Appendix

広告

Entries

アフリカの女性器切除・ファラオリック割礼は伝統文化?虐待?


2012/12/4:
●アフリカの女性器切除・ファラオリック割礼は伝統文化?虐待?
●他国がとやかく言うものではない?女性蔑視が強いネットの反応
●主に4歳から8歳の少女に行われ、生後数日に行う例もある…
●激痛などの後遺症、大量出血や難産で死亡などのデメリット
●「割礼」という言葉でごまかすな…性器の切除が問題である
●でもキリスト教であった割礼、男子の包皮切除手術も非人道的?
●そもそも女性器切除の目的は?「二本の足の間に悪い物」などの理由


●アフリカの女性器切除・ファラオリック割礼は伝統文化?虐待?

2012/12/4:女子割礼、女性器切除、FGMといろいろある呼び名の問題については後述。まずは私がこれを知った記事女性器切除、禁止法制化求める 国連総会で決議案採択へ 朝日新聞 2012年12月1日15時23分の話から行きます。

<アフリカや中東の一部で続く「女性性器切除」(FGM)について、国連加盟国に禁止の法制化を強く求める決議案が12月、国連総会で採択されることになった。法的拘束力はないが、「文化や伝統に根ざした慣習」としてFGMを続ける地域に対し、国際社会が根絶を後押しするものだ。
 決議案では、FGMを「女性に元に戻すことができない傷を負わせる虐待」と非難。全世界で1億~1億4千万人がFGMの傷を負わされ、今も毎年推定300万人以上が犠牲になっていると警告し、根絶に向けた啓発教育に取り組むよう求めている>

 一読した感じで、これは結構難しい問題ではないかと思いました。文化・伝統という見方と、虐待という見方の対立です。実際Wikipediaを見ると国際社会でもそういった歴史があり、21世紀に入って10年以上経つのにやっと「国連総会で採択」という段階なのもそんな理由じゃないかと思われます。


●他国がとやかく言うものではない?女性蔑視が強いネットの反応

 ネットでは日本文化への批判は許さないものの、他国での伝統を軽視する傾向がります。一方で、女性蔑視的な意見もかなり多いので、この場合はどうかな?と反応を見たのですが、意外なことに禁止して当然という意見に偏っていました。

 この風習の場合、幼い少女に行われることが多い上に、半端無く残酷な処置のためかもしれませんね。Wikipediaのここらへんの説明を読むと、痛々しくて閲覧注意なところがあります。

<手術方法>
 ・一般に土地の伝統的助産婦によって、剃刀やナイフ、鋭い石などが使われ、母親や親族の女性に押さえ付けられて行われる。
 ・不衛生な状況下でたいていは麻酔や鎮痛剤無しで行われることが多いが、エジプトなどでは医療関係者が行っていることが分かり問題となった。
 ・止血に泥や灰などが用いられることもある。


●主に4歳から8歳の少女に行われ、生後数日に行う例もある…

 国際的に使われるというWHO(国際保健機構)の定義によると、いくつかのタイプがあります。この中で「幼い少女に行われる」とされていたのは、「エクシジョン 」というタイプや、これよりさらに切除部の多い「陰部封鎖」(ファラオリック割礼)と呼ばれるもの。

 ファラオリック割礼の場合は、「外性器の一部または全部の切除および膣の入り口の縫合による膣口の狭小化または封鎖」と説明されています。これが15%だとのこと。エクシジョンもかなり切除部が多いものなのですけど、これが85%ということで、ほとんどがこのふたつであるようです。

「エクシジョン 」
<地域によっては出産を楽にするためとしてさらに膣が切除されるが、実際には逆に困難にしてしまう可能性が高い。伝統的に成年に達した際の儀式として行われるが、最近では若年化が進み、もっと幼い少女に行われる。FGMを受ける少女のうち、タイプ1とこのタイプを合わせて約85%である>

「陰部封鎖」(ファラオリック割礼)
<尿や月経血を出すための小さな穴を残し、少女の両脚をしっかり縛って数週間傷が治るまで固定する。主に4歳から8歳の少女に行われ、こちらも若年化が進んでおり、生後数日に行なわれた例もある。FGMを受ける少女のうち、約15%がこのタイプになる>


●激痛などの後遺症、大量出血や難産で死亡などのデメリット

 アフリカではFGMの影響で出産時の母子死亡率が極めて高いとされるなど、普通にヤバイです。日本でも子供のしつけだと言いつつ半殺しにしてしまう例(2020/05/23追記:その後殺してしまう例も多く報道されています)などと同様に、虐待にしか見えないというのも仕方がないでしょう。

<性器切除に伴う体への弊害>
<先述の施術方法で行われることが多いため、大量出血、施術中の激痛、回復まで続く痛み、様々な感染症などを引き起こす。また、手術中のショックで意識不明や死亡に至る場合もある。
後遺症としては排尿痛、失禁、性交時の激痛、性行為への恐怖、月経困難症、難産による死亡、HIV感染の危険性などが挙げられる。
痛みを恐れて排尿しなかったために逆に一回の排尿量が増えるため、尿が傷口を刺激し、さらに痛みを増すという。
陰部封鎖の場合、結婚初夜に夫が縫い閉じられた陰部を切り開く部族がいる。自力で花嫁の陰部を開いて性交を果たせなければ面目を失うという>


