Appendix

広告

Entries

的盧は名馬か凶馬か?劉備と龐統(ホウ統)の死


 的盧は三国志で凶馬として出てきますが、Wikipediaの名馬一覧には的盧も赤兎馬などとともに載っています。

的盧
「額が白い」という意味の馬相を指す。凶馬とされる。『三国志』「蜀書 先主伝」に劉備が騎乗したとある。東晋・庾亮の乗馬もこの特徴を有していた(『晋書』庾亮伝、『世説新語』)。小説『三国志演義』では、劉備の愛馬はさらに四白(四本の足すべての足先が白い)で、持ち主に祟りをなす凶相の中の凶相とされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E9%A6%AC%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.BC.A2

 なぜ凶馬だったり名馬だったりするのかと言うと、的盧単独のWikipediaの方を読むとわかります。

的盧(てきろ)とは、額に白い模様を有する馬、あるいはその模様である。額の白い模様が口に入り歯に達しているものを「楡雁」またの名を「的盧」といい、しもべが乗れば客死し、主が乗れば刑死するという凶馬である。

劉備の馬

『三国志』では蜀書「先主伝」注に引く『世語』に記載がある。劉備が劉表のもとに身を寄せていた時期、蔡瑁と蒯越が謀って宴会にかこつけて劉備を害そうとしたため、劉備が的盧に乗って単騎逃走したところ、檀渓の水中にはまって出られなくなってしまった。そこで劉備が的盧に「努力スベシ」と一声奮励すると、的盧は一躍三丈を跳び、ために難を逃れることができたという。

明・張溥が西晋・傅玄の文章を輯した『傅鶉觚集』の「乗輿馬賦序」によれば、劉備が的顱に乗るに至った来歴は大略次の通りである。曹操は劉備が降った際に駿馬を下賜するため、劉備に廏で馬を選ばせた。名馬は百をもって数えたが劉備の意に沿うものはなかった。劉備は下廏で痩せくたびれて骨の浮き出た的顱馬を見つけて撫でてやり、これをもらい受けた。人々は嘲笑した。その後、劉備が荊州で逃走する際、的顱は電光のように速く追手をまいてしまい、人々は態度を改めて感服した。

『水経注』沔水注では(中略)三国志の記述とほぼ異同がないが、劉表が劉備暗殺の首謀者であったと明言している。

(中略)

小説『三国志演義』第34回ではこれらの逸話を脚色し、大いに見せ場としている。もとは降将の張虎の乗馬であったが、劉備が張虎を討伐した際に乗馬を見て「間違いなく千里の馬である」と感嘆し、張虎を打ち破ると奪って劉表に贈った。しかし、馬を見た蒯越が「眼下に涙漕があり、額辺に白点がある。これを的盧といい、乗り手に祟りをなす馬である」と忠告したため、劉表は的盧を劉備に突き返した。劉備にも伊籍が凶馬であるとの忠告をしたが、劉備は「死生命あり、どうして馬に運命を妨げることができようか」と取り合わなかった。その後劉備が蔡瑁に追いかけられていた時、大きな川が道を塞いだ。劉備は「的盧よ的盧!私の運命を妨げるか!」と鞭打つと、突然飛び上がり、一躍対岸へとたどり着いたという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%84%E7%9B%A7

 凶馬であるとみんな言ったけど、ほら名馬だったしょ?って話です。


 さて、今日本当に書きたかった話はここからになります。

 私が昔読んでいたサイトに「逸聞三國志 - 三國志的話題」という三国志演義を深く読み込んで新たな魅力を引き出していた素晴らしいところがありました。(過去形なのは、一時的に……かもしれませんが、今はアクセスできず現在は閉鎖している可能性があるため)

 そこでおもしろかった話の一つが、「三國秘話 凶馬・的盧」です。
http://www2.nightmare.to/~nobmatsu/san2/07.html(リンク切れ)

 逸聞三國志によると、"『相馬経』という馬相について記した本"に「楡雁」、別名「的盧」とあり、やはり"この馬は使用人が乗ると出先で死に、主人が乗ると公開処刑され死体をさらされる、という凶馬"とあるようです。(先のWikipediaの「しもべが乗れば客死し、主が乗れば刑死する」にあたると思われます)

 また、「的盧」の由来は「盧を的てる」であり、「盧」というのは賭博の一種、樗蒲(ちょぼ)での最高の勝ち手だそうです。

 なぜ凶馬に最高の勝ち手の名を当てているのかというと、"最高の勝ち手を当ててしまうというのは、もうこれ以上良くなることはなく不吉だ"ということで、中国にはそういった概念もあるようです。

 さらに「的」は白いという意味もあるそうで、いろいろと引っ掛けた見事なネーミングです。


 ここまでは「的盧」という名の解説なんですけど、"三国志演義を深く読み込んで"と私が書いた理由が最後の段落です。
 その後、的盧はどうなったか。劉備が蜀攻略時に白馬(厳密には葦毛)に乗っている。ひょっとしたらこれが的盧だったかもしれないが、それについては全く触れられていない。あるいは、「ここで的盧が祟ったのか」ということに気付いた人だけが納得できるような、羅貫中(引用者注:三国志演義の作者と言われる)の仕掛けのひとつだったのかもしれない。

 この蜀攻略について、「ここで的盧が祟ったのか」については補足します。

龐 統(ほう とう、178年 - 213年 もしくは、179年 - 214年)は、中国後漢末期の武将、政治家(龐は广=まだれに龍)。蜀の建国者の劉備に仕えた。字は士元(しげん)、道号は鳳雛、謚は靖侯。「臥龍(がりゅう)」「伏龍(ふくりゅう)」と呼ばれた諸葛亮に対して、「鳳雛(ほうすう)」と称せられた。(中略)

生涯

劉備軍は、成都攻略の前に劉循・張任が守る雒(らく)城を包囲したが、この包囲戦の最中、龐統は流矢(雨のように降りそそぐ矢、あるいは流れ矢)に当たって死去した。享年36。

『三国志演義』での龐統

(中略)その死については、劉備の代わりに危険な間道を進み、気遣った劉備が貸し与えた白馬に乗ったため、「落鳳坡」という場所で劉備と間違えられて、張任配下の伏兵に射殺されたという描写になっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%B5%B1

 「主が乗れば刑死する」はハズレだったわけですが、「しもべが乗れば客死」(使用人が乗ると出先で死に)は当たったわけですね。

 また、劉表の追っ手から逃れて川を飛び越えた際に"最高の勝ち手"を引き当ててしまっていたため、もうツキは使い尽くしていたのだとも読めます。

 『三国志演義』は正史を知ると気の毒になるほど悪く改変されている人が多くて嫌になりますが、こういうところは見事なものだと思います。

(なお、この白馬を的盧だと断言しているサイトが多いですが、「的盧らしき馬」が正解と思われます。たぶん羅貫中の読者への挑戦的なと言うか、悪戯心あるクイズみたいなものなのでしょう)


 関連
  ■曹操と張飛が親戚というのは、新説じゃなくて周知の事実
  ■「り」 陸遜 ~妬まれても、嫉まれても~
  ■孫亮 ~悲運の皇帝~
  ■憤死した人物(三国志編)
  ■おすすめ三国志占い1 ~月旦評~
  ■その他の歴史・考古学について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由