Appendix

広告

Entries

ブラックジョーク傑作選16 自動車、飛行機、ヘリコプターなど乗り物に関するもの


 最近は集めていないですし、もうやめにしようかなと思っていたブラックジョークのもの。

 まだ使っていないものを今まとめて放出……と思ったら、かなりの数がありました。1回じゃ無理そうです。


 とりあえず、まとめられそうであった乗り物に関する話で一つ。

 数が揃わなかったので、出てくる乗り物はジョークのメインになっていないものもあります。

 では、どうぞ。

旅客機に乗客が乗り込み、しばらくしても出発しようとしなかった。
1時間もした頃、機内アナウンスが流れた。
「こちらは機長で本機はエンジンにトラブルが見つかりましたので、離陸は中止いたします」
それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラもあり、口々に「ふざけるな!」と叫んだ。

やがて再び機内アナウンスがあった。
「じゃあ、飛びます」
機内は大パニックになった。



 これはジョークですが、現実に「あるある」という話。

 まあ、文句を言うのも無理はないことなんですけど、いくらか「人間ってのは勝手だな」という感じもします。


ある老人がハイウェイを運転していた。
その時、妻が心配そうな声で彼の携帯に電話を掛けてきた。
「あなた、気をつけて。ルート280号線を逆走している狂った男がいるってラジオで言ってたわよ。」
老人は「ああ、知ってるわい。でも、一台だけじゃないんだよ。何百台という車が逆走してるんだよ。困ったもんだ。」



 スットクはたぶんみんな未使用なはずなんですが、これだけ代表で検索。

 すると、全く同じものはなかったものの、以前のエスニックジョーク3にちょっと似た話がありました。

 現実の話だと高速道路の逆走は珍しくないらしいというのも書いたことがあります。


ある男が海で遭難し、命からがら無人島にたどり着いた。
砂浜に大きなSOSを書いて、助けを待ったが何日たっても助けはこなかった。
男の体力も限界に近くなり男は最後の手段に出た。SOSの文字を消してその場所にに大きな絵を書いたんだ。

するとその夜、ヘリコプターが飛んできて男はなんとか一命を取りとめたって訳さ。

「なぁ、トム。その男は一体何の絵を書いたんだ?」
「ミッキーマウスさ」



 こういうのが乗り物メインじゃない話。


車に乗った男が信号待ちをしていると外からウィンドウをコンコンと叩かれた。
男がなんだ?と思って話を聞くと

「ブッシュ大統領がテロリストに捕まってしまって身代金を払えなければ
ガソリンを頭からかけて火を点けると脅されています。
いくらか寄付をお願いできないでしょうか?」

「どのくらい寄付したらいい?」

「ほんの1リットル程度で十分です」



 ブッシュジュニア大統領も過去の話になってきて、ピンと来ない人も多いかもしれません。


ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。「100ドルほど貸して欲しいんだが」
「100ドル、でございますか?」 応答した行員は男を一瞥してから言った。
「100ドルという少額のご融資ですが、初めてのお客様でございますし、
何か担保をお預かりすることになりますが、よろしゅうございますか?」

すると紳士は、少し考えてから言った。
「そうだな、僕のロールスロイスなんてどうだろう?」
「ロールスロイス!でございますか?」
「ああ、いま駐車場に停めてあるから一緒に見に行こう」

行員が半信半疑のまま紳士に同行すると、駐車場には最新型のロールスロイスが停めてあった。

行員は驚いて紳士に言った。
「あの....お客様、このお車でしたら30万ドルはご融資可能ですが」
「いや、100ドルでいいんだ」紳士はそういうと、
手続きを済ませ、車のキーと交換に100ドルを受け取って銀行を出て行った。

行員はロールスロイスを重役専用のガレージへ移動させ、厳重な監視の下に保管した。

6週間後、紳士が再び銀行を訪れた。
紳士は100ドルと利息3ドルを支払い、キーを受け取ると、帰り際に微笑んで言った。

「ニューカレドニアは最高だったよ」



 実はこれブラックジョークじゃないとの指摘がありました。

 しかし、まあ、おもしろい話だなと当時思ったので、保存です。



夫は毎年のように妻に言ってました。「 あのヘリコプターに乗ってみたいよ! 」

それに対して、妻はいつも答えてました。
「 あのヘリコプターに乗るには50ドルかかるわ。 50ドルは50ドルよ 」

時は流れ、夫は妻にこう言いました。
「 なあ、お前。 ワシはもう85歳だし、今あのヘリコプターに乗らにゃあ、もう
 チャンスはないかもしれん 」

それでも妻は言いました。
「 ええ、でもあのヘリコプターには50ドルかかるの。 50ドルは50ドルよ 」

それを聞いたパイロットは、面白いとやって来て、こう言いました。
「 じゃあ、あなたたち二人をヘリに乗せるよ。 もし、一言も口を開かなければ無料で
 いい。 ただし、一言でも発したら50ドルを払ってもらう、それでどうだい? 」

二人はそれに同意し、ヘリコプターに乗せて飛び立ちました。
パイロットは激しく、いろんな飛び方をしてみましたが、二人からは期待通りの声が
あがりません。 曲芸のような操縦をするも、二人から声が発せられる様子は
ありませんでした。

着陸したあと、パイロットは夫に向かってこう言いました。
「 僕はありとあらゆる飛行をして君らを振り回し、なんとか叫ばそうとしたけど
 徒労に終わった。 一言も出なかったね、感心したよ! 」

夫は顔色変えずにこう言いました。
「 本当のことを言うと、妻が落っこちたときは声をあげそうになったんだ。
 でもほら、50ドルは50ドルだから 」



 こういう夫婦の話もおもしろいんですが、乗り物特集で使っちゃいました。

 次回はそういった夫婦もの……と思ったんですけど、ストックにはもうあまりないんですよね。

 たぶん、もう少し広めの題材にして集めようと思います。


 追加
  ■ブラックジョーク傑作選17 夫婦・男女に関連するもの

 関連
  ■エスニックジョーク3
  ■高速道路の逆走は珍しくないらしい
  ■ブラックジョーク傑作選15 ちょっと毛色の違うもの 声かけ事案など
  ■ブラックジョーク傑作選14 ちょっと毛色の違うもの
  ■ブラックジョーク傑作選13 死に関するもの
  ■その他のジョーク・軽い話について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由