Appendix

広告

Entries

レーザー核融合「全世界の消費電力ができた」は間違いか?


 アメリカでレーザー核融合成功報道は誤報の疑いでいただいた下記のコメントの件。

> この記事の件ですが、そもそも一年位前にアメリカとイギリスが全世界の消費電力を賄えるレーザ核融合に成功したとかいっていませんでしたっけ?
> 500TWという、レーザ兵器の10万倍もあるようなレーザのほうがむしろ驚きなのですが。

 後半に関しては、アメリカのレーザー核融合で500テラワット(TW)を供給の誤訳可能性でやりました。

 今日は気になる前半部。


 元ネタはアメリカ&イギリス「レーザー核融合で全世界の消費電力と同じ量できた」 神すぎワロタ 原発捨ててくるっぽいですが、実は元スレの時点で、

750 : 名無しさん@涙目です。(兵庫県): 2011/09/12(月) 20:31:58.85 ID:JZQK6Dyl0
これスレタイが間違ってるな
レーザーから全世界の電力と同じだけのエネルギーを放出させて核融合させたってことだな

 と書かれていました。

 これは今回のアメリカでレーザー核融合成功報道は誤報の疑いと同じような勘違いって指摘のように見えます。


 また、これの場合もともとスレ立ての時点で次のような引用があります。

レーザー核融合って何?

(中略)

レーザー核融合とは

レーザー核融合では、まず強力なレーザー光をミリメートルサイズの球殻燃料ペレットに均一に照射します。高圧のプラズマができ中心に向けて球殻燃料が加速します。これにより燃料が圧縮(爆縮)し固体密度の数100−1000倍以上の超高密度状態を作ります。効率よく高温・高密度状態を作るには均一な爆縮が必要となります。高密度圧縮とは独立に1000兆ワットにもなる超高強度レーザーで外部から瞬間的(1000億分の1秒以下)に超高密度プラズマを効率的に加熱・点火することができます。高速点火法と呼ばれ、高密度爆縮と加熱を独立に最適化でき、高い核融合利得が期待されている先進的点火方法です

大阪大学レーザーエネルギー学研究センター

 こちらも1000兆ワットという高出力レーザー(ここでは超高強度レーザー)は、やはり「外部から」であるように読めます。


 問題は元記事ですので、そちらを見ます。
Is 'laser fusion' the future? Britain and U.S. join forces as laser flash releases more power than the whole world was using
By Rob Waugh
UPDATED: 02:06 GMT, 10 September 2011

Britain has joined forces with America to investigate a hi-tech new way of producing 'clean energy' - not from wind or waves, but from firing huge arrays of high-powered lasers at pellets of hydrogen.

The process causes the hydrogen atoms to fuse together into helium - the same reaction found in hydrogen bombs and stars such as our Sun - but in a controlled reaction that could power homes and businesses.

Recent experiments at America's National Ignition Facility (NIF), have produced huge bursts of energy from the technology - using a stadium-sized building housing an array of 192 lasers which fire a 500-terawatt flash at a drop of hydrogen atoms just 1mm across.

For the instant during which NIF's laser is fired, it uses more power than the electricity consumption of the whole of America. But the returns are increasing.

In an experiment this week, a burst of power was released from the fusion reaction that was equivalent to the entire world's consumption.

The UK company AWE and the Rutherford Appleton Laboratory have now formally joined forces with the American facility, in a meeting at London's Royal Society.

This is an absolutely classic example of the connections between really high-grade theoretical scientific research and a fundamental human need: our energy supply,' said David Willets, the UK's science minister.

Controlled' nuclear fusion - the reaction in a hydrogen bomb is uncontrolled - is a Holy Grail of clean energy that scientists have sought to crack since the Fifties.

Recent breakthroughs in America have drawn closer to the technology's final aim - a reaction that produces more energy than is put in to achieve it.

Previous UK approaches to nuclear fusion have focused on a different technology - magnetic containment fusion, in which a doughnut-shaped 'torus' houses a stream of circling atoms heated by huge towers firing particle beams to many times the temperature at the centre of the sun.

The huge JET (Joint European Torus) facility outside Oxford has achieved reactions which release energy, but has never achieved 'break even' - the point at which the amount of energy released by the fusion reaction is equal to the energy put in.

But magnetic containment fusion is extremely expensive - a new reactor planned for Europe was budgeted to cost more than the Large Hadron Collider, and could be the most expensive science project since the International Space Station.

Laser fusion was expected to take longer to achieve than magnetic containment fusion, but recent results from NIF have hinted that the break-even point in laser fusion might happen earlier than was thought possible. A similar project in the UK, called HIPER, the High Power Laser Energy Research began work in 2005.

'NIF director Ed Moses said, 'Our goal is to have ignition within the next couple of years.'

Ignition would be a self-sustaining reaction that would release vast amounts of energy far surpassing the 'break even' point.

Last week, a single shot of NIF's laser released, for a tiny fraction of a second, more power than was being consumed in the entire world.

