Appendix

広告

Entries

意味がわからないカタカナ用語 ソーシャルとはどういう意味?


2012/10/12:
意味がわからないカタカナ用語 ソーシャルとはどういう意味?
ソーシャルメディアはインタラクティブ…ってだからその横文字の意味がわからない
ソーシャルメディアは地下鉄の駅の伝言板に似ている
「ソーシャル」を「社交」と訳すのは間違い?
ソーシャルは「相互コミュニケーション」的な感じ?


●意味がわからないカタカナ用語 ソーシャルとはどういう意味?

2012/10/12:ソーシャルって意味がいまいちよくわらかないのでいろいろ見てみました。特にソーシャルメディアで使われる「ソーシャル」の意味ですね。まず、辞書的な意味はこちら。

social
【名】
親睦会、〔内輪で行う〕パーティー
【形】
社会的な、社会の、社会生活を営む
社交のための、社交(上)の
社交界の
社交的な、人付き合いの良い、愛想の良い

social media
ソーシャルメディア◆インターネット上で参加者が情報を提供・交換・共有して、参加者間のコミュニケーションを活発化させるサービス。
(英辞郎 スペースアルクより)

 上記を見ると、ポイントとなるキーワードは「コミュニケーション」とか「共有」とかみたいな感じです。


●ソーシャルメディアはインタラクティブ…ってだからその横文字の意味がわからない

 さて、もっとちゃんと詳しいものも読んでみましょう。タイトルを見て良さげだなと思ったのは、日経新聞のいまさら聞けない「ソーシャルメディア」とは?(ソーシャルメディアの歩き方(藤代裕之) )という記事。

 作者は、ソーシャルメディアについて、「よく分からないまま言葉を使っている」「活用したいけれど、どうしていいかわからない、怖い」という声を聞く、としていました。皆さんやっぱりよくわかっていないんですね。

 ここではWikipediaの説明を載せていました。「誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである」というもの。さらっと流されて説明がないんですけど、この時点で横文字が出てきてわけわかりません。とりあえず、「インタラクティブ」というのは検索しておくと、相互作用、双方向性、対話式といった意味が書かれていました。

 記事では、ソーシャルメディアの具体例として、電子掲示板やブログ、ソーシャルブックマーク、カスタマーレビューなどのインターネットサービスを挙げていました。

 ソーシャルメディアは、人々の情報発信が作り出すメディアだとも書かれています。そして、コミュニケーションや会話といってもいいとされていました。一方的なものではなく、インタラクティブなやり取りがあるものとも書かれています。
 ここでまた「インタラクティブ」が出てきましたね。さっきも書いたように、これは、相互作用、双方向性、対話式といった意味のようです。さっきの「コミュニケーション」「共有」とも近いイメージでしょうか。


●ソーシャルメディアは地下鉄の駅の伝言板に似ている

 なお、記事で出ていたソーシャルメディアの特徴に関してポイントを書き出すと、以下のようになります。

・パーソナルメディア=個人から個人への伝達
・マスメディア=多くの人に伝達可能だが、一方的で、資本や規制による制約があり、誰もが情報発信できるわけではない。
・ソーシャルメディアはインタラクティブな広がりを持つ。人々が情報を公開することで、会話や考え、つながりが可視化された。
・ソーシャルメディアは地下鉄の駅の伝言板に似ている。地下鉄の掲示板も、「先に行きます」という個人から個人へのメッセージを、通り過ぎる人も読むことができるし、時々どこの誰かわからない人から反応(落書きや突っ込み)がある点でインタラクティブ。

 ソーシャルメディアは発信すると同時に、繋がりというのも特徴なようです。


●「ソーシャル」を「社交」と訳すのは間違い?

 もう一つ、タイトルは良さげだった「ソーシャル」の意味は「社交」なんだろうか?(2011年01月25日 11時01分更新 中野克平/Web Professional編集部)というもの。ただし、こっちは読むと余計こんがらがってきた記事でした。
 ソーシャルメディアやソーシャルゲーム、ソーシャルネットワークなど、「ソーシャル」という言葉が流行っている。ただ、「ソーシャル」に「社交」という訳語を当てた説明に出くわしたとき違和感を覚え、私の感覚が何に基づいているのか、考えてみた。

 Wikipedia英語版で「social media」を調べると、(中略)つまり「social media」という場合の「social」は「2人以上の交際」、「個人同士の関係」であることがわかる。「Social network」や「Social gaming」は社会学用語にたどり着くので、現在のWebで起きている「social」の特徴を、Wikipedia英語版の執筆者たちがどう理解しているのかは「social media」でしかわからなかった。

 一方、Wikipedia日本語版では「ソーシャルメディア」や「ソーシャルゲーム」の「ソーシャル」は「多数の人々が参加する双方向的な会話」、「他のユーザーとコミュニケーション」と言い換えられており、英語版よりも対話の意味合いが強いようだ。また、「ソーシャルネットワーク」は「社会的ネットワーク」に転送され、Wikipedia日本語版の執筆者たちにとっての「ソーシャル○○」の特徴が何なのかはよくわからなかった。いずれにしても、Wikipedia日本語版では単に「社交」とは説明されていない。そこで、Google日本語版で「ソーシャルネットワーク」を調べると、「社交」や「人脈」と説明する人にやっとたどり着いた。「社交」というとお付き合いを深めるイメージがあり、「人脈」というと人脈を広げるイメージがあり、交際とも対話とも違うイメージだ。「公衆」が便所にしか使わなくなっているのと同様、そもそも「社交」という言葉はダンスとか辞令にしか結びつかない言葉になっている。いまさらソーシャルを社交と訳されても説明された気がしないのが、ソーシャルを社交と言い換えるときの違和感の正体だろう。

●ソーシャルは「相互コミュニケーション」的な感じ?

 ソーシャルは普通「社会的な」と訳されます。わかりづらいものの、「社会」は society の訳語だそうですけど、三省堂 大辞林を見ると、相互関係といった今回出てきたワードとの似た説明が登場しています。

(1) (ア)生活空間を共有したり、相互に結びついたり、影響を与えあったりしている人々のまとまり。また、その人々の相互の関係。
(イ)同種の生物の個体間の相互関係や、それらのまとまり。
(2)同じ傾向・性質、あるいは目的をもつ人々のまとまり。
(3)(自立して生活していく場としての)世の中。世間。

 ということで、今はとりあえず「相互コミュニケーション」的な感覚で覚えておこうと思います。


【関連投稿】
  ■Facebookを実名ではなく匿名で登録して使うことは可能?
  ■フェイスブックなど実名SNSの危険性 ストーカー、殺人への利用
  ■Facebookのセキュリティ IPアドレスバレ&ヤフーパスワード要求
  ■フェイスブックとツイッターはなぜ流行った?日本・アメリカ・ブラジルの場合
  ■デマ拡大は善意が引き起こす 地震時のTwitter拡散希望デマの研究
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由