Appendix

広告

Entries

ファイル共有サイトの違法ダウンロードは、むしろ映画収益に貢献していた?音楽の刑罰化も逆効果?


●ファイル共有サイトの違法ダウンロードは、むしろ映画収益に貢献していた?

2013/1/16:閉鎖のニュースを読んで初めて知りましたが、"著作権侵害の温床といわれていたオンラインのファイル共有サービス「メガアップロード」"という大手オンラインストレージサービスがあったそうです。ウィキペディアでは、以下のように説明されています。

<MEGAUPLOAD(メガアップロード)は、香港にある企業名及び、同社が提供していたオンラインストレージサービスの名称。現在は違法ダウンロードの温床となっていたとして、閉鎖されている。(中略)2012年1月19日、サイトの運営を行っていた7人が著作権侵害の疑いで逮捕、起訴されたことに伴い、アメリカ司法省と連邦捜査局(FBI)によってサイトが封鎖。関連サイトなどと共に実質的にサービスを終了した>

 次の記事によれば逮捕は、"海賊版による損害被害を訴えるアメリカ映画協会(MPAA)などの業界団体に後押しされて行われたもの"だったとのこと。ところが、この記事のタイトルは、映画興行収入ダウンは有名ファイル共有サイトの閉鎖と関連?(2012年12月6日 09:30[映画.com ニュース])というものでした。むしろ違法サイトを潰したことが逆効果だった可能性があるというのです。

<著作権侵害の温床といわれていたオンラインのファイル共有サービス「メガアップロード」が閉鎖されたことで、映画の興行収入が減少しているという研究結果が全米で発表され物議を醸していると、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。
(中略)ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、発表を行ったのは、ミュンヘン工科大学付属ビジネススクールと、コペンハーゲン・ビジネス・スクールの研究者。メガアップロードの閉鎖後、小規模映画の興収が落ちこんでいることから、海賊版の普及は映画界を活性化させていた可能性があるとしている。これに対し、MPAAは猛反発。この研究は、観客の趣味など映画興収を左右するさまざまな要素を考慮しておらず、説得力を欠くとしている>

 これだけだと何とも言い難いですね。MPAAは研究結果などの根拠を示しておらず、その反発は脊髄反射的で特に根拠を感じませんが、ビジネススクールの研究も詳しい話がないためによくわかりません。とりあえず、対象として"小規模映画"とわざわざ限定して言っていますので、少なくともよくやり取りされているであろう有名映画についてはこれは当てはまらないんじゃないかと思います。

 これに関する反応をさらっと見てみると、「業界団体ざまあ見ろ」「違法ダウンロードこそが業界を支えているんだ」というものが大半でしたが、ちょっと気が早いかもしれません。より詳細な説明、あるいは、別の研究などで成果を確かめていくべきでしょう。


●日本の音楽違法ダウンロードの刑罰化でダウンロード数はどうなった?

 これを読んでいて、日本で行われた音楽違法ダウンロードの刑罰化も逆効果になる可能性も考えました。そもそも違法ダウンロードの刑罰化では、どのような効果を与えたのでしょうか。パッと検索すると、音楽離れに歯止めかからず。ダウンロードの刑事罰化の効果は ライブドアニュース 2012年11月02日11時03分という記事が出てきました。

<音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査の結果が発表され、ネット掲示板上で話題になっている。このアンケートは、ネットリサーチを行う「マイボイスコム」が発表したもので、音楽ダウンロードの利用経験者数や頻度、1ヶ月あたりの音楽にかける金額などが細かく集計されている。
 今回のアンケート結果では、音楽ダウンロードの利用経験、頻度がともに減少傾向にあると伝えており、1ヶ月あたりの音楽にかける金額についても「0円」という回答が実に68.6%を占めた。
 今年の10月から施行された「違法ダウンロードの刑事罰化」により、音楽コンテンツの売上げ動向が注目されていた今回の調査だったが、蓋を開けてみれば、音楽業界の売り上げ回復どころか、「音楽離れ」の傾向が如実に現れる結果となった。
 このアンケート結果に対し、ネット掲示板では「法案可決させた人たちは刑罰化で本当に売上げが上がると思ってたの?」「やはりただ音楽離れが更に加速しただけだったな…あれほどいろんな人たちが口を酸っぱくしたのに」「馬鹿なんじゃねーの?まぁ法律として可決されてしまった以上、易々と撤回は出来ないだろうけど」と、刑罰化への批判が相次いだ>

 ネットの反応はどうもポジショントーク的なところがあり、このように音楽の違法ダウンロードには寛容なところがある一方、(多少種類が違うものの)ゲームのマジコンやエミュレーターや中国の海賊版にはめちゃくちゃ批判的で、決して許しません。複雑な事情があるようです。

 そういうネットの反応はさておき、上記の記事はちょっと頼りないものであり、もう少ししゃんとした調査を見てみたいんですけど、方向性としては最初の映画の研究と同じになりました。これは興味深いです。こういう海賊版的なものに関しては、フリーミアムの事例と問題点 最大の成功例はスマホゲーム業界なんかともいっしょに考えてみるのもおもしろそう。本当に違法ダウンロードこそが業界の売上に貢献している……となると、興味深い結果です。


【本文中でリンクした投稿】
  ■フリーミアムの事例と問題点 最大の成功例はスマホゲーム業界

【関連投稿】
  ■有料論文の海賊版の違法ダウンロード、日本でも多いことが判明
  ■漫画・静止画など違法ダウンロード対象拡大方針 二次創作にも影響不安視
  ■本来の役割を忘れた図書館は泥棒と同じ 電子書籍の敵は図書館だ
  ■違法ダウンロード刑罰化大失敗?Share、Winnyユーザー減も売上減少止まらず
  ■世界の音楽売上金額の推移 ピークは1999年、違法ダウンロードの影響?
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由