Appendix

広告

Entries

インフル特措法ではなく新法…で新型コロナウイルス対応遅れる


2020/03/05:
●インフル特措法ではなく新法…で新型コロナウイルス対応遅れる
●民主党時代のインフル特措法、自民党は全員反対でメンツの問題か?
●集団的自衛権や検事長定年延長でした解釈変更、新型コロナウイルスではせず
●自民党のメンツにこだわって時間がかかる方法に執着する安倍首相
●使えないと主張のインフル特措法、実は安倍政権もこっそり使っていた
2020/03/18:
●安倍首相、「今回のウイルスには適用できない」と明言していた
●「未知のウイルス」と言った4日後に「既知の感染症」で発言ブレブレ
2020/04/04:
●マスクを備蓄していたのは、そもそも民主党政権のおかげだった
●野党は1月から新感染症への指定を求めていたのを拒否って本当?


●インフル特措法ではなく新法…で新型コロナウイルス対応遅れる

2020/03/05:数日前にテレビのニュースで、野党が「緊急事態宣言」に関する話をしていたものの、ニュースではほとんど説明がない上に時間が短く、私も流し見だったため、さっぱり意味がわかりませんでした。で、検索してみると、どうも民主党時代に作っていたインフル特措法の関連だとわかりました。

 当時読んだのは、別記事ですが、【新型コロナ】安倍首相「インフル特措法」使わずに、なぜか「同法を参考にした法整備」検討を表明 | BUZZAP!(バザップ!)(2020年2月28日)では、以下のような話がありました。

<安倍首相が2月27日、政府の新型コロナ対策本部で新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、インフル特措法を参考とした新しい法整備を早急に検討する考えを示しました。
28日の衆院総務委員会でも安倍首相は「『新型インフルエンザ等対策特別措置法』を参考に早急に検討する。早期に成立させなければならず、野党のご意見も伺い、ご協力をいただきたい」と述べて野党の協力を求めています>

 しかし、この参考にするというインフル特措法が律が対象とするのは「新型インフルエンザ等」「新感染症」であり、新型コロナウイルスも対象となると考えられます。わざわざ対処が遅れる新法成立にこだわる理由がわかりません。


●民主党時代のインフル特措法、自民党は全員反対でメンツの問題か?

 このため、民主党の実績を認めたくない、自分の手柄にしたいといった感情が働いているのではないか?と予想されてしまっています。とにかくオバマ大統領の逆をやろうというトランプ大統領のことを思い出しますし、準備も根拠もなく全国一斉休校を突如決めたことも思いました。

<ネット上などで指摘されているのが、このインフル特措法が作られた時期と経緯です。つまり、新型インフルエンザが流行したのもこの法律が成立したのも「悪夢の民主党政権」時代のものであり、これを使うと面子が丸つぶれになるからというもの。
実際に同法の成立時に自民党は全員採決を欠席しています(略)>

 自民党が全員反対だった法案を参考にして新法を作る時点で民主党の功績を認めていますから、もうそれほどこだわる必要はない気がするものの、自民党ならありそうな話です。

<民主党が作った法律だから使いたくないなどという子供のような理由も安倍晋三ならありえると感じてしまう>
<「ワイがコロナを鎮圧して東京オリンピック開催に漕ぎつけた」をやりたいだけでしょ>
<そのまま適用できないなら一部改正すりゃよかったんだよ。そのための厚生労働委員会なのに、開かなかったのは誰だよ>
([B! COVID-19] 【新型コロナ】安倍首相「インフル特措法」使わずに、なぜか「同法を参考にした法整備」検討を表明 | BUZZAP!(バザップ!)より)


●集団的自衛権や検事長定年延長でした解釈変更、新型コロナウイルスではせず

 ネットでは例によって安倍首相を擁護する無理筋な主張も出ているようです。新型コロナウイルスは新型じゃなくて既知の病気だから使えないという変な解釈です。ただ、矛盾がありますし、そもそも安倍政権では他のことでは強引な解釈変更を平気でやっています。例えば、集団的自衛権の行使容認では憲法解釈そ変更していましたし、最近の検事長定年延長問題でも突然解釈変更していました。

 なので、正当化できる説明ではないのですけど、この安倍政権擁護が正しかったとしても、それは自民党が未だに新型コロナウイルス問題を大した問題だと考えず、それよりも集団的自衛権の行使容認や検事長定年延長が緊急かつ重大だと考えているということなのでしょう。

<新型インフルを既存インフルと区別できるのに、新型コロナを既存コロナ(6条8項)でなく新感染症(6条9項)とみなせないのはなぜかがわからない。症状の重症化率も必要な医療も既存コロナ(風邪)とは異なるのでは>
<典型的なアホ。感染症法6条8項が適用対象外なら、①適用されるよう法改正、②コロナを7項か9項に定義し直す、のどちらかで済む>
<指定感染症に指定した2/1の判断が間違いと認めて新感染症と再定義すれば終了じゃん>
<1月に野党が新感染症への指定を求めていたのを無視して指定感染症にした経緯がある>
< ぶっちゃけ、「検察官の定年延長」より簡単に解釈変更で突破できる(笑)>
([B! 法律] 安倍首相の答弁は正しく、バカなのは増田とブクマカのほうより)


