Appendix

広告

Entries

シカと衝突する交通事故!夕方に群れがいたけど夜行性なの?


2022/02/13追記:
●頭の良さが全然違う避け方?鹿と猫とカラスの車の避け方の違い 【NEW】


●シカと衝突する交通事故!夕方に群れがいたけど夜行性なの?

2021/06/23:北海道に戻ってきてから何度か道路脇でシカを見ており、横切られてヒヤッとしたこともありました。さらにこの前は、もうすでに夜といっていい暗い夕方に運転していたところ、シカの群れが横切って危なく衝突するところに。ハンドルを大きく切って危うく避けました。以前もそうだったのですが、ヤツらはむしろ近くなってから横切ってくるので怖いです。

 以前は数頭だったのに、今回は少なくとも10頭はいるという群れだったので、油断したというのもあります。最初に横切った数頭で終わりだと思いこんでしまいました。油断運転です。また、もっと大きな群れも見たことはあるものの、そのときは活発に動いていませんでした。で、夜行性なのかな?と思って検索した…というのが今回の話です。

 この夜行性かどうかの前に、シカとの衝突する事故の多さについての話を。(PDF)令和2年中 鹿が関係する交通事故発生状況(北海道内) - 北海道警察によると、令和2年中(令和2年1月1日~令和2年12月31日)の発生件数は3,511件(前年比+323件)で、4年連続で最多記録を更新し、調査を開始した平成16年の約3倍となったとのこと。増え続けています。

 死亡事故も起きており、かなりやばいですね。このときは14~16時でした。人身事故は3件で、18時~20時、22~24時、0~2時となっています。やはり夜が多いみたいです。とはいえ、これはシカが夜行性なのではなく、視界を確保しづらいという人間側の問題である可能性もあります。

 なお、シカが関連する交通事故は10月の発生が最も多く(全体の23.7%)、次いで11月が多い(全体の18.6%)ということで、秋に偏っているとは言えそうでした。とはいえ、シカが関連する交通事故が起きていない月はまったくなく、最も少ない2月においても86件の交通事故が起きています。秋に偏っているとみなすよりは、年中注意が必要だと考えた方が良いでしょう。


●本来は夜行性ではないのに人間対策で適応?薄明薄暮性の動物との説

 さて、夜行性うんぬんの話です。実を言うと、私が見たのは、質問サイトなので、信頼性は低めなのですが、一応、それっぽいことが書かれていました。シカは夜行性?夜に出没するシカは昼間はどこへ? - 鳥獣害Q&Aというところで見たもの。夜行性じゃないはずなのに、昼はあまり見ないため疑問に思って…という質問でした。以下のような回答が出ています。(複数人の回答で、順番などは入れ替え)

<本来薄明薄暮性の動物で日の出前と日没直後の薄明るい時間帯に活動する動物です。
しかし、人間の行動に合わせて安全な活動時間帯(夜間)を変えた結果です>
<普段は木の陰・茂みの中で仮眠しています>

<彼等の体の模様は、耕作放棄地等に座って夕方から明け方にたべた餌を反芻して居ても、外敵に見つかりにくくなつています。保護色ってやつです。ニホンジカは基本的に日没~日の出が行動時間ですが、昼でも餌を求めて出てくるときもあります>

 なぜかイノシシについて説明している人も多く、「イノシシは、本来、昼が行動時間ですが、人間の影響で、夜間行動しているようです」という回答もありました。一方で、奈良公園のシカは夜に寝て昼に活動し、人間にも慣れているという話も。本来、夜行性の犬や猫もある程度人間に合わせることが多いですし、これくらいの適応ならありそうですね。


●頭の良さが全然違う避け方?鹿と猫とカラスの車の避け方の違い

2022/02/13追記:車に乗っていて、道路の前、かなり遠くの方に何か見えるな…と思ったら鹿の群れでした。道路上と左右の脇…とまんべんなくいます。雪しかなくて何も食べるものなさそうなのに何が食べている様子。不思議でしたが、道路付近の雪解けが早いために、そこで顔を出しているわずかな草を食べていたのかもしれません。

 この鹿の群れで困ったのが、徐行して何回かクラクション鳴らしながら近づいてもなかなか逃げてくれなかったこと。そもそも全然気づいてくれなかったのですが、相当近づいて気づいてからのリアクションがまたのんびり。こんなんで野生で生きられるの?というくらい、もっさりしているのです。

 ゆっくり顔を上げてから「あれ、ぶつかりますかね?どうですかね?逃げた方がいいですかね?」とちょっと考えてから、これまたちょっともっさりした感じでやっと1頭逃げます。これを見て、他の鹿もワンテンポ遅れて逃げて行き、やっと車の通行が可能になりました。こりゃ事故るわ~という感じです。

 同じ時期に3回くらい、カラスが道路脇にいたり、降り立ってきたりしていたことがあったのですが、このカラスたちも直前まで全く逃げません。ただ、鹿のように車を把握していないわけではないんですよ。また、道路脇なので、車が通っても大丈夫と判断しているわけでもないことが、近づいたときの動作でわかります。

 カラスの場合、車が来ていることは完全に把握しており、直前になってからちょんと横の雪だまりに跳ね上がるジャンプで避けます。ギリギリかつ最小限の動きで避けるんですね。鹿との違いが際立っていますし、一気に横切ったり立ち止まったりして車にひかれまくる猫とも全然違います。

 こうした違いはそれぞれの動物の習性の違いであり、人間的な感覚で賢い・賢くないと考えるのは、厳密には間違い。カラスだけでなく、猫や鹿もそれぞれの戦略で今まで立派に生き残ってきており、戦略が異なるだけです。ただ、こういう避け方の違いを見ると、カラスを賢いと思ってしまうのはわかりますね。


【関連投稿】
  ■列車が数十頭のトナカイを轢き殺す事故、数キロにわたって血の海に
  ■シカやトナカイ、角があるのはオスだけでメスはないって本当?
  ■絶滅危惧のモウコノウマ、DNAでクローン 日本のマンモス復活はどうなった?
  ■トランプ大統領は犬嫌い…猫派ってこと?最初の妻の犬の反応は?
  ■アルビノは寿命が短い…はデマ?短命説以外のデメリットも…
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由