Appendix

広告

Entries

ソフトバンクのイー・アクセス買収による周波数帯獲得は、詐欺的であり反則 700MHz帯プラチナバンドの免許は返却すべき


 ソフトバンクのイー・アクセス買収ですが、どうやら道義的には問題があるようです。

J-CASTニュース
買収でソフトバンクさらに「プラチナバンド」 こうした周波数帯獲得方法に問題ないのか
2012/10/ 2 19:21

 ソフトバンクがイー・アクセスの買収を発表した。発売間もない米アップルの「アイフォーン(iPhone)5」が、両社それぞれの周波数帯で使えるようになるため利便性が増すという。

ソフトバンクは2012年2月、悲願だった「プラチナバンド」と呼ばれる900メガヘルツ(MHz)の周波数帯を獲得した。その後イー・アクセスも700MHzを割り当てられており、経営統合でソフトバンクは700MHzも使えるようになる。周波数帯割り当てを巡ってすったもんだがあっただけに、この入手方法に首をかしげる識者が出てきた。

http://www.j-cast.com/2012/10/02148651.html?p=all

 具体的には以下のような点です。
2012年9月21日に発売されたiPhone5は、通信速度の速い「LTE」の利用が可能だ。ソフトバンクはiPhone5に向けて、同社が持つ2.1ギガヘルツ(GHz)の周波数帯を当ててきた。今回の買収で、イー・アクセスの1.7GHz帯でもLTEサービスを提供するようになる。

(中略)

このことに、経済学者の池田信夫氏が異を唱えた。10月2日付のブログで、こうした場合は「欧米では一つの免許を返却するのが普通だ」としたのだ。

池田氏が根拠としたのは2000年、英ボーダフォン(当時はボーダフォン・エアタッチ)が独マンネスマンを買収したケースだ。両社とも通信大手で、しかもボーダフォンが敵対的買収を仕掛けて話題になった。この前年、マンネスマンは英通信会社「オレンジ」を買収していた。マンネスマンを飲み込んだボーダフォンは自動的に、英国で別会社の通信事業までも手に入れたことになる。ところがこれが、欧州連合(EU)における通信事業規制に抵触してしまったのだ。結局ボーダフォンは、オレンジをフランステレコムに売却し、事なきを得た。

 おかしいと考えている人は他にもいるようです。
 東洋大学経済学部の山田肇教授もブログで、ソフトバンクが900MHz帯と700MHz帯の両方を手に入れることに「公正なことだろうか」と疑問を呈した。

700MHz帯がイー・アクセスのほか、KDDIとNTTドコモに免許が割り当てられたのが6月。山田教授は「もし、6月より前にイー・アクセスが子会社化されていたら、免許の割(り)当て方針は違っていただろう。3社に与えるために、帯域幅を無理やり10MHzに減じる(後々、通信混雑を招く)必要もなかった」と指摘。イー・アクセスの子会社化には、株主総会や公正取引委員会の承認が必要だが、周波数帯の取得申請を審査する総務省電波監理審議会は、既に割り当てを決めてしまったため「手も足も出せないとソフトバンクに見透かされている」と厳しい。

もっとも山田教授は、ソフトバンク批判ではなく総務省電波部による割り当ての方針を問題視したとつづっている。池田氏も山田教授のブログを引用しながら「電監審は割り当てについての審議をやり直し、700MHz帯のイー・アクセスへの割り当てを取り消すべき」と主張した。

 「もし、6月より前にイー・アクセスが子会社化されていたら、免許の割(り)当て方針は違っていただろう」は確かにその通りではあります。

 買収という決定自体は仕方ないことじゃないかなと思いますが、欧州連合(EU)における通信事業規制では実際に引っかかるようであり、日本の法制度の不備かもしれません。


 使い損ねていた記事をついでに出しますが、700MHz帯の分割方針については以前次のような報道がありました。

2012年3月16日
「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志

5000億円超の資産は山分けへ
プラチナバンド争奪の壮大な出来レース


「念願のプラチナバンドの認可を得ることができました。携帯事業で一番うれしい日となりました」

 ソフトバンクの孫正義社長は3月1日、記者会見でこう述べた。(中略)

 ソフトバンクは応募した他の3社に比べ、プラチナバンドを持たず、既に持つ周波数帯に対し契約者の数が多いことが決め手となった。

 だがこれはあくまでも第1ラウンドに過ぎず、じつはすでに第2ラウンドの幕が開いている。

 それが700MHz帯を巡る審査だ。今回、ソフトバンクが獲得したのは900MHzで、もう一つのプラチナバンドなのだ。4月以降に応募を受けつけ、夏ごろには割り当てが決まる予定である。

 しかし、これがどうもソフトバンク以外の通信3社(NTTドコモ、KDDI、イー・アクセス)で決まりそうなのだ。

 というのも、総務省は開設指針案で「3者に割り当てる」と示し、既に割り当てが決まっているソフトバンクをあえて「劣後させる」と明示した。

 これは「より多くの事業者に電波を割り与える方が競争を促進できる」(移動通信課)といった考えに基づくもののようで、ソフトバンクも応募しない方針。つまり、700MHzに関しては、はなから残りの通信3社に与えられることが決まっているというわけだ。

(略)

http://diamond.jp/articles/-/16616

 こういった割り当て方針でしたので、当然ソフトバンクがイー・アクセスを買収していれば、全く違う結果となっていたであろうと予想するのは当然です。

 なお、ダイヤモンド・オンラインの記事自体は総務省批判が主体でした。

 これでは、国民の財産であり、土地で言えば「銀座の一等地」に当たるプラチナバンドが、結果として既存4社に無償で「山分け」されたことに等しく、壮大な出来レースだったといっても過言ではない。

 電波行政を巡っては、3月9日、大きな岐路ともいえる電波法改正案が閣議決定され、国会に提出された。

 これは電波の割り当てにオークション制度を導入するというもの。(中略)

 背景には、これまで総務省の「さじ加減」で決まっていたものを、オークション導入によって審査の透明性を高めるとともに、電波の有効利用を図り、入札で得た資金を国の財源に当てようとの狙いもある。

 (中略)700MHz帯が使えるようになるのは2015年以降。それをなぜ今、オークションを実施せずに急いで割り当てるのか明確な説明はない。

 その価値は5000億円以上ともみられている。「法案まで出ていて実施しないのは、国民の財産の食い逃げを許すようなものだ」(大阪大学の鬼木甫名誉教授)との指摘は根強い。

 将来的なオークション導入を決めていながら、それを使わずにタダで分け与えてしまったというのを問題だとしているようです。

 今回、ソフトバンクはKDDIとイー・アクセス買収で競り合い、買収額の大きさも注目されました。

 それはプラチナバンドの電波の価値が高かったということも示しており、割り当てを遅らせてオークションをしていたら大きな「国民の財産」になっていたと言えるのかもしれません。

 何だかここらへんはいろいろとおかしそうな感じですね。


 関連
  ■アップルiPhone5のiOS6の酷すぎる爆笑地図アプリリンク集 パチンコガンダム駅、マクドナルド駅、ハングル語など
  ■ソフトバンク 内定前の学生に営業させる
  ■Google、マイクロソフト、ソフトバンク、アリババがYahooを買収?
  ■違法ダウンロード刑罰化とアニメアイコン・二次創作など
  ■LINEは危険なアプリ アカウント乗っ取りがすごく楽!
  ■その他のインターネット、パソコンなどについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由