Appendix

広告

Entries

LINEの注意点 意図しない人に「タイムライン」「ステータスメッセージ」を見られる危険性


 LINEで名前を本名にする危険性 意図しない人に知られるおそれLINEの危険性 知らない人と「友だち」になったり、メッセージが来たりするの続きです。

 
 "小寺信良「ケータイの力学」:「LINE」で何が起こっているのか(3)"([小寺信良,ITmedia] 2012年09月10日 11時22分 更新)によれば、LINEでのテキストコミュニケーションは「トーク」「タイムライン」「ステータスメッセージ」の3タイプあるそうです。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/10/news032.html


 「トーク」が一番個人的なもので、「タイムライン」「ステータスメッセージ」の順に段階的に公開範囲が広くなるというイメージだそうです。

 それぞれについては、以下のように簡単にまとめられていました。


「トーク」……友だち関係にある個人に対して公開されるメッセージ

「タイムライン」……友だち関係にある全員に対して公開されるメッセージ

「ステータスメッセージ」……相手が自分を友だちと認定している範囲に対して公開されるメッセージ


 前々回やった3つの名前もややこしかったですが、それに比べると今回は分類に思想・法則性を感じるものの、やはりややこしいものがあります。

 特にこの最後の"相手が自分を友だちと認定している範囲"というのがわかりづらいんですが、後で説明が出てきます。


 とりあえず、その「ステータスメッセージ」だけじゃなくて「タイムライン」も要注意ですので、先にこちらについての説明部を引用します。

 自分がタイムラインで発言したものは、「ホーム」にまとめられる。ユーザーそれぞれが自分の「ホーム」を持っているというイメージだ。

 ホームでは、あるの発言に対して付けられた他の人のコメントも見ることができる。したがって、あなたの友だちがあなたの「ホーム」をのぞくと、あなたが別の友だちとやり取りしているところが丸見えになる。友だち間は全くの他人でも、あなたの発言を通してコメントが読めるのだ。

 うっかりタイムラインでやり取りしていると、あなたが元カレ・元カノとヨリを戻そうとしているところを現行のカレ・カノに突き止められるかもしれない。

 タイムラインとホームは、誰に見せるか相手を限定することができる。そうは言っても、新しく友だちになった人はデフォルトで公開になっているので、原則的には友だちには公開するものという前提で設計されているのだろう。

 さて、"相手が自分を友だちと認定している範囲"というわかりづらい状態の話です。

 こちらは前回のLINEの危険性 知らない人と「友だち」になったり、メッセージが来たりするとも関係してきます。

 3つのパターンのうち、最後の「相手が友だちと認定している」という状況をもう少し詳しく説明しよう。1つは、こちら側が友だち認定していないにもかかわらず、相手方がこちらを友だち認定している場合である。これは相手がこちらの電話番号を知っている場合、あるいはLINE IDを知っている場合には、こちら側の意志とは関係なく、友だちとして認定できるために発生する。

 一方的に友だち認定されている相手は、こちらのLINE上では、「友だち追加」のところにある、「知り合いかも?」という一覧に表示される。ここには、相手もこちらを友だち認定していないが、LINEのサーバ上にアップされた電話帳データを付き合わせて、相互に電話番号を知っている相手もリストアップされるようである。

 前回書いたような古い電話番号の使い回しのために知られてしまう場合もあります。

 さらに別のケース。

 もう1つのパターンは、いったん相互に友だち関係になったが、こちら側が相手をブロックした場合である。ブロックした場合の動作は、多少複雑だ。

 まずブロックした相手は、こちらのLINEでは友だち一覧や知り合いかも?一覧には出てこないので、こちらから相手に1対1でトークや無料通話を行なうことができない。

 一方ブロック相手からは、こちらは友だちとして見え続ける。トークを送った場合、問題なく送信されたように見えるが、こちら側には届いていない。届いていないことが、相手には分からないようになっている。

 これはいかにも日本人的な配慮だが、ブロックしたことがばれるのは、相手がこちらに無料通話を行なおうとしたときだ。このとき、相手は最新バージョンを利用していないか、通話機能に対応していないため応答することができない旨のメッセージが出る。

 額面通り受け止めれば、バージョンが古いか、通話機能がない端末でLINEを使っているということであるが、実際にそういうケースはほとんど存在しない。

 これは実際にリアルの知り合いであっても起こり得るケースです。


 大事そうなので最後にもう一度載せておきますが、以下の使い分けにはご注意ください。


「トーク」……友だち関係にある個人に対して公開されるメッセージ

「タイムライン」……友だち関係にある全員に対して公開されるメッセージ

「ステータスメッセージ」……相手が自分を友だちと認定している範囲に対して公開されるメッセージ


 次回は前回と重なる部分が多いんですが、まとめ的な設定の注意点です。


 追加
  ■LINE・カカオトークでトラブルを防ぎ、安全に使うプライバシー設定 ポイント5つ

 関連
  ■LINEで名前を本名にする危険性 意図しない人に知られるおそれ
  ■LINEの危険性 知らない人と「友だち」になったり、メッセージが来たりする
  ■メッセンジャーアプリLINEのSNS参入の評判・LINEの長所と短所
  ■アプリのLINE、出会い系としての危険性
  ■LINEは危険なアプリ アカウント乗っ取りがすごく楽!
  ■その他のインターネット、パソコンなどについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由