Appendix

広告

Entries

チョコレート消費量世界一ランキング 1位はアメリカ?フランス?ベルギー?日本?


 2011年10月というずいぶん前の話ですが、ベルギーチョコソフト試食会の感想の中でチョコレートの国 ベルギー(2010年8月)が読まれないという話を書きました。

 これは今でもあまり変わっていません。


 ただ、投稿後は普通どんどん読まれる数が少なくなるのに、この記事は地味に粘っています。

 そこで「気が向けば整理するかもしれません」と書いた箇条書きのベルギーチョコソフト試食会の感想の一部を、少し話を膨らませて一記事にしてみます。


 私の参加したベルギーチョコソフト試食会では、最初にパワーポイントみたいなので、プレゼンテーションがありました。

 それで一つおもしろかったのが、チョコレートの消費量の話です。


 これはチョコレートの消費量1位はどこだと思います?というクイズ形式で聞かれたんですけど、その中で名前の出たものや口頭で説明のあったものが判明しています。

 元データは2007年の日本チョコレート・ココア協会だそうで、まあ、わざわざそうやってクイズにしたんですから、当然ベルギーが1位です。

 ベルギー人のチョコレート消費量は、10.1kg/年だそうです。

 一方、日本人は2.2kg/年ですので、およそ5倍。日本人もチョコレート好きでそうですが、勝負になりません。


 もう正確な質問内容は覚えていませんが、単にチョコレートの消費量って聞き方だったらそう言うかもしれないなという、中国という回答もありました。

 しかし、中国人は僅かに0.1kgだそうです。極端に少ないです。(実は中国のメモはたいへん汚い字だったのですが、「中」と読めました。前述のようなやり取りの記憶もありますので、おそらく中国のデータで間違いないかと)

 メモも「kg/年」でメモしていましたが、これはもちろん1人当たりですあり、「kg/人・年」とした方が良いかもしれません。

・ベルギー 10.1kg/人・年
・日本 2.2kg/人・年
・中国 0.1kg/人・年

 他に名前の上がったものでは、フランス人が6.7kg、甘いモノばかり食べていそうなアメリカ人が5.2kgでした。

・フランス 6.7kg/人・年
・アメリカ 5.2kg/人・年


 ただね、これを今になって調べ直してみると、全然違う結果になっていてびっくりなんですよ。


 検索して出てきたのは、日本チョコレート・ココア協会の国際菓子協会/欧州製菓協会2009年のデータ。

 年度は異なりますが、同じところですね。

 こちらによると、何とベルギーは5.0kg/人・年しかありません。

 10.1kg/人・年から、いきなり半減。僅か2年で何があった、ベルギー?


 日本を見てみると、2.2kg/人・年 → 2.1kg/人・年 と超安定。算出方法が異なったわけではなさそうです。

 他に名を挙げたところも、

・中国 0.1kg/人・年 → 不明
・フランス 6.7kg/人・年 → 6.4kg/人・年
・アメリカ 5.2kg/人・年 → 5.2kg/人・年

 と安定しています。

 まあ、そりゃあ、2年で激変しませんものね。不思議です。

 データを取り違えていたのか、カカオの輸入に問題が生じたのか、禁チョコレート令みたいなのが施行されたのか……謎です。


 とりあえず、ランキング化してみると以下のようになります。

1位  ルーマニア  15.4 kg/人・年
2位  ドイツ    11.3 kg/人・年
3位  イギリス   10.9 kg/人・年
4位  スイス    10.4 kg/人・年
5位  ノルウェー  9.6 kg/人・年
6位  デンマーク  7.4 kg/人・年
7位  フィンランド 6.8 kg/人・年
8位  フランス   6.4 kg/人・年
9位  スウェーデン 6.1 kg/人・年
10位 アメリカ   5.2 kg/人・年
11位 ベルギー   5 kg/人・年
12位 ポーランド  4.4 kg/人・年
13位 ギリシャ   3.6 kg/人・年
14位 ハンガリー  3.6 kg/人・年
15位 オーストリア 3.5 kg/人・年
16位 イタリア   3.5 kg/人・年
17位 スペイン   3.3 kg/人・年
18位 ポルトガル  2.9 kg/人・年
19位 アイルランド 2.8 kg/人・年
20位 ブラジル   2.6 kg/人・年
21位 日本     2.1 kg/人・年


 表には他に2ヶ国ありましたが、チョコレートの消費量は不明であり、見ての通り21カ国しかありません。

 以前調べていなかった国が入って順位が入れ替わったってのならありそうですが、5kg以上も減ってしまうというのはやはり不思議ですね。


 まあ、とにかく1位はルーマニアという意外な国。おめでとうございます(?)。



 2位、3位はドイツ、イギリスという馴染みのある国で、4位はベルギーと同じくチョコレートの有名な国スイス。



 日本人は全然食べていなくって、この中では最下位です。もっと好きなんだと思っていました。

 何だか残念ですが、日本人もチョコレートをもっと食べましょうということで、日本のチョコの写真も貼って終わります。

↓私は北海道出身ですし、ロイズを推しておきます。


 関連
  ■ベルギーチョコソフト試食会の感想
  ■チョコレートの国 ベルギー
  ■問題19 貯古齢糖は何と読む?の答えと 問題20   ~漢字クイズ1 食べ物編~
  ■ベルギーチョコソフト 感想
  ■ベルギーチョコプリン 感想
  ■その他の食べ物・嗜好品について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由