Appendix

広告

Entries

自己責任国家アイスランド破綻と徳政令と復活


 アイスランドの話をまとめ。<自己責任国家アイスランド破綻と徳政令と復活>、<中国人のアイスランド旅行人気急上昇の理由がトンデモすぎる…>などをまとめています。

2023/10/03追記:
●中国人のアイスランド旅行人気急上昇の理由がトンデモすぎる…
2024/03/01追記:
●アイスランドでまた噴火、全住民避難 水道管破裂で非常事態宣言も 【NEW】


●自己責任国家アイスランド破綻と徳政令と復活

2012/9/20:金融バブル崩壊後のアイスランドが短期間で奇跡の復活を果たした理由([橘玲の世界投資見聞録]2012年8月20日)という記事を読みました。ただ、「短期間で奇跡の復活を果たした理由」の前にアイスランドの国民性の話を。この記事によると、アイスランド人の特徴は自己責任というキーワードで表せるようです。

<レンタカーを借りようとすると、キーといっしょに車体の傷を示す紙を渡されて、「自分で確認して、記入漏れがあったらこの場で申告してほしい」といわれた。なんのことかわからず訊き直すと、返却の際に車体の傷が増えていると賠償が発生することがあるが、そのときになって「これは最初からついていた傷だ」と苦情をいっても手遅れなのだという。
 駐車場に行ってみるとレンタカー会社のスタッフは誰もおらず、利用者だけで書類を片手に車体を真剣にチェックしている。細かな傷を見つけると、それを書類に書き込んで、もういちどカウンターまで持っていくのだ。これまでいろんな国でレンタカーを借りたが、こんなシステムは初めてだ(しかも時刻は午前2時を回っている)>

 レンタカーだけではありません。観光地のレストラン兼土産物屋の食事は、すべてセルフサービス方式。掃除は客のやることではないという考えで、ヨーロッパではファストフード店でも食べ残したものをそのままテーブルに置いておくのが普通だそうですが、アイスランドはやはり自分で片付け。日本と同じやり方です。

<スポーツバーで知り合った赤ら顔のオヤジがいった。「アイスランドの人口はたった32万人しかいないんだ。12月になれば太陽は昼の12時に昇って午後3時に沈む。年が明ければ1日じゅうずっと夜だ。この国の制度は、それでもみんながやっていけるように、最小限で動くようにできてるんだよ。そんなところに、夏には大挙して観光客がやってくる。手厚いサービスなんてできるわけないから、できることは自分でやってもらうしかないのさ」>

 そんなアイスランドですが、金融国家として一時もてはやされた…という意外な一面も持ちます。その立役者となったのは、元演劇青年の政治家ダヴィード・オッドソンさん。ただ、タイトルで「金融バブル崩壊」とあったように嬉しくない結末を迎えたため、立役者ではなく「バブルの戦犯」と紹介されていましあ。

<1980年代に新自由主義の経済学者ミルトン・フリードマンに感化され、91年に首相になると大胆な民営化政策を実行した。04年に首相の座を降りると自ら中央銀行総裁に就任し、こんどは徹底した金融自由化に着手する。こうして、北極に近い小さな島にまれに見る金融バブルが発生した>
<アイスランドの3大銀行(カウプシング銀行、ランズバンキ銀行、グリトニル銀行)の総資産は、2003年にはGDPとほぼ同じだったが、約3年半でGDPの10倍の14兆4370億クローナ(当時の為替レートで約28兆円)にまで膨らんだ。
 03年から07年にかけて不動産価格は3倍、株価は9倍になり、通貨は対ドルで60%上昇した。それにともなってアイスランドの平均的世帯の収入は、わずか3年半で3倍に増えることになる。年収500万円の世帯がいきなり年収1500万円になるのだから、これはものすごいことだ>

 すごいじゃん!という感じですが、繰り返すように後にこれは崩壊。実際には、持続不可能なやり方をしていました。個人の投資がそうであるように、リスクを考えて損失が出ても大丈夫な範囲に留めれば良かったのでしょうが、前述の数字を見てわかるように、あまりにも投資にのめり込みすぎました。

<アイスランドの銀行は、高金利のポンド預金やユーロ預金でヨーロッパの個人や企業からお金を集め、それを南欧や東欧の不動産に投資したり、株式市場で片っ端から株を買ったりして運営していた。すなわち、国全体がヘッジファンドになってしまったのだ>

