Appendix

広告

Entries

駒澤大学准教授の不正 悪質性が低く寛大な処分となった理由


 駒澤大学の話をまとめ。<駒澤大学、研究不正ではなくてミスコンの不正で大きな話題に>、<大学ミスコンがキャバクラ化 接待能力求められ交際トラブルも>などをまとめています。

2023/07/26追記:
●駒澤大学、研究不正ではなくてミスコンの不正で大きな話題に
2023/08/05追記:
●ミスコンがキャバクラ化 コメント対応力求められ交際トラブルも
2023/08/23追記:
●後付ルールや減点の嵐…最終的にはミスコン運営の同級生が優勝
2024/02/02追記:
●ライブ配信で心を病むが、途中棄権は「60万円の違約金」と脅し? 【NEW】


●駒澤大学准教授の不正 悪質性が低く寛大な処分となった理由

2023/07/18:駒澤大学経済学部・准教授についての「科学研究費助成事業に係る不正使用」が研究活動の不正行為及び研究資金の不正使用等への措置についてで出ていました。有名私立大学なのに、駒澤大学の不正ってあんまり報道されませんね。私は初めて知りましたわ。

不正行為が行われた事業
研究種目:基盤研究(A)
研究課題名:大規模環境汚染に関する合理性・持続可能性を包括した環境修復フレームワークの構築
交付額:平成30年度~令和2年度 39,260千円

 上記のように交付額は、39,260千円…つまり、3926万円という膨大なもの。そして、調査機関による調査の結果、目的外使用を行ったと認定され、不正使用が認められた研究費の支出について、その返還を求められています。このため、えらい金額を返還しなくてはいけない…と思うかもしれませんが、これが違うんですよ。

 ウェブサイトでは、「本件は、社会への影響が小さく行為の悪質性も低いこと、かつ不正使用額が少額であることから、一定の期間研究資金を交付しない措置を科さず、厳重注意を通知する」と説明。どういうこと?と思われそうですが、たぶん交付金の中で不正に使われたのはごくごく一部だったってことだと思われます。


●駒澤大学、研究不正ではなくてミスコンの不正で大きな話題に

2023/07/26追記:前回駒澤大学の不正ってあんまり知らない…と書きました。ただ、私が知らないだけで結構あるかもしれない…と思って検索。すると、やはりあまりないのか、研究不正ではない箱根駅伝優勝「駒澤大学」で起こった「ミスコン」不正騒動 “投げ銭地獄”に“罰金ルール”という大人が知らない過酷な実態とは | デイリー新潮(2023年02月14日)という話が上位でヒットしました。

<駒澤大学で「ミスコン」のファイナルイベントが行われたのは昨年11月6日のこと。(中略)
授賞式の様子を会場で見ていた同大の学生が言う。「(中略)例年、授賞式の段階になればだいたい誰がグランプリを取るか予想がつくものなのですが、今年は大波乱。ミスもミスターも、本命とは言えない候補者がグランプリやスポンサー賞に輝きました。本命視されながら受賞を逃した女子学生は泣き崩れ、他の候補者たちも“あり得ない!”と言わんばかりの表情で結果に呆れ返っていた。その後、大学の内外で“コンテストで運営が不正を行った”というウワサが駆け巡り、外部の指摘から大学当局が調査に乗り出す事態となったのです」>

 記事では、<“不正だ”なんて大袈裟な――。そう感じる向きもあるかもしれないが、駒澤大学に限らず、今やキャンパスコンテストは学生が心身をすり減らす過酷なレースに変貌しつつある>としていました。ミスコンは就活に大きく効いてくるのでそのせいだと思っていたら違っていて、以下のような話でした。

ある大学のコンテスト運営に携わった学生
「ここ数年、ライブ配信アプリの台頭で、キャンパスコンテストもライブ配信を使った審査が一般的になっている。これに合わせて審査期間も長期化していて、たいていの大学が7月から11月の学園祭まで、4カ月にわたってコンテストを開催しているんです」

 上記の部分だけでは、何が問題なのかさっぱりわかりません。で、読み進めてみると、問題は、ライブ配信アプリや選考長期化そのものではなく、“投げ銭”みたいですね。なんと“投げ銭”の多さがコンテストの結果に大きく関係してくるということ。これなら納得。むしろ問題が生じないわけがないやり方でしょう。

