Appendix

広告

Entries

脱「脱官僚」・脱官僚批判が招いた消費税増税


 国民は株主、政治家は社長、官僚は社員であるを書いたのは、実は脱官僚の話を書きたかったためです。


 この脱官僚の見方は本当に様々で、「脱官僚」や途中から「脱官僚依存」を掲げた民主党の鳩山由紀夫政権、菅直人政権、野田佳彦政権それぞれに対しての脱官僚評価も異なります。

 一般的には鳩山由紀夫政権の最初は脱官僚、野田佳彦政権は脱「脱官僚」とされるでしょうし、真ん中の菅直人政権がそうであるように、全政権に両方の見方が出ています。

 これをやる前まで、さすがに野田佳彦政権を脱官僚的だなんて言う人はいないだろうと思っていましたが、実際には今年に入ってからもそう書いている人がいましたので、すべての政権で両方の見方があるというのは事実だと思います。


 ここらへんの私見はあとで書きますが、この評価とともに難しいのが消費税増税です。これは一般的に官僚(というよりは財務省)の悲願だと言われています。

 そうやって脱官僚と絡めて消費税増税を書いちゃうのはいささか乱暴なところがありますが、一般的にはそういう見方をされているというのは事実です。

 今回これを書こうと思ったのは勝栄二郎次官は異例の在任3年目に突入 財務省も懸念する消費税増税“完勝”の結末 (要登録 ダイヤモンド・オンライン 2012/7/5 山田厚史 [ジャーナリスト 元朝日新聞編集委員])という記事のせいですが、ここでは下記のようにありました。
 小沢一郎の離党で民主党は大騒ぎだが、参議院に送られた消費税法案の成立は動かない。政局が荒れようと政党が揺らごうと消費税だけは通す。揺るぎない執念で増税を画策した財務省の完勝である。

 また、やや陰謀論的な嫌いがありますが、財務省が政治を操っているという話も書かれていました。これもよくある見方です。
 自民党政権は、自民党と官僚の連立だった。民主党は「脱官僚」を掲げながら何もできず、官僚に取り込まれ官僚との連立を組まされた、と言っていいだろう。党内対立や野党対策で落ち着かず、政策は官僚に丸投げし、国会対策まで財務省に頼り切る結果となった。

 権力者の経験がない民主党には野党対策のノウハウはなかった。財務省は自民党時代から政治家と表裏一体になって国会対策を支えてきた。

(中略)

 野田佳彦は藤井裕久民主党最高顧問による「一本釣り」だった。財務省OBの藤井は飲み友達だった野田を財務官僚に引き合わせ、政権交代で藤井が蔵相になると主計担当の副大臣に起用した。

 自民党総裁の谷垣禎一も、財務省が手塩にかけて育てた政治家である。財務省は長時間かけてシンパとなる政治家を養成する。有望と見ると担当者を決めて、御用聞きに当たるほど周到な体制ができている。

 さすがに今のような状態で脱官僚批判や、官僚支配が望ましいと言い出す人はいないでしょうけど、この消費税増税に限らず、官僚が中心となる政治はおかしいと思います。

 ここから私の考えになりますが、「脱官僚」またはより適切かもしれない「脱官僚依存」は間違っていないと思います。


 前回書いた国民は株主、政治家は社長、官僚は社員であるで、国民が選んでいるのは飽くまで政治家であって官僚ではありません。官僚は国民の承認を一切受けていません。

 また、前回のところでいただいたコメントでは「代議士という言葉がまさに表しているように、政治家というのは国民の代行者なんだ」といった話もありました。ここでも国民の意志というのが重要になります。

 ちょっと書いた次官が社長の役割をしてしまう……というのは、こういう意味でたいへんマズい行為です。

 また、前回企業は別にボトムアップ型でも良いと書きました。この場合もその選択は取締役らの意向であるわけで、上からの意志が示されているのには違いないのですが、政治でこれを選択して良いかと言うと、同じ理由でマズいです。


 前回「政治家に命運を託しちゃっている」という話を書きましたけど、これは全面的に委ねるものであって良いとは考えていません。

 すべての政策決定を事前に指示するのは不可能ですので、細かな政策については政治家に委ねなくてはいけない面があるものの、通常は公約がありますのでそちらで国民は間接的に政治家のやることを指示しているわけです。

 実際には公約を意図的に隠す選挙戦術で当選してしまう人も多く、そうなると何をやっても構わないと言っているに等しく、現状はたいへん危険になっています。

 今回の消費税増税でもそうですが、国民は公約を重視しているんだということを態度で示すようにしないと、永遠に公約は守られません。


 ちょっと話が逸れましたが、前述の理由で政策を主導するのは飽くまで国民の意志を背負った政治家でなければいけません。

 しかし、「それをやろうとして鳩山由紀夫政権はうまく行かなかっただろう?」と思われるかもしれません。

 で、私の考えですが、鳩山由紀夫政権のやったことは脱官僚ではなかったと思っています。


 国民は株主、政治家は社長、官僚は社員であるのたとえで言うと、鳩山由紀夫政権のやったことは社員を使わずに社長(や取締役ら)だけですべてやろうとしたという無謀な行為です。それでうまく行くわけがありません。

 すべての会社でこういうやり方をしているわけではありませんが、最初に会社の目標を決め、それを実現するための目標を各部門で決め、それをさらに実現するために課の目標、個人の目標という風にブレイクダウンしていくやり方があります。

 政治家は大まかな方針を決めて、それに添って組織が動いていくように努めることであって、何から何まで決める必要はありません。


 大目標の具体化の際にも社員の助力を借りたって良いんですし、むしろ社員の出す情報なしでどうやって判断するのかと不思議に思います。

 どうも「社員の力を借りない」「社員の言われるままに動く」という極端な二通りしか頭にないような気がします。大切なのはいかに社員の力を借りて、目標を達成するかです。

 脱官僚は官僚を除外することじゃありませんし、官僚イジメをすることでもありません。官僚にうまく働いてもらって、国民と約束した目標を達成することです。


 そういう意味で野田佳彦政権は到底脱官僚的だなんてことは言えませんし、官僚支配と言うか、より具体的に財務省支配だなんて言われてしまうのは無理からぬことだろうと思います。 →  消費税増税では財政健全化できないに続く。


 関連
  ■国民は株主、政治家は社長、官僚は社員である
  ■公務員制度改革の歴史と古賀茂明1 ~安倍晋三政権時代~
  ■消費税増税に反対・棄権・欠席した民主党衆議院議員
  ■消費税増税反対の小沢系,理解できないという世論調査の結果
  ■自民党の消費税増税戦略は正しかった
  ■その他の政治(時事)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由