Appendix

広告

Entries

魔女の力を70%の人が信じるルーマニアで「魔女を正規の職業に!」の声


 "ルーマニアの人々の心深くには今も「魔女文化」が根付"いているそうです。

死刑囚は見た 意外すぎる世界の「罪と罰」
2012年12月21日 朝日新聞

 最近の世論調査では、70%が「魔女の力を信じる」と回答。「呪い」(60%)や「占い」(47%)、「魂の存在」(88%)などを信じる割合には、年齢や学歴、貧富、居住地で大差はなかった。
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2012121300009.html?ref=recd

 なんつー話だ!と思ったのですけど、先日やったロマとも関係があるようです。

 実を言うと、こっちの話を書きたいがために先にロマを書いたわけですが……。

  ■現代ヨーロッパにおけるロマ・ジプシーへの人種差別 戦後になってもスイス政府支援団体が子供を拉致

〈ルーマニアの魔女〉 国内に2千人以上いるといわれる呪術師や占師で、多くは少数派のロマ人とされる。1965~89年のチャウシェスク独裁政権時代は冷遇され、投獄された魔女もいた。

 以前書いたようにロマは差別の対象として有名です。そういった事情があるとややこしいなと感じました。

 それとも、「魔女の力を信じる」が70%というのは受け入れられている証拠であり、民族差別的なところとは関係ないと言えるでしょうか?

 ただ、こういった不思議な力は差別とセットで信じているという場合も多いです。要するに「あの家の人は呪いを使います、近寄っちゃいけません」というパターンです。(日本でも伝統的にこういうのはありました)


 ここらへんの扱いはよくわかりませんが、とにかく信じている人は多いです。

 この魔女信仰の背景を見ると、まさに「信仰」であり、魔術が宗教として受け入れられている感じもあるようです。
 共産主義政権下で宗教活動が制約された中・東欧諸国の人々は、神に祈るより、占いや予言に救いを求める傾向が強いと言われる。

(中略)調査した社会学者のミレル・パラダ氏(39)は「チャウシェスク時代の厳しい抑圧から解放された反動で、人々は心の空白を埋めるものを求めており、魔女がその心の隙間に入り込んだ。最近の経済不振による困窮がそれに拍車をかけているのでは」と見る。

 実際の魔女さんのお話もありました。

 首都ブカレストの中心部から北へ車で約30分。「白魔術の女王」と呼ばれる人気の魔女チレシカさん(46)の自宅を訪ねた。飼っている猫も犬も真っ黒。まさに「魔女の館」だ。

 チャウシェスク元大統領の妻エレナ夫人のお気に入りの魔女だった母親に学び、7歳から占いや呪術を生業にしてきた。魔女修業には教科書や資格もなく、秘技は親から子へ受け継がれていくという。「最近、魔女の質が落ちている。専門のアカデミーを作って優秀な魔女を発掘したい」と言う。

 占いや呪術で使う秘蔵の道具を見せてくれた。子羊の頭蓋骨(ずがいこつ)、鎌首をもたげた蛇の置物、巨大な植物の種子……。呪いをかける術では、猫のフンや犬の死体、人骨なども使うという。

 お守りなどのグッズも販売しており、子宝に恵まれる「魔法の卵」を強く薦められたが、1個500ユーロ(約5万3千円)と聞いて丁重にお断りした。

 人を助ける「白魔術」専門のチレシカさんは、他の魔女の呪いをはねのける術も身につけている。だが、強力な呪いは、かけた魔女本人しか解くことができない。「魔女を陥れようとした男が呪いをかけられ、心臓発作で死んだ」という。


 元記事の順番とは相当入れ替えているのですけど、ルーマニアの魔女の歴史の中でも以下の部分はいただけないことです。
民主化後も法律の枠外に置かれ、一部は闇社会と結びつき巨額の富を稼いでいるともいわれる。

 これは擁護しかねます。

 東欧ルーマニアは「魔女」が力をもつ国だ。「呪い」で大金を得ていたとして2011年12月、人気魔女が逮捕され、芸能人や政治家も巻き込んだ大スキャンダルに発展した。(中略)

 逮捕された魔女はメリッサ、バネッサと呼ばれる30~40代の2人。いずれも、テレビ番組にも出演する売れっ子だった。

 警察などによると、メリッサらは人気女優(39)から母親との遺産争いの問題で相談を受け、母親が別の魔女に依頼してかけた「呪い」を取り除く見返りに法外な報酬を要求。現金や高級車ポルシェ、ブカレスト市内のマンションなど45万ユーロ(約4700万円)相当を受け取っていた。この女優がメリッサらとの関係を絶とうとしたため、仲間の5人の男たちを使って「自殺に追い込む」などと脅迫した疑いがもたれている。

 さらに、ルーマニアの有名サッカーチームのオーナー夫人は、夫の愛人から呪い殺されないための呪術の報酬として40万ユーロ(約4200万円)を支払っていたことが判明。人気サッカー選手も10万ユーロ(約1050万円)で、国外の有名チームへの移籍がかなうよう祈願していた。効果があったかどうかは分からないが、フランスのチームに移籍を果たした。

 一方、ブカレストのオプレスク市長は、08年の選挙戦でメリッサらに加勢を依頼。09年の大統領選で敗れたジョアナ元社会民主党党首も、現職のバセスク大統領が「強力な魔術師を雇っている」と知り、助力を請うていたという。

 だが、話はこれで終わらない。12年2月、事件の担当検察官が収賄容疑で逮捕された。裁判を魔女らの有利に終わらせる見返りに10万ユーロ(約1050万円)の賄賂を持ちかけられ、手付金を受け取った疑いだ。

 タイトルにした「魔女を正規の職業に!」というのは、実は魔女を信じるあまりに「正規待遇を」という意味ではなく、こういった問題を是正するためです。

 当の魔女はむしろ大反対なのです。先の「白魔術の女王」チレシカさんも"魔女規制の動きに「魔女を攻撃すれば当然の報いをうける」とすごんだ"そうです。

 長く正規の職業と見なされてこなかった魔女を労働法や税制の枠に組み込もうとする動きも最近出てきた。

 11年1月、魔女を正規の職業と認め、16%の所得税などを課税すべきだとの議論が国会で浮上。魔女が秘儀で利益を得ることを禁ずる法案作成の動きも出たが、反発した魔女らが「呪い」で政治家に報復すると騒ぎ出した。

 結局、手続きの煩雑さなどを理由に導入は見送られたが、メディアは「政治家が魔女の呪いを恐れた」と書き立てた。

 何だかすごいことになっていますね、ルーマニアは。


 関連
  ■宇宙人は存在するとロシアの首相発言 「大統領交代時、核のボタンと一緒に『極秘』ファイルが渡される」とも
  ■現代ヨーロッパにおけるロマ・ジプシーへの人種差別 戦後になってもスイス政府支援団体が子供を拉致
  ■UFOを信じる人が多いアメリカで、宇宙人の存在する証拠を否定する政府公式見解が出る
  ■イスラム教の偶像崇拝禁止がムハンマド侮辱映像「イノセンス・オブ・ムスリム」への怒りを増しているのでは?
  ■その他の文化・芸術・宗教・海外との比較などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由