Appendix

広告

Entries

部数が減少しない地方新聞の特徴 お悔やみ欄が充実、地元志向を徹底


 部数が減少しない地方新聞の意外な特徴は、お悔やみ欄が充実しているというもの。また、地元ネタも満載で、地方によく根付いているようです。

 逆に部数を減らしている地方紙というのは、ジャーナリズム性の高い記事、良質な記事が載っているところ…という逆転現象のようなことが起きていました。(2018/03/07)


●部数が減少しない地方新聞の特徴 お悔やみ欄が充実

2018/03/07:新聞の苦戦に関する話は、新聞はなくなる?ネット記事有料購読化で本当に生き残れるのか?など、何度かやっていています。ただ、こうした中でも意外に健闘している新聞が地方にあるんだそうです。

 そして、その理由もすごく意外。お悔やみ欄が充実しているというのが、健闘している地方新聞の共通点だというのです。お悔やみ欄ってのは、お葬式の情報を載せているところ。プライバシーの問題もあるのか、ネット記事化されていないものです。

 こうした地方新聞としては、北國新聞、山梨日日新聞、日本海新聞、山陰中央新報、四国新聞といったところ。これらは北國新聞を除き、ほとんど部数を減らしていないといいます。

 そして、ここで注目すべきなのは、こうした地方の中にはむしろ人口を減らしているところがあること。例えば、山梨県は2001年に88万人程度だった人口が、現在では82万人へと大きく減っているにもかかわらず、山梨日日新聞は20万部から変わらないというのです。つまり、むしろ購読者の割合は増えているという状態です。
(読売新聞は100万部減…瀕死の新聞業界、なぜか部数減らない新聞の「意外な共通点」 2017.11.01 小林拓矢/フリーライターより)


●お悔やみ欄が詳しい新聞とそうでない新聞

 この山梨日日新聞のお悔やみ欄は、亡くなった方の経歴だけでなく、息子さんの職業や喪主の職業などまで紹介。他県の新聞でここまで細かいところはなかなか見られないそうです。

 特に北海道新聞は北海道の人口が多いためか多くの人が掲載されるものの、「葬儀終了」と掲載される人も多いとのこと。さらに簡素なのが新潟日報で、地域と氏名、没年齢のみです。

 ただ、これらのお悔やみ欄の情報は、無料で掲載されるもので、これがあるだけマシな模様。そもそも無料のお悔やみ欄が掲載されない地方紙もあるといいます。たとえば河北新報は、お悔やみ広告のかたちでしか一般人の訃報は掲載されません。沖縄県の琉球新報や沖縄タイムスのお悔やみもすべて広告だそうです。


●山梨日日新聞は地元志向を徹底

 お悔やみ欄は想定外でしたが、私が地方紙生き残りの道と考えていた地元情報の充実というのも、ポイントの一つとはされていました。

 先の山梨日日新聞は、1面にはかならず山梨県内のニュースを入れます。これは1面トップとは限らないものの、県内のニュースが1面トップを飾ることも多いそうです。また、天気予報は県内各地域を細かく分けて掲載。それに続くページは、国政と県政の情報が交ざって掲載されることが多くなっています。そして、国際面はそもそもないという状態。外報の記事と国内の記事は一緒に掲載されています。

 経済面も、もちろん県内経済の動向を中心に。文化面や家庭面は、通信社の配信記事を交ぜつつも、やはり県内のことを中心に書きます。地域のちょっとしたイベントの記事も地域面には掲載され、社会面も山梨県内のことを中心に取り上げます。

 スポーツ面でもこのやり方は当然可能。山梨日日新聞のグループが大株主でもある地元J1チーム・ヴァンフォーレ甲府の記事を中心に書いています。さらに地元の高校生チームや社会人チームの活躍をていねいに掲載。正月の箱根駅伝でも、山梨学院大学の活躍を中心に紙面を組み立てています。

 徹底した地元志向が、県民の支持を受けているということでしょう。


●ジャーナリズム性の高い記事はネットでもリアルでも読まれない

 ただ、これが良いことだと判断するかは微妙なところ。実を言うと、健闘している北國新聞、山梨日日新聞、日本海新聞、山陰中央新報、四国新聞はいずれも「ジャーナリズム性に関しては低いといわざるを得ない」という共通点があるそうです。

 逆に、新聞業界で高く評価される地方紙、、新聞協会賞をよく受賞している地方紙、主にジャーナリズム性の高い地方紙というのは大苦戦。具体的に名前が挙がっていたのは、北海道新聞、河北新報、東京新聞、信濃毎日新聞、神戸新聞、中国新聞、琉球新報、沖縄タイムスといったところ。このなかで部数を減らしていないのは信濃毎日新聞くらいであるといいます。

 新聞はなくなる?ネット記事有料購読化で本当に生き残れるのか?では、ネットニュースにおいて、動物ネタのようなニュースばかり読まれるといった話が出ていました。ジャーナリズム性の高い記事が読まれない…というのは、リアルでもネットでも共通の傾向かもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■新聞はなくなる?ネット記事有料購読化で本当に生き残れるのか?

【関連投稿】
  ■フェイクニュースと呼ばれた新聞などのマスコミ、逆に読者数激増
  ■ワシントンポストでAIが多量の記事作成 記者はなくなる仕事?
  ■スローニュースはフェイクニュース対策の特効薬とはならない
  ■窪田順生氏、「日本人は洗脳されている」と主張して失笑を買う 日本のヒーローものに社長がいない理由の説明で
  ■報道しない自由は真実!マスゴミだけでなくまとめサイトほぼ沈黙の事件とは?
  ■社会・時事問題・マスコミについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由