Appendix

広告

Entries

致死量ランキング 半数致死量(mg/kg)表示


 非常に不謹慎な感じがするんですが、ちょっと前に思いついてやろうと思っていた致死量ランキングです。実は結構真面目に役に立つんじゃないかと思うんですよ。


●意外に身近にある猛毒物質

 引用元はWikipediaであり、そこには以下のように書かれています。

"選定にあたっては、毒として著名であったり社会的な事件で話題になったもの、日常生活で接触する機会がある身近なもの、化学構造の差異による作用の相違を比較する意義があるものなどを考慮して行った"

 つまり、意外と身近なものが集めてあるわけです。「致死量がある」と聞くとそれだけで恐ろしいような気がしますが、下位なんかは本当に普通に体内に入れているものも含まれます。

 「致死量」という言葉に騙されないようにするためにも、知っておいた方が良いと思いました。

 なお、前述のような選出理由のため、危険な物質をすべて含んでいるというわけではないことに、気をつけてください。その他の注意事項は下記の通り。

半数致死量……ある物質をある状態の動物に与えた場合、その半数が死に至る量。

経口投与……基本的に経口投与による急性毒性のLD50 mg/kgで示している。腹腔内投与や静脈注射投与の場合は、より強く毒性が現れる傾向にある。

値に幅がある……文献、実験動物によって異なる。現在では正確な値を求めることに学術上の意義が無いと考えられ、概算値のみ求めている。順位はWikipediaに従った。


●致死量ランキング 半数致死量(mg/kg)表示 1~10位

 では、本題のランキングへ。

1~10位

順位 名称 半数致死量(mg/kg) 含有するもの・用途 出典・備考等
1位 ボツリヌストキシン(A) 0.0000011~0.001 ボツリヌス菌 資料により非常に幅が大きい。
2位 テタヌストキシン 0.000002 破傷風菌 
3位 マイトトキシン 0.00005 有毒渦鞭毛藻 
4位 パリトキシン 0.00025 スナギンチャク類 
5位 ダイオキシン(2,3,7,8-TCDD) 0.0006~0.002 産業副産物 種による特異性などを含め緒論あり。
6位 ベロ毒素 0.001 病原性大腸菌・赤痢菌等 
7位 テトロドトキシン 0.01 フグ他 
8位 VX 0.02 化学兵器
9位 リシン 0.03 トウゴマ 
10位 ミクロシスチン 0.05 藍藻類

 1位のボツリヌストキシンは食中毒で知られるようです。別にピックアップしたいなとも考えています。(書きました → 最強の毒素ボツリヌス菌のボツリヌストキシン、0.5kgで全人類を滅ぼす)

 身近と言うか、有名なのはダイオキシン。かなり幅があり、緒論ありとも書かれていますが、私は毒性は未確認だと思っていましたので驚きました。(昨年たばこの有毒性などを調べていて知りました)

 私が昔Wikipediaを読んだときは、確実なのは赤ちゃんが奇形になる催奇性だけと書かれていた記憶があります。この催奇性のため、母親が極端に魚ばかり食べることは勧められていません。

 ダイオキシン類の人の摂取は魚が代表的なんですけど、焼却処理過程だけでなく実は昔使っていた農薬由来のものもあります。そして、農薬由来のものは昔のものであるにも関わらず、なかなかなくなるものではないようです。

 ただし、結局摂取量の問題です。先ほどの「致死量」という言葉に惑わされないでという類の心配はこういうところにもあります。

 この後有名な毒物が続々と登場し、ダイオキシンはそれより上に位置しているのは事実です。しかし、だからと言って魚が食べられないというわけではありません。

 ダイオキシンでいっぱい書いちゃいましたが、他のもの。

 身近なものではフグ毒で有名なテトロドトキシンも7位に入ってます。フグ毒と書きましたが、実は恐ろしいことにそれ以外の生物でも持っているものが結構います。


●致死量ランキング 半数致死量(mg/kg)表示 11位~20位

11位~20位

順位 名称 半数致死量(mg/kg) 含有するもの・用途 出典・備考等
11位 アコニチン 0.05~0.1 トリカブト 
12位 α-アマニチン 0.1 毒キノコ(ドクツルタケ等)
13位 モノフルオロ酢酸 0.1 殺鼠剤
14位 サリン 0.35 化学兵器
15位 d-ツボクラリン 0.6 クラーレ、矢毒 
16位 コルヒチン 0.6 イヌサフラン他・医薬
17位 ストリキニーネ 0.6~2 マチン、殺鼠剤 
18位 ニコチン 1~7 タバコ 
19位 シアン化カリウム 3~7 試薬(いわゆる「青酸カリ」) 
20位 亜砒酸ナトリウム 10 試薬(いわゆる「ヒ素」) 

 さっきフグ毒の話が出ましたが、古今東西を問わない大物生物毒のトリカブトが11位です。

 12位のα-アマニチンには毒キノコの話も出ていますけど、毒キノコの毒は複雑で不明なことが多いみたいです。何かわけわからんけど死ぬのです。

 14位はサリンガス。知らなくていい言葉なのに残念ながら有名になってしまったサリンガスです。


 17~20位は有名ドコロが続きます。

 ストリキニーネはちょっとマイナーかな?昔は推理小説でよく出てきたと思います。

 次は知らない人はいないニコチン。たばこですね。

 その下に青酸カリ、ヒ素と続きます。ニコチンよりこれらが下なのは妙な気がしますし、たばこは恐ろしいんだと思うでしょうが、繰り返すように濃度の問題です。(ただし、たばこを食べるのは危険なのは確かですので、子どもや動物がいる人は気をつけてください)