To hit the point of 'ignition', that energy release needs to rise by a factor of around 1,000. The technology challenges are considerable.

John Parris, of Europe's HiPER project, said 'This is save-the-world science. Fusion is the only serious answer to future energy demands - this is the energy Holy Grail. The human race has a massive, ravenous demand for power. Fusion will be an ideal solution in the clean energy mix for the future.'

NIF, however, is working already. The facility uses pellets of the hydrogen isotopes deuterium - found in 'heavy water' - and tritium, and fires lasers to compress the pellets to a few hundredths of its starting size.

The reaction fuses the atoms into helium atoms, and releases fast-moving subatomic particles called neutrons which can be used to heat water and drive steam turbines.

NIF estimate that a fully functioning laser fusion plant would need to use 10 hydrogen fuel pellets per second, firing the laser array each time. So far, the plant has only fired 305 times in total, using energy stored in huge battery-like capacitors.

For a long period, NIF's vast power means the facility could only be fired once a month.

Fusion is not, however, uncontroversial. The NIF is also associated with weapons programmes in the US - the process of fusion is also used in hydrogen bombs, and NIF works with America's Stockpile Stewardship and Management programme, designed to ensure its nuclear arsenal stays active.

Environmental groups such as Greenpeace claim that research into fusion diverts funding from research into proven technologies such as wind and wave power.

 長っ。

 で、前と同じくエキサイト翻訳です。

「レーザー核融合」は将来ですか。レーザー閃光が全世界が使用していたより多くの力を放つとともに、英国と米国は協力します。
By Rob Waugh
UPDATED: 02:06 GMT, 10 September 2011

「クリーンエネルギー」を生産する先端技術の新しい方法を調査するために、ブリテンはアメリカと協力しました-風または波からではなく水素の小球に高性能のレーザーの巨大な配列を発砲することから。

そのプロセスは、ヘリウム(私たちのサンのような水素爆弾および星で見つかった同じ反応)へ、だが家とビジネスに動力を供給することができる制御反応で水素原子をともに融合させます。

アメリカの国立点火施設(NIF)の最近の実験は、技術からエネルギーの巨大な爆発を引き起こしました。水素原子の低下に500のテラワット・フラッシュを単に1mm横切って発砲する多くの192のレーザーを収容する競技場サイズの建物を使用します。

NIFのレーザーが発射される瞬間の間、それはアメリカの全体の電力消費より多くの力を使用します。
しかし、そのリターンは増加しています。

今週の実験では、力の爆発は、全世界の消費と等価だった核融合反応から放されました。

英国会社AWEおよびラザフォード・アップルトン研究所は、形式的にロンドンの英国学士院の会で、アメリカの設備と今協力しました。

これは、絶対に実際に高度の理論的な科学的調査と基本の人間必要の間の接続の典型例です:
私たちのエネルギー供給。」デビッドWillets(英国の科学大臣)は言いました。

コントロールされた」核融合(水素爆弾中の反応は抑制されません)は、科学者がフィフティーズ以来割ろうと努力したクリーンエネルギーの聖杯です。

アメリカの最近の突破口は技術の究極目的に接近して引きました-それを達成するために入れられるより多くのエネルギーを生産する反応。

核融合への前の英国のアプローチは異なる技術に注目しました-磁気封じ込め融合(その中でドーナツ形の「トーラス」は太陽の中心に多くの倍の温度への粒子線を発砲する巨大なタワーによって熱した原子を囲む流れを収容する)。

オクスフォードの郊外の巨大なJET(ジェット)設備は、エネルギーをリリースするが達成していない反応を達成しました「損得なしになる」-核融合反応によってリリースされたエネルギー量がエネルギーと等しいポイントは行きました。

しかし、磁気封じ込め融合は非常に高価です。ヨーロッパのために計画された新しいリアクターの予算は大型加速器を越えるものを要するために立てられました。また、そのリアクターは国際宇宙ステーション以来最も高価な科学プロジェクトでありえます。

レーザー核融合が磁気封じ込め融合より達成することがより長くかかると予想されました。しかし、NIFからの最近の結果は、レーザー核融合中の損益分岐点が可能であると思われたより早く起こるかもしれないと暗示しました。
HIPERと呼ばれる英国の同様のプロジェクト、高パワーレーザー・エネルギー・リサーチは2005年に仕事を始めました。

「NIF管理者エド・モーゼズは言いました、「私たちのゴールは次の2、3年以内の点火を持つことです。」

点火は、遠くに越える広大なエネルギー量をリリースする、自立する反応になるでしょう「損得なしになる」ポイント。

先週、NIFのレーザーの単一鋳造は、1秒の小さな数分の1のために、全世界で消費されていたより多くの力を放ちました。

「点火」のポイントを打つために、そのエネルギー放出は約1,000の因数だけ上昇する必要があります。技術の挑戦は相当です。

ヨーロッパのHiPERプロジェクトのジョン・パリスは言いました「これは保存世界科学です。融合は将来のエネルギー需要への唯一の重大な答えです。これはエネルギー聖杯です。人類は、力の大規模で貪欲な需要をしています。融合は、将来のクリーンエネルギー・ミックス中の理想的な解決になるでしょう。」