 これにより、「>金融バブル崩壊」を迎えたのですが、<金融バブル崩壊後のアイスランドが短期間で奇跡の復活を果たした理由>という元記事のタイトルでわかるように、今日問題とするのはその後です。3大銀行がGDPをはるかに超える負債を抱えて国有化された後の、債務処理が見事だったというのです。

<アイスランド政府は当初、銀行を破綻処理して債務を帳消しにすることを検討したが、預金者の多くは高金利に魅かれたイギリスやオランダの個人投資家たちで、両国政府は、アイスランド政府が元本返済の責任を放棄するなら国交を断絶すると通告した。アイスランド国民は、このままだと未来永劫、借金を返すためだけに税金を納めつづけなければならなくなり、国外への移住希望者が殺到した。まさに国家存亡の危機だ。
 ところがその後、数年のうちにアイスランド経済は奇跡の復活を遂げることになる。その理由は、2度の国民投票によって、ファンドや年金基金、金融機関や事業法人など“プロ”の大口債権者からの借金を踏み倒したことだ。こんな離れ業が可能になったのは、ギリシアのようにユーロ圏に入っておらず、スペインやイタリアよりもはるかに経済規模が小さいため、ヨーロッパを襲ったユーロ危機のなかではとるに足らない話だと扱われたからだろう。そのうえ通貨クローナの価値が対ドルでほぼ半分になったことから、輸出産業が息を吹き返した。
 アイスランドは11年8月に国際通貨基金(IMF)の支援プログラムから脱し、12年2月には国債の信用格付が投資適格のBBB-に戻った。恒常的な財政赤字に苦しむ南欧諸国とちがって、DIYの国アイスランドには過剰な福祉制度がないからだ。
 もともと投資は自己責任なのだから、「民間銀行の預金を政府が無制限に保護する理由はない」というアイスランド政府の主張は正論だ。アイスランドは「市場原理主義」によって巨大なバブルを起こし、同じ「市場原理主義」によって短期間に復活したのだ>


 以上のような話だったのですが、私は首を傾げてしまいました。これにより、アイスランドは責任を果たし、アイスランドは自己責任国家たと言えるのでしょうか。流れがよく理解できません。破綻は誰の責任であり、誰が損失を被ったのは誰か?と考えると違和感があります。

 記事の中では、"国全体がヘッジファンド"という言葉がありました。そうであるなら、国全体=国民が責任を取るべきなような気もします。でも、このケースでは国民が責任を取っていませんよね。むしろ無責任国家のように感じます。気になったので、Wikipediaも読んでみました。

・金融危機以前
<2008年9月から顕在化した世界金融危機により、アイスランド経済は現在危機に陥っているが、それ以前は一時的な繁栄を謳歌していた。全体の国内総生産(GDP)は少なかったが、国民一人当たりでは世界でもトップレベル(2006年時点で世界5位)であった。さらに国際競争力も高く、世界4位、ヨーロッパ1位となっており、小国ながら特筆すべき経済力を持っていた。
 産業としては金融部門の伸びが著しく、金融、不動産がGDPに占める割合は、26%に達した。これが、後にこの国の経済危機を招いた。一方、従来の主力産業であった漁業のGDPに占める割合は6%まで減少した(2006年時点)>

 政府の財務体質は良好で、1998年以降は黒字。一時は大胆な産業構造の転換の成功例として華々しく紹介されていたといいます。これは最初の記事の話と同じですね。ただ、実際には崩壊してしまったので、これまた当然最初の記事と同じように、実際には「破綻の危険性と常に背中合わせの状態であった」と説明されています。

・金融危機以後
<2008年9月、アメリカ合衆国のサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機により、アイスランド経済は危機に陥った。2008年9月29日にグリトニル銀行が政府管理下に置かれ、クローナの対ユーロ相場は大幅に下落した。10月6日には政府が非常事態を宣言し、議会はアイスランド国内の全銀行を国有化する法案を可決した。7日にはランズバンキ銀行が国有化され、9日には最大手のカウプシング銀行も国有化された。
 こうした危機を乗り切るため、アイスランド中央銀行は8日にロシアから40億ユーロの緊急融資を受けることを発表したものの危機は収まらず、10月14日には国際通貨基金 (IMF) に正式に支援を要請した。 10月27日にカウプシング銀行のサムライ債(円建ての債券)780億円が事実上のデフォルト(債務不履行)となった>