「ライブ配信で得たポイントはコンテストの得点の3分の1程度を占めるため、配信で大きな差を付けられてしまうと挽回することが出来なくなる。配信レースが過熱するのは当たり前で、トータル400万~500万ポイントを稼ぎ出す学生も珍しくありません。このポイントは100ポイント=120円で購入されるものなので、400万~500万ポイントだと単純計算で600万円近くの売り上げ。(中略)
 ちなみにライブ配信アプリの視聴者の多くは男性。ですから(中略)男子学生の配信はほとんど需要がありません。(中略)中には女子学生相手に何十万円もするアイテムを“投げ銭”してくれる太客のような男性もいますし、投げ銭など一切せずにひたすら“無料”で女子学生たちの配信をザッピングしている人もいます」


●大学ミスコンがキャバクラ化 接待能力求められ交際トラブルも

2023/08/05追記:ミスコンの話の続き。ある大学のコンテストに出場した女子学生によると、「配信時間が月100時間を超えることも珍しくない」ということで過酷化。全コメント返信どころか、返信内容も質が求められます。勉強時間も睡眠時間も削って…といった状況にもなりがちだそうです。

 このようなライブ配信によるミスコンは、“インターネットキャバクラ”“無料キャバクラ”とも呼ばれるそうで、コメント返信の話は確かに似た感じ。トラブルが起きて当然というやり方だとも言え、これまでも投げ銭をダシに女子学生に絡む“ミスおじ(ミスコンおじさん)”の存在が問題となったことがあるそうです。

ある大学のコンテストに出場した女子学生
「返信をしなかったり手を抜いたりするとポイントを貰えないどころか誹謗中傷で配信を邪魔されることすらあるので、神経をすり減らします。(中略)自己肯定感が上がることもありますが、不快になるような質問をしたり、リアルでの交際を求めてくる人もいます。アイドルやモデルと違ってミスコンの学生は必死に返信をしますから、ミスおじたちも楽しいんでしょう」


●後付ルールや減点の嵐…最終的にはミスコン運営の同級生が優勝

2023/08/23追記:駒澤大学のミスコンの話、上記まではミスコンのやり方そのものが不健全で問題がある…といった話でした。ただ、元記事タイトルには<「ミスコン」不正騒動>というワードが入っており、これとはまた別の問題があるということです。この不正については、以下のような話でした。

「駒澤の昨年のミスコンでグランプリに輝いたのは男女とも運営の代表学生の高校の同級生だった。この同級生たちに何としてでもグランプリを取らせたかったか、ライブ配信アプリでポイントを稼いでいた学生たちの得点を次から次へと減点していったのです」(ある関係者)
「“運営に対して会議で反対意見を述べた”という理由で5割減点された女子学生も。(引用者注:その他、普段使われない恋愛禁止ルールが駆使されたとのこと)いました。(中略)
 それからコンテスト期間の終盤、突然新たな採点基準が設けられたことも問題視されていました。しかもその審査内容は、運営スタッフが候補者の知らないところで候補者の資質や特徴をプレゼンし合い、顧問や運営サークルの代表が勝手に点数を付けるという荒唐無稽なもの。候補者にも投票する人にも知らされず密室で行われる審査なんて何の公平さもありません。本命候補が受賞を逃したのは、こういう裏があったんです」(別の関係者)


●ライブ配信で心を病むが、途中棄権は「60万円の違約金」と脅し?

2024/02/02追記:この他、ライブ配信で心を病んでしまい途中棄権を申し出た学生もいたとのこと。これは前回までの不健全なミスコンの問題を感じさせるものです。ところが、これに加えて<運営側は“途中棄権すると運営側に損失を与えることになる”“60万円の違約金をはらってもらうことになる”とこの学生に迫った>という別の問題も指摘されています。

 ただし、駒澤大学側は「5割減点」と「60万円の違約金」は確認できなかったとして否定。理不尽な後付けルールや心を病んだ学生の有無はノーコメントですけど、基本的に問題があったことは認めないスタンスのようです。こうなると、現時点では「事実なら問題である」としか言いようがありませんね。

 とはいえ、今まで以上に今のやり方のミスコンが問題を生みやすい…とは言えるでしょう。駒澤大学も「今後も引き続き、当コンテストが抱える問題点を指摘するとともに、健全な企画・運営を心がけるよう、再度周知指導して参ります」としており、一応、対策に乗り出す可能性はゼロではないかもしれません。


【関連投稿】
  ■540件も副業の高西敏正・北九州市立大准教授を解雇 研究費不正も
  ■岩手大で研究費不正 東淳樹講師が全額返還のため刑事告訴せず
  ■岩手大学三好扶教授が研究費不正 全額返還のため刑事告訴はせず
  ■名古屋大八木伸也教授、292件の出張で1131万円不正 なぜバレず?
  ■早稲田大学人間科学学術院の浅田匡教授、学生の謝礼金を徴収
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由