しかしながら、NIFは既に働いています。設備は、水素同位体重水素(「重水」に見つけた)およびトリチウムの小球を使用し、少数への小球を圧縮するためにレーザーを発射します、それがサイズを始めることのうちの100分の。

その反応は、熱くなるために使用することができるニュートロンと呼ばれる高速の亜原子粒子が給水するヘリウム原子およびリリースの中への原子と駆動蒸気のタービンを融合させます。

毎時間レーザー配列を発射して、毎秒10個の水素燃料小球を使用するために、完全に機能するレーザー核融合プラントが必要とするNIF評価。これまでのところ、プラントは、巨大なバッテリーのようなコンデンサーに格納されたエネルギーを使用して、単に合計の中で305回発射しました。

長い期間の間、設備がただそうであるに違いあるNIFの広大な冪平均は月に一度発射しました。

しかしながら、融合は論争の的になっていません。NIFも米国で武器プログラムに関係しています。融合のプロセスも水素爆弾の中で使用されます。また、NIFはその核兵器保有量が活発に続けることを保証することを目指して、アメリカのストックパイル管理および管理プログラムで働きます。

グリーンピースのような環境運動グループは、風と波力のような証明された技術についての研究から融合についての研究が資金調達を流用すると主張します。

 気が進まないのですが、また一部を訳してみます。

 とりあえず、タイトルの"Is 'laser fusion' the future? Britain and U.S. join forces as laser flash releases more power than the whole world was using"。

 エキサイト翻訳は"「レーザー核融合」は将来ですか。レーザー閃光が全世界が使用していたより多くの力を放つとともに、英国と米国は協力します。"となっています。

 こちらはアメリカのレーザー核融合で500テラワット(TW)を供給の誤訳可能性と比べると、期待させるものですね。


 じゃあ、訳。

 "laser fusion"は間違いなく「核融合」。

 "as"がわからりません。「として」じゃ変だと思います。

"Is 'laser fusion' the future? Britain and U.S. join forces as laser flash releases more power than the whole world was using"

 は、

"「核融合」は未来の話?イギリスとアメリカ、全世界で使われる電力以上のレーザーフラッシュの放射に協力"

 という感じかな?


 本文のポイントっぽいところも。

 今年話題になっているNIFの話の辺りが大切そうです。
For the instant during which NIF's laser is fired, it uses more power than the electricity consumption of the whole of America. But the returns are increasing.

In an experiment this week, a burst of power was released from the fusion reaction that was equivalent to the entire world's consumption.

(中略)

Last week, a single shot of NIF's laser released, for a tiny fraction of a second, more power than was being consumed in the entire world.

 "burst of power"を何と訳して良いやら。普通"burst"は「爆発」なんですけど、検索してみると核融合反応で「爆発」は不適切とか何とか。

For the instant during which NIF's laser is fired, it uses more power than the electricity consumption of the whole of America. But the returns are increasing.

NIFのレーザーが照射されるほんの一瞬で、アメリカ全土の消費電力より多くの電力を使用します。しかしながら、そこから得られるリターンは増加してきています。

In an experiment this week, a burst of power was released from the fusion reaction that was equivalent to the entire world's consumption.

今週の実験において、融合反応により放射された出力は、全世界の消費電力と同等でした。

(中略)

Last week, a single shot of NIF's laser released, for a tiny fraction of a second, more power than was being consumed in the entire world.

先週、NIFのレーザー1回の照射は、ほんの一瞬の間に、全世界で消費されるより大きい出力が放射されました。

 "power"は出力や電力としました。単位はWです。通常電力は"electric power"のようです。

 電力量の単位は、JやWhなどが用いられます。通常電力量は"electric energy"。こちらは時間の概念が含まれます。


 で、上記のように訳したわけですけど、これは「レーザー核融合で全世界の消費電力ができた」ように読めますね。

 と言うか、アメリカのレーザー核融合で500テラワット(TW)を供給の誤訳可能性でも書いたように、あのNIFのレーザーの話はこの時点でできていたんじゃない?と思わせるもので、さっぱりわかりません。

 こちらもよくわからないので、誰か解説してください。


 追加
  ■レーザー核融合で世界初の自己加熱 核融合炉・核融合発電は目前なの?

 関連
  ■アメリカでレーザー核融合成功報道は誤報の疑い
  ■アメリカのレーザー核融合で500テラワット(TW)を供給の誤訳可能性
  ■消費電力と消費電力量(kWとkWh)の違い
  ■ニセ科学疑惑のEM菌 授業に使われて問題に
  ■アポロ11号の月面着陸はなかったという疑惑(副島隆彦説)
  ■その他の科学・疑似科学について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由