 サムライ債とは、海外の機関が日本国内で発行する円建ての債券のこと。これが破綻したのですから、たぶん日本も損失を出したということでしょうね。貸した側にも当然責任がありますので、日本はその責任を取りました。自己責任だとは言えます。しかし、借りた側のアイスランドは責任を果たしの?と考えると、釈然としません。

<2010年1月、政府管理下での公的資金投入を決定。しかし、外国(とくに英国・オランダ)の大口預金者までも自分たちの税金で救済することに国民が反発し、大統領が拒否権を発動した。ついにこの問題は2010年3月6日に国民投票となり、圧倒的票差で否決されてしまった。これに対し、自国大口預金者への負担の「肩代わり」をすでに済ませた英国・オランダ政府が支払いを求めて反発。2011年2月、再び公的資金投入を決定、しかし再び大統領が拒否権を発動。2011年4月、再び国民投票となり、再び否決されてしまった。このために、IMFによる支援やEU加盟にまで悪影響を及ぼしている。(中略)
 なお、通貨暴落で原材料輸入費が高騰したのを受けてマクドナルドでは2009年10月31日に異例とも言えるアイスランドからの撤退を行った>

 これが本当に自己責任なんでしょうか?何か他人に迷惑かけまくっているイメージが残りました。しかし、これを素晴らしいことだと考えている人もいるというのは事実。主流メディアは報道しないが、既に、アイスランドで無血革命が進行している!(ログ速)というスレでもそういった主張でした。

1 : 名無し募集中。。。 : 2012/04/14(土) 16:51:36.73 0
主流メディアが報道しないので、私たちはほとんど知りませんでしたが、
アイスランドで、国民による無血革命が着々と進行しています。

アイスランドが2008年にデフォルトし、その際、借金を踏み倒したこと、
そしてその後、わずか4年で、国債の格付けを投資適格まで引き上げるのに成功したことは、以前、お伝えしましたが。
その他の詳細を、私も知りませんでした。ここまで進んでいたとはネ!

― 内閣総辞職
― 中央銀行国有化
― 経済に関する決定を、国民投票で
― 責任者たちを投獄
― 国民による憲法改正

何故、(奴らに支配された)主流メディアが報道しないかというと、もちろん、
今、危ないギリシャやアイルランド、ポルトガル、スペインに、
真似されると困るからですよね。でも、、、、、真似すると思いますよ。笑) 
元々、国際金融ギャング団が、違法に、国家を罠にはめて、国の資産を乗っ取るために背負わせた借金なのですから。

アイスランドの無血革命、時系列で要約すると、以下の如くなるようです。


2 : 名無し募集中。。。 : 2012/04/14(土) 16:53:13.66 0
2008年

中央銀行を国有化。貨幣クローナが無価値になり、株式市場は停止。国家は破産した。


2009年

国会前で、国民が抗議行動。内閣総辞職で、総選挙。ひどい経済状況。この時、提案されていたのは、国家の負債として、35億ユーロをイギリスとオランダに、月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことであった。



3 : 名無し募集中。。。 : 2012/04/14(土) 16:53:22.69 0
2010年

国民が抗議デモで、国民投票を要求。2010年1月、大統領は、提案を拒否し、国民集会を宣言した。

3月、国民投票により、支払い拒否が93%で可決。この間、政府は、この危機を招いた責任者たちに対する捜査を行い、
多くの企業役員や銀行家が逮捕された。

インターポールが、犯罪に関与したグループに、国外退去を命じた。この危機を通じて、
憲法改正を行うための国民議会が選出された。522人の立候補者から、無所属の25人の市民が選ばれた。
候補者の資格は、成人で、30人のサポートを得ていること。

25人の市民は、新憲法の草稿を、国会に提出した。この普通の住民からなる25人は、
オンラインで、何百人もの他の住民の助けを借りて、その書類をまとめた。


4 : 名無し募集中。。。 : 2012/04/14(土) 16:53:50.90 0
2011年

2月から、憲法集会がスタートした。全国の多様な集会が推薦するマグナカルタを提示。これは、現在の国会と次の正式選挙を通じて承認されなければならない。

2012年

6月30日に提案されていた国民投票は、国会により延期され、次の日程はまだ決まっていない。

さらに、驚きのニュースです。アイスランドは、国民に対して、住宅ローンを免除したそうです!