●自民党のメンツにこだわって時間がかかる方法に執着する安倍首相

 なお、「緊急事態宣言」などの措置は政府の暴走に繋がるおそれがあり、それがベストと言えるかどうかは微妙。特に安倍政権はやばいことを常にやっていて危険であり、また予想外のおかしなことをやって、事態を悪化させかねません。ただ、とりあえず、この安倍政権の迷走だけで時間が相当遅れたというのが上記までの話でした。

 そして、新型コロナを特措法対象に 首相、野党5党に協力要請へ [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタルということに。最初、これは野党の要求に近い流れなのかなと誤読して、そう書いていました。ただ、そうでなかったみたいで、この部分は2020年3月18日に訂正しています。申し訳ありません。

 どうも飽くまで現行法での適用はせず、政府が改正案を提出するということで、自民党のメンツにこだわった対応の遅れる方策をとった感じですね。実際、法案成立までかなりの時間がかかっています。


●使えないと主張のインフル特措法、実は安倍政権もこっそり使っていた

 ところが、まだ驚く話がありました。実際には、すでにインフル特措法を政府は使用していたということ! それでいて、「インフル特措法は使えないから、新法を作らせて」と言っていた模様。ネトウヨの無理筋擁護も全部否定されていましましたし、本当に常に予想の上を行くクズ政権ですね。

「総理から新型コロナウイルス対策の協力を求められ、『我が党としても感染拡大の収束に向けて全面的に協力する』と申し上げた。そのうえで、先方から新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正についての提案と協力要請があったが、『特措法の適用は賛成したいが、改正ではなく現行のまま適用が可能。それを考えるべきではないか』と申し上げた。マスクの備蓄など、現行法をすでに使っているじゃないかと。それに対し、(総理からは)『明確に定義したいので法改正をやらせてほしい』と説明があった」(国民・玉木雄一郎代表)
政府はすでに新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく措置を新型コロナ対策に適用していたことが、今日の参院予算委員会の審議で明らかになった。マスクなどの問題で措置が特措法に基づいてとられていると明らかになった。法改正が必要だという政府の立法事由がなくなった」(共産党・志位和夫委員長)
「現行法(新型インフルエンザ等対策特別措置法)を明日にでも(新型コロナウイルスに)適用すれば、迅速に対応できる。(中略)対応としては遅い」(立憲・枝野幸男代表)
(【詳報】首相「法改正やらせて」 新型コロナで野党に:朝日新聞デジタル 2020年3月4日 20時43分より)


●安倍首相、「今回のウイルスには適用できない」と明言していた

2020/03/18:当初インフル特措法は適用できないと安倍首相が嘘を言っていたことについて補足。安倍首相、「緊急事態」法整備を推進 週内の与野党党首会談調整―協力要請へ:時事ドットコム(2020年03月02日23時35分)では、以下のように書いていました。

<首相は2日の参院予算委員会で「常に最悪の事態を想定し、あらかじめ備えることが重要だ」と強調。新型インフル特措法の緊急事態条項に触れ、「同等の措置を行うことが可能となる立法措置を早急に進める」と表明した。
 既存の特措法については「今回のウイルスには適用できないというのが政府の解釈だ」と説明>

 時事ドットコムのコメント欄では、やはりいろいろとツッコまれています。

<新型インフル特措法の適応を一週間以上前に国民民主が求めた(引用者注:実際にはもっと前の1月から求めています)時「まだそういう状況ではない」と断ったのが厚労大臣ですよ。そのままにしておいていいんですか?>
<新型インフルエンザ対策特措法は「適用できないというのが政府の解釈だ」とは解せない。解釈変更はアベ内閣の得意技じゃないですか!>
<これまで無茶苦茶な解釈で自分の都合に合わせて横車押してきているのに、危機に対してはやけに慎重?ですね。何が検討ですか>
<曲解が得意の安倍さんでも新法作らないとダメな時あるんですね>


●「未知のウイルス」と言った4日後に「既知の感染症」で発言ブレブレ

 また、特措法改正で根拠ブレる首相発言 「未知のウイルス」が4日後「既知の感染症」に 毎日新聞2020年3月6日 21時01分(最終更新 3月6日 21時02分)では、新型インフル特措法に使えないという言い訳に使われていた「未知のウイルスではないから」についても矛盾がありまくりだと指摘されていました。

