Appendix

広告

Entries

尖閣諸島は資源の宝庫 石油・天然ガス、さらにレアメタル・メタンハイドレートも?


 日本近海の資源に関しては、

  ■日本初EEZ内でレアアースの泥発見(南鳥島)

 を書いていますし、関連あるものとして他に

  ■日本は資源大国であるって本当?

 もあります。

 今回は話題の尖閣諸島に絞った話です。


 実はそもそも中国が尖閣諸島を狙っているのは、資源であると言われています。
中国と台湾が領有権を主張し始めたのは、1968年(昭和43年)に尖閣諸島付近海底調査で石油や天然ガスなどの大量地下資源埋蔵の可能性が確認されて以降である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

 尖閣諸島問題で強硬な姿勢を取れば、日中ともに経済的に大きな影響が出るのは真実ですが、前に日本・中国・アメリカの尖閣諸島問題 日米同盟は無力などでイギリスのThe Economistの

"尖閣諸島とその周辺の海(日本と韓国が揉めているもう1つの岩山=竹島を指す=もこれに含む)を、先駆的な海洋保護区域にするのだ"

 に対して、

"プライドだけの問題ならそれでいいんですけど、資源といった実益が絡むところですからね"

 と書いたとおり、資源を手に入れられるかどうかがかかっているため、双方とも(特に強硬姿勢の鮮明な中国は)そう簡単には引き下がれません。


 では、この資源とは具体的にはどれくらいあるのでしょう?

 尖閣沖は原油や天然ガスの「宝庫」 でも、試掘権の申請は40年近く棚上げ(2012/9/16 10:03 J-CAST)にはそのことが記載されています。


 "尖閣沖の資源開発をめぐっては、最初に開発する権利である「先願権」を、大手商社の双日が72.2%を出資する「うるま資源開発」が握ってい"ます。

 しかし、
先願権は取得後3年以内に政府の認可を得て試掘権に切り替え、商業化しないと権利を失うことがある。尖閣沖では、うるま資源開発が鉱業法に基づく試掘権の申請前の段階で、中国が突然領有権を主張しはじめたため、以後40年近くにわたり試掘権の認可が棚上げされた。

 という状態だそうです。

 "うるま資源開発の設立が1973年11月"だそうですので、「試掘権の認可が棚上げ」も1973年11月頃のことでしょう。「40年近く棚上げ」もそういう計算です。

 さっきのWikipediaによれば、"1971年以降、中国政府および台湾政府が領有権を主張している"とあります。

 "試掘権の申請前の段階で、中国が突然領有権を主張しはじめた"は最初読み違いをしたのですが、既に中国が領有権を主張してから試掘権の申請したということでしょうね。

 それにしても、ずいぶん長い間放置されました。記事ではこの後佐藤栄作という名前も出ていますから、本当に昔だなぁという感じがします。


 さて、肝心の資源の量についてです。
 尖閣沖に膨大な資源があるとわかったのは1968年、第3次佐藤栄作内閣のときだ。国連・アジア極東経済委員会(ECAFE) の協力で東シナ海で海底調査が行われ、その結果、尖閣諸島周辺の海域には1095億バレルの原油埋蔵量があり、「世界的な産油地域となるであろうと期待される」と、石油の有望な埋蔵地域と評価された。

1000億バレルの埋蔵量は、世界一の原油埋蔵量のサウジアラビア(2667億バレル)には及ばないが、イラク(1150億バレル)やクェート(1040億バレル、いずれも2009年10月の公表値)に匹敵する。

現在の原油価格は1バレルで約100ドル。1000億バレルは10兆ドル分で、1ドル80円換算で800兆円にのぼる原油が眠っていることになる。

 ところが、この値は覆されます。
ただ、当時の調査方法はスパーカ震源(引用者注:誤植かと思いましたけどスパーカーSparkerみたいですね)による地震探査法と呼ばれる、海中放電(スパーク)による衝撃を震源とする簡易調査法だった。原油の埋蔵量を評価するためには、海底下約6キロメートルまでの地下構造が解析できる近代的な地震探査法による調査が必要で、日本では1980年代になって取り入れられるようになった。

その後の調査をもとに経済産業省石油審議会が1994年に試算したところよると、尖閣沖周辺の原油埋蔵量は約32.6億バレル(天然ガスを含む原油換算、5.18億キロリットル)になるとされ、ECAFEによる調査時のおよそ30分の1になってしまった。

それでも、金額換算では約27兆円になる。

 約27兆円相当だそうです。

 ただ、こう書いていますが記事冒頭では「何がどのくらいあるのか、正確には把握できていない」(双日)ともあり、不確実性が高いのかもしれません。

 この後はもっと不確実ですが、こういう話もあります。
また、独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMC)によると、熱水中に含まれる銅やレアメタル(希少金属)が積もってできる「海底熱水鉱床」が石垣島周辺で見つかったことで、尖閣沖周辺にも新たな鉱床が見つかる可能性がないとはいえない、としている。

 石垣島とあるので、最初にリンクした日本初EEZ内でレアアースの泥発見(南鳥島)とは別件ですかね?内容は似ているんですけど。


 また、日本近海に多数あるとされるメタンハイドレートについても話が出ていないかと思って検索してみました。

 言及しているものは多く、中国の本当の狙いは石油などではなくメタンハイドレートだという断言も多いです。

 ただし、いずれもブログや掲示板の記述です。排他的経済水域のことを考えると可能性としては十分だとは予想しますが、確証は持てませんでした。


 といった感じで不明確な点が多いものの、莫大な資源が眠っていることは事実です。

 最初に書いたこと重なりますが、それゆえに今後ともこの問題で日中台(台は台湾)が揉めることになるのは間違いないでしょう。


 関連
  ■日本初EEZ内でレアアースの泥発見(南鳥島)
  ■日本は資源大国であるって本当?
  ■日本・中国・アメリカの尖閣諸島問題 日米同盟は無力など
  ■オランダ病と資源の呪い、資源大国は不幸な国?
  ■シェールガスの権利者は敗者 日本が貧乏くじを引かされる心配も
  ■その他の商品・サービス・技術について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由