Iceland Forgives the Mortgage Debt of its Population

やれば、できるんですね! いいなあ、住宅ローン免除って! 皆さん、そう思いません? 


 一方、【ゴネ得ゴネ得】怒り結実アイスランド 市場より国民優先 ユーロ圏上回る成長(2012/03/02)では反応が分かれており、批判的なものも多いです。


1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2012/02/28(火) 13:04:22.82 ID:???

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120228/mcb1202280504019-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120228/mcb1202280504019-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120228/mcb1202280504019-n3.htm

[1/2]
2008年の世界金融危機で破綻状態に陥ったアイスランド経済が順調な回復ぶりを見せている。
今年の国内総生産(GDP)成長率は債務危機にあえぐユーロ圏を上回る見通しで、今月には
格付けも投資適格級へと引き上げられた。
また経済再建の過程では国民はGDPの3分の1に相当する債務を減免されるなど、
09年に議会への投石など激しい抗議行動を巻き起こしたその怒りが、負担軽減として実を結ぶ
格好ともなっている。

◆世帯債務を免除も
アイスランドでは08年、米リーマン・ブラザーズの破綻のあおりで銀行が850億ドル
(約6兆9000億円)のデフォルト(債務不履行)に陥り、経済・金融が崩壊。
以来、政府は大手3行を国有化して公的資金を注入するなど経済再建に取り組んできたが、
ここに来てその効果が現れつつある。
09年に6.7%減まで落ち込んだGDP成長率は昨年には2.9%増まで回復。
(中略)

金融危機への対処でアイスランドが取ったアプローチは、あらゆる場面で国民の要求を市場より
優先させるというものだ。
政府と銀行の取り決めにより、各世帯は債務が住宅価格の110%を超える場合、それを
免除されることになった。

アイスランド金融サービス協会(SFF)が今月公表したリポートによると同国の銀行は
08年末以来、GDPの13%に相当する債権を放棄し、全国民の4分の1以上が債務負担を
軽減された。これに加え、最高裁が10年6月に外貨連動型のローンを違法とする判決を
下したことで、通貨クローナの下落に伴う損失を負担する必要もなくなった。

「アイスランドの危機から学ぶべき教訓は、ほかの国が債務を削減する必要があると考える場合、
この110%の取り決めがいかに成功を収めたかに目を向けなければいけないということだ」。
首都レイキャビクにあるアイスランド大学のソーロルフル・マティアソン教授(経済学)は
そう話す。
「この救済策がなければ、住宅所有者はローンに押しつぶされていたに違いない。
08年には所得に対する債務の比率は240%に達していた」


 こちらでも批判ばかり…ということはなく、アイスランドの例を好感する反応もありました。まずは、そうした好意的な反応を紹介していきます。


11 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 13:24:40.33 ID:T+oTA0V6


国民資産を守り、負債を拒否し、金融機関を自由市場の中に放り込んだ。
今の欧州や米国と真反対の政策を行ったからな。
これぞ根本治療、アイスランドはこれからまた地味ながらも経済的に前進していくだろう。

日本のマスゴミがアイスランドの成功例を報じないw
だからほんとの成功例なんだよ。


13 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 13:27:54.85 ID:uGZFOkCy


>>11
そう金より人の命という当たり前のことだよね。
銀行なんていくら潰れたっていいんだよ。
紙幣なんか紙なんだから。


32 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 13:57:28.42 ID:saZAl5Wz


>>11
1のソースは何だと思ってるんだ
サンケイbizはマスコミじゃないのかい?


