Appendix

広告

Entries

有名人と体罰 野球選手は賛成83%で長嶋一茂も 桑田真澄は反対


2013/1/13:
●野球選手は賛成83%でも桑田真澄・元プロ野球選手は反対
●極限状態に追い詰めて成長…体罰で成長するは本当なのか?
2019/05/03:
●有名人と体罰 長嶋一茂などが体罰に賛成意見


●野球選手は賛成83%でも桑田真澄・元プロ野球選手は反対

2013/1/13:体育会系の人ほど体罰を強く肯定する傾向にあるようです。元プロ野球選手の桑田真澄さんは、 早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。

 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。一方、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。アンケートは2009年のものですから、それほど古い調査ではありませんね。今回の体罰自殺事件の数年前でした。
(「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ(2013年1月11日20時51分 朝日新聞 【岡雄一郎】)より)

 以前書いた自殺者・死者が出ても体罰賛成「間違っていない」「愛情があれば許される」という擁護意見では、自殺者が出ても「先生は間違っていない」と言えてしまうのは、自分の費やした時間を否定されたくないからでは?といったことを書きました。

 桑田真澄さんも"「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません"と同じような推測をしています。さらに「でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と」書いていました。桑田真澄さん自身は体罰に反対なんですね。

 なお、体罰を受けた人ほど肯定しやすくなるものの、桑田さん自身は体罰を受けた経験がなかったわけではない模様。体罰を受けなかった高校時代にもっと伸びた…と言っていましたが、逆に言うと中学生までは体罰を受けていたということ。小中学校時代は毎日のように練習で殴られていたそうです。

 中学では1年でエースだったので、上級生のやっかみもあったのでは?と。スポーツマンはプラスの意味で使われることが多いですけど、その内面はむしろ薄汚いものでいっぱいなのかもしれません。


●極限状態に追い詰めて成長…体罰で成長するは本当なのか?

 桑田真澄さんは以下のように、体罰は一方的なものであることも指摘。上下関係が厳しすぎるというのは、スポーツに限らず日本社会で見られる特徴でもあります。

"「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です"

 自殺者・死者が出ても体罰賛成「間違っていない」「愛情があれば許される」という擁護意見で紹介していた産経新聞記事では、自殺が起きた指導校の好成績について強調していた感じでした。

 しかし、桑田真澄さんは、「指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法」だとしていました。例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席では何とかしてバットにボールを当てようとスイングが縮こまってしまい、正しい打撃を覚えられないと指摘しています。

  同じく愛ある体罰も全否定。「極限状態に追い詰めて成長させるために」と体罰を正当化する人がいるかもしれませんが、殴ってうまくなるなら誰もがプロ選手になれるだろうとしていました。実際には誰もがうまくなるわけじゃありませんよね。


●有名人と体罰 長嶋一茂などが体罰に賛成意見

2019/05/03:体罰自殺で保護者が「親の責任」「先生を応援します」 長嶋一茂も「我々はこんなレベルじゃなかった」と擁護・賛成論で書いているように、同じ元プロ野球選手でも長嶋一茂さんは擁護。野球選手へのアンケート結果からすれば賛成の方が多くて当然ではありますね。多数派であり、むしろ桑田真澄さんが例外なのでしょう。

 あと、有名人の意見という話で言うと、保守・右翼思想と体罰の相性の良さ 石原慎太郎、東国原英夫、戸塚ヨットスクール、田母神俊雄というのも書いています。政治的に右派の人たちが多く賛成しているんですね。相性が良いみたいです。

 やはり保守派の新聞である産経新聞は、自殺者・死者が出ても体罰賛成「間違っていない」「愛情があれば許される」という擁護意見で紹介した記事でも、体罰擁護の論調が見え隠れしていました。ただ、その後の記事ではもっと露骨に。体罰は悪くない…という記事を連発していて、ここまであからさまにやるのか!?と驚いたほどでした。

 この産経新聞の体罰賛成では有名人も使用されており、よりによって評判の悪い作家の岩崎夏海さんすら持ち出してきていました。こちらは、産経新聞、体罰賛成論で岩崎夏海を採用「体罰禁止では問題は解決しない」で紹介しています。


【本文中でリンクした投稿】
  ■体罰自殺で保護者が「親の責任」「先生を応援します」 長嶋一茂も「我々はこんなレベルじゃなかった」と擁護・賛成論
  ■保守・右翼思想と体罰の相性の良さ 石原慎太郎、東国原英夫、戸塚ヨットスクール、田母神俊雄
  ■自殺者・死者が出ても体罰賛成「間違っていない」「愛情があれば許される」という擁護意見
  ■産経新聞、体罰賛成論で岩崎夏海を採用「体罰禁止では問題は解決しない」

【関連投稿】
  ■戸塚ヨットスクールの戸塚宏、体罰自殺を語る「あの子だけということは、あの子にも問題があった」
  ■体罰賛成派に朗報!高校生の半分以上が体罰に賛成の国がある
  ■体罰賛成派の12の理論を完全論破って本当? 体罰は愛情か躾か暴力か
  ■厳しいしつけ・虐待・体罰でいい子が育つ?犯罪者の家庭環境調査の結果
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由