Appendix

広告

Entries

無料通話アプリLINEが急激に成長した理由 サービス利用開始の簡単さ


 LINEの危険性シリーズは前回で一区切りですが、構成上使わずに余った部分をおまけといった感じで載せておきます。

  ■LINEで名前を本名にする危険性 意図しない人に知られるおそれ
  ■LINEの危険性 知らない人と「友だち」になったり、メッセージが来たりする
  ■LINEの注意点 意図しない人に「タイムライン」「ステータスメッセージ」を見られる危険性


2012年08月13日 11時00分 更新
小寺信良「ケータイの力学」:「LINE」で何が起こっているのか(1)

無料通話アプリとして若年層を中心に人気の「LINE」。最近はSNS化などのプラットフォーム戦略を進めて存在感を増している。だが、電話番号を知っていれば「友だち」と関係が決定するシステムに、不安がないわけではない。

[小寺信良,ITmedia]


(略)筆者およびMIAUが青少年のネット利用に関してコミットしはじめた2008年頃は、もっぱらケータイの「プロフ」が問題視されていた。いわゆる「出会い系」として機能しているという点である。これも2010年頃にはブームが過ぎ、その代わりに過去問題だった「学校裏サイト」が再び問題として浮上してくるといった現象も見られた。

 もしかすると3年程度でサービスに浮沈があるのは、中学、高校が三年制であることと何か関係があるかもしれないが、これはまだ個人的な推測の域を出ていない。

 さて、現在保護者の間で懸念されている子どものスマートフォン利用は、ハードウェアの移行に伴う構造変化で、これは近年まれに見る大きなプラットフォームチェンジだ。これを機会に、これまでの問題点とは性質の違ったものが次々に起こってくると思われる。その1つがソーシャルゲームであり、もう1つは個人ベースのコミュニケーションプラットフォームである。(略)

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1208/13/news013.html

 小寺信良さんは非常に親身な良い記事を書かれるなと思ったので、あまりこういうこと書きたくないんですが、ソーシャルゲームの問題が"スマートフォン利用"という"ハードウェアの移行"によるってのはどうなんでしょうね?

 ソーシャルゲームの問題というのはグリーやモバゲーのことを言っているのでは?と思いますが、グリーやモバゲーはむしろスマートフォン移行が弱点になると言われていましたし、本人たちも課題として受け止めていると思います。

 と言うのも、舞台がスマートフォンでできることが多くなると、今までのゲームでは見劣りする、単純にライバルが増える(ゲーム以外でもそれこそLINEの利用に時間を奪われるなど)といったところが考えられ、スマートフォンに入ってむしろ深刻化するというのはちょっと解せません。(ユーザーには関係ないことですがその他に、間に入るアップルなどにごそっと利益を取られちゃうので、収益性が悪化するという危機感があるようです)

 まあ、ここらへん私は動向を追いかけていませんので、うまいこと解決したのかもしれませんが……。(あと、スマートフォンではフィーチャー・フォンと比べて全体の利用時間が伸びている……となれば、プラットフォームチェンジが理由とも言えそうですが、これも調べていません)


 次は表題にした「無料通話アプリLINEが急激に成長した理由」です。
 LINEが何なのか、どういうサービスなのかというのは、実はそれほどわかりやすくはないのが実情だ。一般的にはSkypeやWindows Live Messengerのような、インターネット経由で通話とチャットができるプラットフォームだと説明されているが、それだけではこれほどまでに急激に成長した理由の説明にはならない。

 これに関してはすでに諸説あるが、筆者が考えるところでは、導入から実際の運用開始までのハードルの低さがあるようだ。例えばSkypeやWindows Live Messengerを使い始めたとき、あなたはどうやって知り合いを見つけただろうか。まずアカウントを作った時点では、友だち、知り合いはゼロだったはずである。

 連絡を取りたい人からIDを教えてもらったり、名前やメールアドレスで探したりして友だちを見つけ、友だち申請などの行為を経て、少しずつ人間関係を広げていったはずだ。おそらくまた新しいプラットフォームが現われれば、また友だちを探すところから始めなければならない。何度もプラットフォームの乗り換えを経験した人なら、うんざりすることだろう。

 LINEがこの点で大きく違うところは、個人の電話機内に保存してあるアドレス帳の電話番号を使い、自動的に友だち認証を行なうところである。したがって、アドレス帳データの利用を許諾すれば、あなたのアドレス帳の中でLINEを使っている人が、すぐに友だちとしてLINEの中に現われる。

 この根拠は、「アドレス帳に電話番号があるような人はきっと友だち」という、ある意味、非常にデリケートなところに踏み込んできたサービスだと言える。(中略)

 この、電話番号ベースで友だち関係が決定するシステムであるところに、さまざまな火種が内包されていると言える。

 これは私がメッセンジャーアプリLINEのSNS参入の評判・LINEの長所と短所などで書いてきたことと似た見方ですけど、より丁寧に具体的に書かれていますね。

 また、この長所こそが短所(=さまざまな火種が内包されている)であるという見方もよく似ています。

 これの記事は元のITmediaでは本来最初でしたから順番が逆になりましたが、今まで見てきた通り、実際に「アドレス帳に電話番号があるような人はきっと友だち」という設計思想による問題が表面化してきています。

 これらの問題の対応にはLINEの本質的な魅力に関わると思われる部分もあり、残念ながら放置されるのでは?と危惧していますが、大きな社会問題とならないうちにLINEを運営するNHN Japanには対処してくださることを願っています。


 追加
  ■LINEで不具合「他人のメッセージを誤表示」 セキュリティ軽視運営の産物か?

 関連
  ■LINE・カカオトークでトラブルを防ぎ、安全に使うプライバシー設定 ポイント5つ
  ■LINEで名前を本名にする危険性 意図しない人に知られるおそれ
  ■LINEの危険性 知らない人と「友だち」になったり、メッセージが来たりする
  ■LINEの注意点 意図しない人に「タイムライン」「ステータスメッセージ」を見られる危険性
  ■メッセンジャーアプリLINEのSNS参入の評判・LINEの長所と短所
  ■その他のインターネット、パソコンなどについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由