スポンサーリンク

アメリカでハウス食品は豆腐メーカーで、豆腐は飲み物?

 日本ではハウス食品と言えば、カレーですけど、アメリカでは豆腐だそうな。そして、ハウス食品も実は日本でも密かに(と言うと失礼ですが)豆腐を売っているそうです。

米国豆腐シェアNo.1の「超意外」な企業 「7種類の豆腐」が米国人を魅了
佐藤 央明 2012年12月19日(水) 日経ビジネスオンライン

 ほとんど知られていないが、ハウスは日本でも“豆腐”を売っている。72年にパウダー状の大豆とにがりをセットにして、自分で豆腐を作るタイプの「ほんとうふ」を発売。実は今でも同社ホームページで売られている超ロングセラー商品だ。日本には中小企業を守るための「分野調整法」があり、大規模に豆腐事業を展開することはできないが、ハウスは豆腐で“地の利”があった点も、米国豆腐事業を後押ししたといえる。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121217/241116/?mlp

 「分野調整法」って何?大企業は豆腐売っちゃいけないの?えー、変な法律。そっちも驚きです。

 アメリカの話。
 ロサンゼルスは古くから日本人が入植し、前述のリトルトーキョーなど日本人コミュニティーを築いてきた街だ。ハウスが目をつけたのは、1947年にハワイ出身の夫妻がダウンタウンで営んでいた豆腐工場だった。ハウスとこの豆腐工場が50%ずつ共同出資をして、同社の米国豆腐事業は始まった。

 ここからまず西側、そして東側とアメリカ全土を制覇してしまいました。


 さて、日本とは違う豆腐の話。

 ハウスは豆腐自体も米国人向けの仕様に大きく振っている。日本では和食や味噌汁、麻婆豆腐などのイメージが強いが、米国では驚くほど調理法が異なる。

 米国で人気の豆腐料理の一つは、実は「野菜炒め」。角切りにした豆腐を野菜と一緒に炒めたもので、ヘルシーな料理として人気が高い。ほかにもつぶしてひき肉代わりにして調理したり、果物などと一緒にミキサーにかけてドロドロのスムージー風にしたりと、日本ではまず考えられない使われ方をしている。

 このニーズに応えるため、ハウスは実に7種類もの硬さの豆腐を用意している。

 私がよく言っているローカライズですね。

 関連
  ■海外の反応 日本のラーメン香港人を魅了、ローカライズの重要性

 文中のスムージーってのがわかりませんでしたが、

スムージー(英: Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物。クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、やわらかいアイス状のシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC

 え?凍らせるの?
作り方例
1.細かく切った果物や野菜等を冷凍庫の中に入れ凍らせる。
2.凍った材料を牛乳やジュース等と一緒に、ミキサーに入れる(この時、甘くしたければガムシロップなどを入れる)。
3.ミキサーを使い、かき混ぜれば完成。口の広いグラスに注ぎ、好みでフルーツ等を添える。

 凍らせないにしても、飲み物にはしちゃうんでしょうか?元記事の小見出しでもそれっぽいこと書いていました。びっくりですね。


 次のも日本にはないヒット商品。
 同社は豆腐のほかにしらたきも製造、販売していた。これが米国の人気料理研究家の目に留まり、2006~07年ごろからダイエットフードとして利用され始めていることに気づく。そこでハウスは、しらたきに豆腐をまぜた「豆腐しらたき」を開発、大当たりとなった。

 フェットチーネやスパゲティーなどパスタ風に見せたことも奏功して、豆腐しらたきの売り上げは大きく伸長。ここ2~3年でも前年比170%の成長を続け、豆腐事業のなかでの構成比がこれまでの4%から、今年は10%に到達しそうな勢いだという。渡辺氏曰く、「結構歯ごたえがあり、食べごたえもある」。ぜひ日本での展開も考えてもらいたいものだ。

 日本食はやはり日本メーカーがトップになってほしいです。ハウス食品はヨーロッパへの進出も考えているそうで、是非世界制覇をと思います。


 関連
  ■海外の反応 日本のラーメン香港人を魅了、ローカライズの重要性
  ■日本料理の海外の反応 寿司、照り焼き、カレーライス
  ■日本でボロ儲けのアフラックに金融庁が長期検査
  ■ドミナント戦略とは?セブンイレブンの事例に見る長所と問題点
  ■非常識な商品陳列方法,ウォルマート式の西友
  ■その他の企業などについて書いた記事
ページトップ