●致死量ランキング 半数致死量(mg/kg)表示 21~30位

21~30位

順位 名称 半数致死量(mg/kg) 含有するもの・用途 出典・備考等
21位 パラチオン 10 農薬(有機リン系) 
22位 黄リン 10 試薬
23位 メタミドホス 10~30 農薬(有機リン系) 
24位 塩化スキサメトニウム 10~50 筋弛緩剤
25位 酢酸タリウム 30~40 試薬
26位 アジ化ナトリウム 46 試薬
27位 DDT 110 農薬(有機塩素系)
28位 モルヒネ 120~500 ケシ、麻薬 
29位 メタンフェタミン 135 覚醒剤 
30位 カフェイン 200 茶・コーヒー等 

 23位のメタミドホスは確か中国の冷凍餃子に入っていたものですね。農薬として使われていますが、当時殺虫成分と報道されたように、そのような用途もあるようです。

 26位のアジ化ナトリウムも事件あったはずと思いましたが、"1998年夏から秋にかけて、新潟・三重・愛知・京都でポットの湯などにアジ化ナトリウムが混入される事件が相次いだ"というものでした。

 モルヒネが28位。用途はWikipediaにあった「ケシ、麻薬」の他に、医療用としても用いられます。

 日本では医師が毒薬を処方するので、患者は毒薬を飲まされている!で書いたと思いましたが、おもしろいことに毒と薬というのは昔から関連性があります。

 さっき書いた生物毒の中にも場所によっては薬とみなされていたというものがあります。

 で、30位がカフェインです。これが普通に体内に入れているという代表例。

 ここまで来ると数字の桁数はかなり上がってきているんですが、致死量が算出できてしまう物質です。

 「濃度・量が問題だよ」というのを実感していただければと思います。


●致死量ランキング 半数致死量(mg/kg)表示 31~41位 

31~41位

順位 名称 半数致死量(mg/kg) 含有するもの・用途 出典・備考等
31位 トリフルオロ酢酸 200 試薬
32位 パラコート 250 除草剤(ピリジニウム系)
33位 マラチオン 250~600 農薬(有機リン系)
34位 2,4-D 375~666 除草剤(有機塩素系) 
35位 アセチルサリチル酸 400 医薬(アスピリンなど) 
36位 スコポラミン 1200 チョウセンアサガオ等・医薬 
37位 ホウ酸 2000~4000 試薬・医薬
38位 塩化マグネシウム 2800~4700 にがりの主成分
39位 塩化ナトリウム 3000~3500 食塩 
40位 エタノール 5000~14000 酒類 非常に個人差が大きい
41位 ビタミンC 12000 栄養素 

 38位の塩化マグネシウムはにがりの主成分だそうです。にがりはむしろ体に良いと言われて、にがり水が流行ったことがありました。

 しかし、当時は「飲み過ぎは危険」という警告も同時に出されていました。こういうこともあって、私は「~は体に良い」や「~が体に悪い」という極端な信仰は嫌いです。

 で、次の39位が食塩(塩化ナトリウム)。カフェインよりさらに数字が大きくなっているんですけど、無視できない危険性があります。

 mg/kgで表されているように体重が小さい場合は十分に死ねます(と言うか、死ななくて済んだとしてもいっぱい苦しむんですから、みんな上記の量までOKって意味じゃないですからね)。

 食いしん坊のペットが塩分を取りすぎて死んだというケースはあり、子供なんかも死亡まで行くのはあり得ると思われます。

 次の40位、酒に含まれるエタノールは身近であっても意外性に欠けますね。それよりおもしろかったのが、最後のビタミンC。

 食塩も体に必要なもので死ぬパターンでしたが、ビタミンCなんか基本「摂れ、摂れ」と言われるものですから致死量なんて言われるとびっくりします。

 食塩のさらに4倍であり、実際に危険な状態になることはほとんどないでしょうけど、何でも取り過ぎると危険なんだよという例としては象徴的だと思います。


●金正男氏暗殺使用のVX、致死量ランキング8位

2017/02/24追記:暗殺事件で名前が出てきたので追記。(元の投稿は2012/9/12)

マレーシア警察は2017年2月24日、同月13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)さんの遺体から猛毒VXが検出されたと発表しました。

 正男さんは13日午前にクアラルンプール国際空港で2人組の女に襲われています。正男氏は実行犯の女の手で顔を覆われ、その後に体調の不良を申し出て病院に搬送される途中で死亡していました。
(金正男氏遺体から猛毒VX検出 マレーシア警察発表 (写真=AP) :日本経済新聞 2017/2/24 10:11より)


【本文中でリンクした投稿】
  ■最強の毒素ボツリヌス菌のボツリヌストキシン、0.5kgで全人類を滅ぼす
  ■日本では医師が毒薬を処方するので、患者は毒薬を飲まされている!

【その他関連投稿】
  ■水中毒とは ~水の摂り過ぎで死亡~
  ■たばこに含まれる放射性物質ポロニウム210 ~危険性の指摘および反論~
  ■武田邦彦中部大教授の論法なら、タバコは青酸カリを入れたようなもの
  ■正露丸の副作用 ~本当は危険?~
  ■その他の医療・病気・身体について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由