<安倍晋三首相が野党に協力を呼びかけた新型インフルエンザ等対策特措法の改正を巡り、野党は現行の特措法でも新型コロナウイルスに適用可能で法改正は必要ないと主張している。これに対し首相は「未知のインフルエンザでなければ(現行法を)適用できない。既に新型コロナウイルスは『既知の感染症』という認識だ」と3月4日の野党との党首会談後に記者団に語った。だが4日前の2月29日の記者会見では、首相自身が新型コロナウイルスを「未知のウイルス」と表現しており、発言が変遷・矛盾している印象は否めない>

mechpencil 安倍晋三がつまらない意地を張るせいでいまだに特措法は使われず時間だけが過ぎていく
skasuga その場その場で適当だからあちこちで矛盾するんだけど、言論のルールをねじ曲げてでも矛盾を認めないで政権にしがみ付く
mojisan 安定のご都合主義。都合に合わせて解釈変えるのは。
([B! 安倍晋三] 特措法改正で根拠ブレる首相発言 「未知のウイルス」が4日後「既知の感染症」に - 毎日新聞より)


●マスクを備蓄していたのは、そもそも民主党政権のおかげだった

2020/04/04:補足的なところをいくつか追記。まず、政府が使えないから新法を作る必要があると主張していたはずのインフル特措法を実際にはこっそり利用していた…ということについて。

<特別措置法に基づき、医療体制を整備する実施要綱について、厚生労働省が、新型コロナウイルスにも適用できるように改正し、先月18日に都道府県に通達していたことがわかり、立憲民主党の福山幹事長が、新型コロナウイルスには特別措置法を適用できないとしてきた政府の説明と矛盾すると指摘しました>
(参院予算委 新型コロナウイルス対応めぐり論戦 | 注目の発言集 | NHK政治マガジン 2020年3月4日より)

 記事冒頭では、以下のように書かれていたため、上記の特別措置法というのは、「新型インフルエンザ対策の特別措置法」のことを差しているとわかります。

<新型コロナウイルスをめぐり、安倍総理大臣は参議院予算委員会で、さらなる感染拡大に備え、「緊急事態宣言」などを可能とするよう、新型インフルエンザ対策の特別措置法を改正する考えを改めて示し、早期成立に協力を求めました>

 野党に矛盾を指摘された加藤厚生労働大臣は「新型インフルエンザのために備蓄されていたマスクなどの物資を、予算事業として新型コロナウイルスにも活用できるように直したものであり、特別措置法における『新感染症』に位置づけることとは異なる」というよくわからない説明をしていました。

 あと、この説明からすると、マスクがそもそも備蓄されていたというのは、自民党議員が全員反対した民主党時代の新型インフルエンザ対策の特別措置法のおかげ…ということみたいですね。当時自民党政権だった場合には、実現しなかったことかもしれません。


●野党は1月から新感染症への指定を求めていたのを拒否って本当?

 もう一つ、<1月に野党が新感染症への指定を求めていたのを無視して指定感染症にした経緯がある>というコメントがあり、事実かどうか気になっていたので検索。遅くとも1月31日には、野党が新感染症への指定を求めていたことが確認できました。

<新型コロナウイルスに対する政府の感染防止策では、隔離や停留を実施できないことから矢田議員(引用者注:国民民主党の矢田わか子議員)は、民主党政権が導入した「新型インフルエンザ等対策特別措置法」第2条に定義される新感染症に指定されれば、「今の第2類ではカバーできないところが、カバーができるようになり、隔離、停留が可能となる」と説明し、厚生労働大臣に同法の新感染症に当たるかを至急検討するよう求めた>
(【参院予算委】「新型インフルエンザ等対策特措法」活用を提案、矢田議員 - 国民民主党 2020年01月31日より)

 なお、厳密に言うと、安倍政権が指定感染症に指定する方針を示したのは、新感染症への指定を要求したことがわかっている1月31日より前です。ただ、より広い対応ができる新感染症への適応を安倍政権が拒否し、その後も長く適応しなかったことは間違いなく、概ね正しい理解と言って良いでしょう。

<新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令及び検疫法施行令の一部を改正する政令が2月1日から施行され、新型コロナウイルス感染症について感染症法に基づく指定感染症及び検疫法に基づく検疫感染症に指定された。(中略)
政令は1月28日に公布されており、当初、施行期日を政令の公布日から起算して「10日を経過した日(2月7日)」としていたが、「4日を経過した日(2月1日)」とする一部改正政令が1月31日に閣議決定されるとともに、公布された>
(新型コロナウイルス感染症を指定感染症等に指定(2月1日) Web医療と介護より)


【関連投稿】
  ■新型コロナウイルス問題は人災なのか?安倍政権の小中高休校判断
  ■安倍政権の考えた新型コロナウイルス対策→CMで国民の不安解消
  ■新型コロナウイルス検査数が少ない日本 厚労省の検査しない理由が驚き
  ■消日本にクルーズ船対応の義務はなし?批判されるどころか感謝すべき!
  ■死者続出の新型コロナウイルス政府対応失敗に笑えると言う日本人
  ■政治・政策・政党・政治家についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由