのが苦手なタイプだ。ドーパミンのレベルが極端に下がると、「手足の震え」や「仮面のような表情」が特徴のパーキンソン病の原因にもなる。

 しかし、このドーパミン、最初の掴みの部分で「妊婦がネコを触ると流産する」という悪い言い伝えも例示していたように、良いことばかりではありません。

分泌が過剰になると、言動は異様にハイになり、リスクを恐れなくなって交通事故などが多くなる。日常生活のなかで俳優のような演技的な行動をする「演技性パーソナリティ障害」も起こす。自分が注目されないと、自己破壊的な行動に出ることもある。「統合失調症」はドーパミンの異常分泌がかかわっているともいわれる。

 流産の話はドーパミンというよりは、寄生虫なのかな?下記の通りです。

多くはないが妊婦が感染して流産などを引き起こすこともある。(中略)妊婦は庭の土や砂場の砂などでネコのふん尿に触れないよう用心する方がよい、と専門家は忠告している。

 そもそもこのトキソプラズマの役割としてかつて知られていたのは、ネズミの行動を狂わす効果です。


 健康なネズミはネコの尿の臭いには敏感で、ネコの出没する場所は避けて行動する。天敵のネコに食べられないような回避行動を身につけたのだ。ところが、ネコのフンを食べることなどでトキソプラズマに感染したネズミは、行動が変わってしまう。ネコの尿の臭いに誘われるようにうろうろ徘徊して、ネコに食べられやすくなる。食べられれば、原虫はふたたびネコの体内に戻って繁殖の場を確保できる。つまり原虫は、繁殖のためにネズミを操っているのだ。

 だが、なぜネズミの行動が変わるのかはナゾとされてきた。近年トキソプラズマのDNAの解析が進んだ結果、脳内物質のドーパミンの合成に関与する酵素の遺伝子があることが突きとめられた。この原虫に寄生されたネズミは、ドーパミンを分泌して「威勢よくなって」をネコを恐れなくなったというのが仮説である。

 "「威勢よくなって」をネコを恐れなくなった"という説明は何となく違和感が残りますが、「脳内物質のドーパミンの合成に関与する酵素の遺伝子」の方は確実そうです。


 ここまで読んで、猫を飼っている方で「そう言えば、最近やる気が出る」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、「放し飼いにしているものは感染の機会がある」ものの、「室内だけで飼って、ネコ砂とキャットフードで育てられているネコに感染することはほとんどないといわれる」そうです。

 しかも、「健康な成人の場合には、感染しても症状がないか、軽いカゼのような症状が出るぐらいだ」そうです。

 とすると、日経ビジネスオンラインの記事タイトルはやや大げさ(私の今日のタイトルの方が大概大げさですが)となりますが、まあ、確率が上がるということくらいは言えそうです。

(追記:トキソプラズマは女性の天敵?妊娠の問題だけじゃなく自殺もで引用したものはちょっとニュアンスが違いました)


 この症状が出る・出ないの話は別として、日本での推定のトキソプラズマ感染率は20~30%だそうです。

 おもしろいことにこの感染率は地域によって大きな差が見られ、「韓国で国民の6%だが、ガーナでは92%」とのこと。猫の多さや食生活の違いでしょうかね。韓国って猫いないんでしょうか?


 また、トキソプラズマに感染している人は世界人口の3分の1程度と推測されています。

 日本での感染率はほぼ世界の平均、あるいはやや下といった程度ですが、放し飼いの猫を飼っている確率よりは高いのではないかと想像します。

 これはちょっと不思議です。ネコ以外に生肉感染がありますが、こちらも日本では多くありません。


 既に書いたようにこの病気は無理して掛かるようなものじゃありませんが、掛からないようにと神経質になりすぎるのもまた害がありそうです。


 とりあえず、ポイントとしては、

・肉は-20度に冷凍するか66度以上に加熱すれば、感染力はなくなる。(原文は「20度に冷凍する」ですが、「-20度」のことだと思います)

・庭の土や砂場の砂などでネコのふん尿に触れない。

 の二点ですので、気になる方は注意してみてください。

(ここまで4月22日に下書きを書いていたのですけど、パソコン内を整理しているとトキソプラズマの古い記事が出てきました。過去に読んでいたのに忘れていたみたいです。

 元ページが見つからないのですが、JAPAN JOURNALS LTDの"9/22 ネコを飼うと性格が変わる!?――寄生虫が人間の精神面に影響!"(2003年)という記事。

"ネコの病気として知られている「トキソプラズマ症」の原虫は、人間にも感染し、特に妊婦に感染した場合、胎児に深刻な障害が出る危険性はよく知られているところ。英国、アメリカ、チェコの科学者らが協力して、394人の男女を対象に、トキソプラズマの感染率と個人の性格との間の相関関係を調べたところ、これに感染した女性は社交的になり、自分の容貌により気を遣い、愛情豊かで性的魅力が増し、それにともない男性関係も活発になるが、反面、信頼するに足りなくなる傾向が強まるという。一方、男性の場合は規則に従うのを嫌い、反社会的行動に走りやすくなるとともに、嫉妬深く、女性から見てあまり魅力的ではなくなるということが分かった。

 トキソプラズマはネズミを介して、ネコだけでなくあらゆる哺乳動物に感染するが、繁殖するのはネコの腸内においてのみとされている。(中略)

 感染している人の反応速度は遅くなるために、自動車事故を起こす確率は健康な人の2.7倍とされている。"

 記事には「性格にまで影響を与える可能性について触れたのは、今回の調査が初めてという」ともあり、人間の行動への影響を想定した研究の端緒だったようです) 


7/7追記:さらに違う危険性も指摘され、結構たいへんなのかもというものだったので、トキソプラズマは女性の天敵?妊娠の問題だけじゃなく自殺もも書きました。

11/10追記:メールでリンク紹介をいただきました。ありがとうございます。

うつぎ・れいの面白雑情報群
( 2006.2.17. 記 )
トキソプラズマに寄生されたが故に“ネコ好き”になった人々のパーセンテージや如何に?
http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/info/informations.htm#057

 こちらでは"人類の凡そ50%もが既にトキソプラズマに感染してるのかも知れない"とありましたが、日付を見てわかる通りかなり古いものです。)


 関連
  ■猫が人をなめる意味
  ■猫が獲物を飼い主に見せる理由
  ■木登り猫救出ニュース集
  ■猫の毛色の遺伝子
  ■犬と猫と魚の痛覚
  ■その他の動物・生物について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由