Appendix

広告

Entries

キリスト教が偶像崇拝禁止を守れている理由 イコン(聖像)の解釈と神への祈り


 偶像崇拝に関してのWikipediaは、残念ながらあまり記述がありません。

 しかし、偶像という項目の方にも偶像崇拝についての説明があり、こちらと合わせるとそれなりになります。
偶像(ぐうぞう、英語:idol)とは、

・木・石・土・金属(などの具体的なモノ)で作った像。
・神や仏などの存在をかたどって造られた像で、かつ崇拝の対象となっているようなもののこと。

偶像を崇拝する行為を偶像崇拝という。また偶像を崇拝する宗教は偶像教と呼ばれる。転じて現代英語のidolの用法や、現代日本語の「アイドル」の用法が生まれた。

 偶像崇拝の英語は"idolatrous"でありやはりアイドルが用いられますが、偶像破壊に関しては"iconoclasm"でアイコンが用いられています。

 アイコンは日本語ではドイツ由来のイコン(Ikon)も用いられます。聖像の他に聖画像(多くは板絵)も含まれ、これもほぼ偶像とほぼ同じような気がします。

 しかし、聖像を偶像とするかどうかは神学的な論争があるようで、おそらく宗派によって違うと思われます。(ですから、"iconoclasm"は聖像破壊とも訳されます)

 
 この偶像崇拝という言葉はもともとキリスト教の用語なのかもしれません。

 Wikipediaでは"偶像崇拝の用語そのものが改革派教会の特徴であり、そのパスワードであると言われる"と書いています。

 改革派教会とはキリスト教プロテスタント教派の一つで、その中で「カルヴァン派」が有名だそうです。


 偶像崇拝の根拠自体は『ヘブライ語聖書』(キリスト教でいう旧約聖書)に求められるようです。

わたしはあなたの神、主であり、あなたをエジプトの地、奴隷の住まいから導き出した者である。あなたはわたしのほかに、何ものをも神としてはならない。あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、あるいは地の下の水のなかにあるもの、それらのものの形を造ってはならない。それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。(『出エジプト記』20:2-5)

それで、あなたがたは神をいったい誰とくらべ、どんな像と比較しようとするのか。偶像は細工職人が鋳て造り、鍛冶が金でそれを覆ったり、それのために銀の鎖を造ったりする。貧しい者は供物として腐りにくい木を選んで、細工職人を探し、動かない像を立たせる。あなたがたは知らなかったのか?あなたがたは聞かなかったのか?はじめから、あなたがたに伝えられなかったのか?地の基をおいた時から、あなたがたは悟らなかったのか? (『イザヤ書』40:18 - 21)

 ですから、キリスト教だけでなく、ユダヤ教でも当然偶像崇拝は禁止です。

 「キリスト教における位置づけ」は以下です。
旧約聖書出エジプト20:4-5、レビ26:1、申命記4:25-26、イザヤ44:9、新約聖書の第一コリント8章により偶像は否定される。聖書信仰の福音派では仏教、神道の仏壇、神棚、焼香、玉ぐし等も神に禁じられた異教の偶像と断定して拒否する。

 日本のキリスト教でも偶像崇拝が問題になったことがあるようです。
日本基督教団などエキュメニカル派は神社参拝、宮城遥拝、国民儀礼、玉串、焼香を行ってきたが、美濃ミッションや中田重治監督指導時のホーリネス、また特に戦後の福音派は、これが聖書に反する偶像崇拝であるとして、禁じてきた。

日本キリスト改革派教会の常葉隆興は日本基督教団の結成式で行われた宮城遥拝は、「偶像礼拝であり、神に対して死に値する罪であった。」とした。また日本キリスト改革派は1951年の第6回大会で「すべての神道神社は偶像であり、我々はそれを礼拝する事を拒絶する。神棚、仏壇その他どのような宗教的事物に対しても頭を下げて礼をしない。」と決議した。

中央神学校のチャップマン教授は、日本の教会が神社参拝に対して明確な態度を取れなかったのは、旧約聖書の知識を欠いていたからだと指摘した。


以下は偶像破壊より

日本のプロテスタント

日本に多い異教は仏教や神道である。特に戦後の福音派は仏壇、神棚など日本の異教の偶像を聖書通りに取り扱うように教えてきた。滝元明は偶像崇拝は神の御前にもっとも大きな罪であると述べ、申命記に書かれている神の命令を引用している。「高い山の上であっても、丘の上であっても、また青々と茂ったどの木の下であっても、それをことごとく必ず破壊しなければならない。彼らの祭壇をこわし、石の柱を打ち砕き、アシュラ像を火で焼き、彼らの神々の彫像を粉砕して、それらの名をその場所から消し去りなさい。」(申命記12:2-3、新改訳聖書)

ただし、戦前の教会は偶像に対して異なる立場をとったことがある。戦前の教会が偶像問題に対して妥協的であった理由として、旧約聖書の知識に欠けていたことがあげられ、自由主義神学、高等批評によって信仰が骨抜きにされてきたと指摘されている。これは旧約に異教に囲まれた神の民が偶像に対応した歴史が書かれているからである。

日本キリスト改革派教会創立者で、聖書信仰運動の指導者岡田稔は、植村正久や内村鑑三は偶像教徒から回心して真の神を信じるようになった偉人だが、聖書観が弱かったと指摘している。植村自身は偶像崇拝を否定した。