 続いて、批判的な反応を紹介。こっちの方が多かったですね。



8 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 13:20:10.30 ID:g11qRDaS
経済規模が小さいので、ちょっとした産業の盛衰、例えば局地的な観光地の賑わいなどで景気は大きく変わる。
今回は、それが偶然良い方に出ただけ。

当然、運が悪けりゃ逆の大不況もあり得る。
小規模な偶然の産物は何の参考にもならない。
ミクロでマクロを語る愚、その好例。


24 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 13:47:21.03 ID:ypiUcHmz
イギリスなどの一般市民の預金を踏み倒して
食う飯はさぞかし旨かっただろうな


41 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 14:59:57.84 ID:LlVTiQNW
政府、銀行、国民全てが借金踏み倒しか
これが出来るのは経済規模が極少な国だからこそだな


42 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 15:00:01.72 ID:dW9da1Rw
できるだけ簡単に言います

アイスランドは人口たったの32万人の小国です

小国だから、いろんな改革ができたのです

「小回りがきく」という言い方は妥当ではないかも知れませんが、イメージはつかめると思います

ずう体のでかいEUや日本ではこう簡単にはいろいろとはできません

「アイスランドができたのに、EU、日本はなぜできないんだ」的な指摘は的はずれです

人口5億加盟国27国のEU、人口1億2500万人の大国日本と人口32万人の小国アイスランドを一緒には語ることはできません



43 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 15:03:09.44 ID:7QS7RyBd
32万って中野区ぐらいか 国とういうより町だね


48 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 15:34:16.25 ID:HOBd4XiH
>>46
正直これよんで直ぐに真似しろとか思うアホ相当居るんだろうなw
世界中で(日本も含めて)債権放棄が起きた場合の
貸し倒れになる債権者は実は日本とその国民なんだけどなw


49 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 15:37:22.37 ID:j7kl2FcT
早い話、徳政令出した上で
海外からの文句も突っぱねたってことじゃないのか、これ


57 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 16:12:12.45 ID:HhqvpDQ1
>>1
破綻してからやり直したほうが楽なのは過去からも明らかだろ。
まじめな奴ほどバカを見る、ほんとフザケタ話だわ・・・


63 :名刺は切らしておりまして 2012/02/28(火) 16:21:20.68 ID:yBmgV57n
小さい国は、苦しくなったら債権放棄してもらう。これの繰り返しでいいよな。
要はなるべく大国から金を借りせびること。大国が債権放棄に応じれること。
小国は20年に一度破綻してもいい。大国は80年ぐらいか?
日本が潰れるには、世界帝国(中国)を作って債権放棄を迫る形にもっていくべき。


113 :名刺は切らしておりまして 2012/02/29(水) 02:11:50.36 ID:dDRdIsmu
借金を踏みたおして経済成長とか言われてもねえ
小国だから許されてるだけだろ


129 :名刺は切らしておりまして 2012/03/02(金) 12:20:44.15 ID:HZEALkVn  
「アイスランドは現代の時代に破綻して良かったな。時代が時代なら国が滅んでた。 」
 100年前なら英国・オランダどちらも数日で、植民地か併合だよな
こんなフザケタ事をしでかしたら・・・。


 2008年のGDPについて調べてみると、日本の都道府県で一番低い鳥取県が2.0兆円。一方のアイスランドはさらにそれを下回る1.7兆円となっています。町レベルとは言いませんが、極めて小さいです。ギリシャのGDPは35兆円で大阪府程度、ポルトガルは25兆円で神奈川県と埼玉県の間くらい。ギリシャ・ポルトガルとも全く規模が違いますし、ましてや日本の504.4兆円となると雲泥の差です。
(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4550.html)

 "GDPの3分の1に相当する債務を減免"とありましたので、実際の踏み倒しは5700億円くらいでしょうか?ちなみにリーマン・ショックの張本人リーマン・ブラザーズの負債総額は約64兆円です。ここから見てもアイスランドは極めて小規模であり、いっしょにはできなそうです。

 また、この前破綻したエルピーダの負債額は4480億円だそうですので、5700億円はここらへんが近くなります。


 とりあえず、日本の話といっしょにするのは乱暴でしょう。さらに、小規模だからと言って踏み倒して良いものなのか?ということも思います。私はベンチャー企業はチャレンジして失敗しても良いじゃないかという考え方ですけど、そういう感覚なんでしょうか?よくわかりません。

 私としては何かアイスランドのイメージが悪くなる話であり、大喜びして褒め称えるような話には思えませんでした。日本も損失を被(こうむ)っているみたいですしね。


●中国人のアイスランド旅行人気急上昇の理由がトンデモすぎる…

2023/10/03追記:アイスランドの最近のニュースは?と検索。アイスランドが中国人旅行者の新たな「恋人」に―米メディア(Record China 2023年10月2日(月) 10時0分)という記事が出てきました。中国人が自分で「恋人」と言っているのではなく、アメリカの報道がベースのようです。