●「割礼」という言葉でごまかすな…性器の切除が問題である

 名称の件を後に持ってきた理由は、上記の説明をした後の方がわかりやすいだろうと思ったためです。

<女子割礼、女性性器変質あるいは女性性器の切れ込み (Female Genital Cutting) 等、この風習を呼び表すために様々な言葉が用いられてきた。そんな中、1990年に開催されたインター・アフリカン・コミッティ(IAC)の総会において、今後は女性器切除(Female Genital Mutilation)という名称を用いることが決定された。これは、「割礼」という表現がFGMの本質である性器の切除という事実を正確に伝達するものではないばかりか、むしろ、その非人道性を曖昧にしてしまう点を改善しようとするものである。現在このFGMという呼称はEUやアフリカ連合等で正式に採用されている>

 割礼については本来関係ないらしいもののキリスト教でも行われていましたので、キリスト教徒にとっては「いっしょにされたくない」という思惑があるのでは?とちょっとうがった見方もしたくなりますが、非人道性を曖昧にするべきでないという主張には素直に賛成します。

<イエスの割礼の日>
<キリスト教のカトリックでは、12月25日をイエス・キリストの誕生日としているので、8日後に割礼を行うユダヤ人の習慣から、1月1日がキリストの割礼の日、としている。同じくキリスト教の正教会では、1月14日を主の割礼祭として祝われる。>(Wikipediaより)


●でもキリスト教であった割礼、男子の包皮切除手術も非人道的?

 「キリスト教布教と割礼」の説明では、キリスト教徒が約8割を占めるアメリカ合衆国では、宗教との関連ではなく、衛生上の理由および子供の自慰行為を防ぐ目的などの名目で、19世紀末から包茎手術が行われるようになったという話がありました。

 特に第二次世界大戦後、病気(性病、陰茎がんなど)の予防に効果があるとされ、普及するようになったとのこと。また、医療従事者に割礼を行う宗教(主にユダヤ教)の信徒が多く、包皮切除に対する違和感が低かったため、という指摘もあるそうです。

 しかし、男子の割礼についても、今日では特に医療的な価値は認められていないようです。これもハイリスクかつ非人道的なところがありそうでした。

<1990年代までは生まれた男児の多くが出生直後に包皮切除手術を受けていた。アメリカの病院で出産した日本人の男児が包皮切除をすすめられることも多かった。しかし衛生上の必要性は薄いことが示されるようになり、手術自体も新生児にとってハイリスクかつ非人道的との意見が強まって、1998年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが提出された。これを受け、包皮切除を受ける男児は全米で減少してきているが、21世紀に入ってからもなお6割程度が包皮切除手術を受けている>

 なお、本来は割礼とキリスト教は関係ないものみたいですね。そして、女子割礼の場合もイスラム教とは全く関係なく、"女性器切除はイスラムとは一切関係がなく、北アフリカの習慣である"とされていました。


●そもそも女性器切除の目的は?「二本の足の間に悪い物」などの理由

 あと、これも本当なら先に持ってくるべきものですが、女性器切除の目的です。

・大人の女性への通過儀礼。
・結婚の条件とされている。
・結婚まで純潔・処女性を保てると信じられている。
・女性の外性器を取り去り性感を失わせることで、女性の性欲をコントロールできると信じられている。
・ソマリアでは、「女性は二本の足の間に悪い物をつけて生まれた」と言われており、陰部封鎖させる。

 また、最初の記事で「国連総会で採択」が必要となったことからもわかる通り、女性器切除は今でもかなりの地域で行われているそうです。この状況はそれだけ根絶が難しいということでもあります。

<歴史的に見てFGMは2,000年もの間、赤道沿いの広い地域のアフリカで行われてきた。現在ではアフリカの28カ国で、主に生後1週間から初潮前の少女に行われる。アフリカの人口増加に伴い、以前より多くの少女達が性器切除を施されている>
<FGM廃絶の国際運動を行っているワリス・ディリーが1999年発表したデータによると年間に200万人、日間に5500人近い少女が性器切除を受け、性器切除された女性は1億3000万人以上で、累計では13億人にも達すると推定している>

 文化・伝統に根付いた意識というのは極めて強固であり、科学的な説明は感情によって一蹴されてしまうということ自体は、日本人でもよくわかるでしょう。いろいろと考えさせられる話でした。


【関連投稿】
  ■日本におけるイスラム教 ~女性に差別的なのか?~
  ■日本におけるイスラム教 ~お祈り、礼拝とスカーフ~
  ■イスラム教の偶像崇拝禁止がムハンマド侮辱映像「イノセンス・オブ・ムスリム」への怒りを増しているのでは?
  ■ニューハーフへの差別 イスラム教やキリスト教違う仏教国タイ では、日本での職業選択は?
  ■無性愛(Aセクシュアル) 世界の1%が他者に性的感情を抱かない
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由