 引用部の内容(申命記もヘブライ語聖書より)は穏やかじゃないですね。


 しかし、こういった批判がある一方、日本以外でもキリスト教の多くの宗派がガンガン偶像崇拝禁止を破っているように見えます。

 そういった観点からでしょう、過去にはプロテスタントによるカトリック批判があり、今もその精神が残っているようです。
改革派教会においてはローマ教皇を中心とするカトリック教会の刻んだ像も偶像と断定して除去した。この系統のプロテスタントにおいては今日でもその立場である。

ドイツルーテル教会のマリア福音姉妹会創立者マザー・バジリア・シュリンクは、異教からキリスト教に回心した者たちは、呪物や偶像を焼き払うことを常にしてきたのであり、以前の宗教の音楽から手を切り、悪霊に関わる儀式や場所から離れることも要求されていると述べている。

Wikipedia

 プロテスタントの多いアメリカですが、以前焼きあがったトーストにキリストの顔が浮き上がっているなどといった奇跡が流行りました。

 そいうのを見ていると今ではほとんどタブーとされていないのかな?という気がしますが、一応批判的な宗派が残っているそうです。


 聖書が偶像崇拝を禁止しつつも民衆からそのようなものを求められてしまうというのは、おそらく何かわかりやすいものに対して拝むという、人間の根本的な欲求だからだろうと思います。(他の多くの宗教では拝む対象があることをそれほどタブー視していません)

 ですから、偶像崇拝的なものを取り入れたキリスト教の宗派は、それ以外の人からは宣伝目的による教義変更といった批判が加えられています。


 こういった批判にさらされる宗派の方ですが、実は彼らの中では偶像崇拝禁止は守られています。

 解釈はいろいろとあるようですが、崇拝している偶像はそもそも偶像ではないというのはその一つです。

 おそらく最初に書いた偶像とみなすか、聖像とみなすか……といった感じでしょう。

 逆に言えば偶像崇拝禁止を訴える宗派の解釈を否定しているわけで、ここらへんは相容れないようです。
すべてのキリスト教会において、教義上偶像崇拝は禁じられているが、教会、教派によって破壊する偶像の範囲が異なる。イコンを偶像と捉えて否定する教会と、偶像と捉えず肯定する教会にわかれる。

Wikipedia

 イコンの話も出ていますね。

 また、像そのものを拝んでいるのではなく、像を通して神を拝んでいるから大丈夫といった説明もあります。

 ユダヤ教の信仰が始まったのは、BC15世紀頃。モーゼがユダヤ人の一部とカナンへ脱出している途中(出エジプト)のシナイ山で神に「十戒」を授けられたのが、きっかけ。この十戒の中で偶像崇拝を禁じている。

キリスト教の信仰が始まったのはBC1世紀頃。皆知っているようにイエス・キリストが布教した宗教である。彼はBC7~BC4年ユダヤのベツレヘムで生まれたと言われるユダヤ教徒である。30歳頃に洗礼を受け、宣教活動を開始。しかし、彼がキリスト教という名の宗教を広めたのではない。彼自身や彼の死後初期の弟子たちには、「自分たちの信じている宗教とユダヤ教とは異なる。」という認識はなかったようだ。イエスの死後、彼の教えを土台に弟子たちが広めたのがキリスト教である。つまり彼はユダヤ出身で、ユダヤ教徒であり、キリスト教はユダヤ教を母体としてできた宗教と言える。

(中略)

同じように偶像崇拝を禁じている宗教に違いがあるのはなぜなのか?それの疑問を解くkeywordが《受肉》である。ユダヤ教の開祖モーセ、イスラム教の開祖マホメットはどちらも人間である。それぞれ選ばれた預言者として、もっとも偉大であり、敬愛すべき対象にはなっているが、礼拝の対象にはなっていない。人間を神格化することは、神への冒涜になるばかりか、宗教の根底を覆すものになるからである。しかしイエスは違う。キリスト教では、彼はただの預言者ではなく神の子とされ、礼拝の対象になっている。この世で人間となったイエスは、父なる神の像であり、イエスを通して神の姿を見ることができるとされている。受肉により、今まで見えなかったものが見えるもの(像)を通して認識することができると考えたのだ。故にキリスト教ではイエスの似姿を描き、それを通して神を見るのである。偶像そのものを拝むのはいけないが、それを通して神に祈るのはよしとされた。

『キリスト教における偶像崇拝の本義』京都産業大学 文化学部国際文化学科 高嶋香織

 偶像崇拝は人間の根本的な欲求という話を書きましたが、この系統の説明では実際に「イメージしやすくするために使っているだけです」といったものもありました。

 ただし、完全なる神を不完全な人間が作ること自体不敬であるといった批判もあるようで、その考えを取ってしまうとこの解釈は成り立たないと思われます。

 まあ、拝まなくても描くこと自体おそれ多いというのも、何となくあるんじゃないかと思います。

(東洋では本名を呼ぶのは失礼なことだとして、諱(いみな、忌み名といった意味合いだと思われる)という風習がありました。似た感覚のような気がしてここに書きましたが、だいぶ離れたかもしれません)


 以上、代表的なものを挙げましたが、おそらくいろいろな考えがあって一筋縄には行かないと思われます。

 とりあえず、ここでは「それぞれの宗派で自分たちの納得の行く解釈をしていますよ」くらいで理解しておきます。


 関連
  ■ムハンマド風刺はOK キリスト風刺はNG
  ■イスラム衣装の着用禁止と反米・反軍・反キリスト教への批判
  ■日本におけるイスラム教 ~女性に差別的なのか?~
  ■日本におけるイスラム教 ~葬儀などタブーの考え方~
  ■宗教法人の非課税措置問題~営利団体による悪用~
  ■その他の文化・芸術・宗教・海外との比較などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由