<中国紙・環球時報(電子版)は9月28日、「中国人旅行者がアイスランドに新たな恋心を抱く」とする米旅行業界ニュースサイト、スキフトの記事を取り上げた。
 記事によると、中国人旅行者の信頼が回復しつつあるのに伴い、旅行予約も回復しつつある。中国人旅行者が世界の旅行シーンに戻ってくると期待される中、予想外の目的地であるアイスランドの人気が急上昇している。
 ドラゴントレイルが9月に発表した「中国人旅行者センチメントリポート」によると、その増加の原因は、中国の各SNS上でアイスランドの活火山を紹介する写真やビデオが拡散したことによるものだ。アイスランドはこれまで、中国人旅行者の海外旅行先トップ10に入ったことはなかったが、現在では中国人旅行者がアイスランドで4番目に多いグループとなっている。>

 「火山噴火のせい」というマジで予想外の理由。火山は危ないんですけどね。日本でも無謀な登山客が大勢亡くなる事件が起きました。中国人が旅行商品を検討する際、価格、安全性、利便性がトップ3の要素という調査結果が出ていたんですけど、それでなぜ火山なんですかね…?

 記事では、海外旅行の目的地に関する情報を得るために、微信(ウィーチャット)、微博(ウェイボー)などのSNSを利用していると回答した割合は約72%という話もありました。火山を直接見に行くという意味ではなく、単にSNSで露出が増えたことで注目を集めたということなら良いのですけど…。

2024/02/23追記:以上のように書いていたのですけど、再投稿直前に読み直していて、危険性が低下したと判断された火山が観光に使われること自体は普通だと気づきました。そもそも私も北海道有珠郡壮瞥町にある火山「昭和新山」を見に行ったことがありましたわ。自然の怖さや迫力を感じる荒々しさ・生々しさがありました。


●アイスランドでまた噴火、全住民避難 水道管破裂で非常事態宣言も

2024/03/01追記:前回追記で「危険性が低下したと判断された火山が観光に使われること自体は普通」と書いていたのですけど、アイスランドではまた噴火が起きて危険な状態に。以下は、前回の追記2023/10/03と再投稿直前に追記した2024/02/23の間である2024年1月15日の記事です。

アイスランド南西部で噴火、近くの町に溶岩流出し住宅火災 全住民が避難 - BBCニュース(2024年1月15日)
<アイスランド南西部レイキャネス半島で14日朝、噴火が起き、流れ出た溶岩が近くの町に到達し、複数の住宅が燃える被害が出た。町の全住民が避難を余儀なくされた。
 半島南端にある、漁業が盛んな町グリンダヴィーク(人口約4000人)近くでこの日、地面に走った2つの亀裂から溶岩が流れ出た。この噴火について、「最悪のシナリオ」になり得ると指摘する専門家もいる。
 同国の警戒レベルは、3段階で最も高い「緊急」に引き上げられた。これは、人やコミュニティ、財産、環境に対する危害の恐れがあることを示すレベル。>

 周辺では昨年(2023年)12月にも噴火が起き、後に防護壁が建設されていました。しかし、防護壁は今回流れ出た溶岩を部分的にしか食い止められず。12月の噴火がおさまったことでグリンダヴィークに戻っていた住民は、再び家を追われました。

 その後の2024年02月09日にもアイスランドでまた火山噴火 水道管破裂で非常事態宣言:時事ドットコムというニュースが出ています。やはり根本的なところとしては、火山が危険なのは間違いありません。人命が関わるだけに、観光利用の判断はかなり難しいだろうと思います。

<アイスランド南西部レイキャネス半島で8日、火山が噴火した。昨年12月以来3度目で、新たな亀裂から噴き出した溶岩で水道管が破裂。政府は非常事態を宣言した。 (中略)
 非常事態当局は声明で、約2万8000人が暮らすレイキャネス半島南部で「温水管が壊れ、温水不足を招いている」と指摘。住民らに電気と温水の使用を控えるよう呼び掛けた。 >


【関連投稿】
  ■公務員天国ギリシャの公務員の優遇待遇 ~遅刻しなければ手当など~
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由