Appendix

広告

Entries

植物には意識がある?嘘発見器で実験してコミュニケーションを発見!


2009/10/15:
●植物には意識がある?嘘発見器で実験してコミュニケーションを発見!
●実験に主観的な要素が入っていない?嘘発見器でも問題に
●商売と結びついていることが多いニセ科学、植物意識論でも…
●なぜ植物が思考に反応していることを示す結果が得られたのか?



●植物には意識がある?嘘発見器で実験してコミュニケーションを発見!

2009/10/15:私は疑似科学批判を時折書いています。ただ、そういった発想、ファンタジーとかへんてこりんな話だとかは、むしろ大好き。

 んで、「植物に実は意識がある」みたいな話を考えていたのですけど、これってベタだよね、みんな考えているかもーと思って検索。すると、やはり普通に出てきます。

 検索で出てきたうちの一つは、クリーヴ・バクスターさんの植物は気づいている―バクスター氏の不思議な実験という書籍。タイトル見ると、小説とかじゃなくて本気な人っぽいですね。

 作者の方は嘘発見器の第一人者で、元CIAの尋問官であるそうです。ただ、嘘発見器というのがまた科学的根拠に議論があるところですので、なんだか微妙な気分になります。

 さてバクスターさんは1966年2月のある日、ふと思いついて観葉植物の葉に嘘発見器の電極を接続してみたそうです。何でそんなことをしようと思ったのかはわかりませんが、そのお陰で「周囲の人間の感情や意図に植物の葉が電気的反応を示している」と気付けたそうです。

 さらにバクスターさんは、鶏卵、乳酸菌、ヒトの細胞でも実験したところ、いずれも有意な結果を得たそうで、ありとあらゆるものが「バイオコミュニケーション」(生体の細胞どうしが物理的空間を超えて意思を伝えあっていることみたいです)を取っているということを発見してしまいました。

 もう1つ検索で気になったのは、植物の神秘生活―緑の賢者たちの新しい博物誌という書籍。こちらの紹介は簡潔で「植物たちは、人間の心を読み取る! 植物を愛する科学者・園芸家を紹介し、テクノロジーと自然との調和を目指す有機農法の必要性など植物と人間の未来を示唆するロングセラー」のみです。「人間の心を読み取る!」と断言されていました。



●実験に主観的な要素が入っていない?嘘発見器でも問題に

 ニセ科学の話で以前書いたオカルト道徳教材『水からの伝言』の嘘 疑似科学拡散の教師集団がいる。この場合には、「実験に主観的な要素が入っていないか?」と「意識を読み取る器官をどのように説明するか?」が問題だと考えられました。これはそのまま今回の話にも当てはまりそうです。

 また、最初のバクスターさんの用いている嘘発見器というのがなぜ問題とされるか?というのも、そのまま同じ理由で、主観的に判断される部分が混じってしまっているといったところ。誰がやっても同じにならないと「科学的」とは言えないのです。

 しかし、検索して出てきたブログなどを読ませて頂くと特段の疑いなく信じている方ばかりで、他の疑似科学などでよかるような批判的な文章はなかなか見つかりませんでした。



●商売と結びついていることが多いニセ科学、植物意識論でも…

 とはいえ、探してみるとあることはあります。ほたるいかの書きつけというブログさんのサボテンはバクスターの夢を見るか?という記事を発見しました。

 この方は懐疑論者の事典というおもしろそうな本でバクスターさんについて調べて下さっていますが、その本によるとバクスターさんはポリグラフ検査官養成学校の経営者だとのこと。この場合のポリグラフは嘘発見器のことだと思われます。

 で、これ見て私は「出たぁ!」と思いました。実を言うと、主張をしている人が商売をやっているというのは、疑似科学ではお馴染みのパターンなのです。自分のところの商品売るために大発見をでっち上げちゃうっていうのは、水からの伝言ゲーム脳などと同じでした。


●なぜ植物が思考に反応していることを示す結果が得られたのか?

 あと、バクスターさんの主張は「当然ながら論破されている」ともされていました。記事によると、バクスターさんの研究は適切な比較試験を行なっていなかったとのこと。例えば、プラセボ比較試験(二重盲検法)なんかでは、調べたい薬を飲んだ患者と偽の薬を飲んだ患者で比較するといったことを行います。比較対象がある方が、精度の高い実験になるのです。

 そして、バクスターさんの主張に関して比較試験を行った結果は、植物が思考や脅威に反応しているとは言えないというもの。バクスターさんが示したポリグラフの曲線は、静電気、室内の動き、湿度の変化、その他の自然の要因によるものだとわかったそうです。結局、都合よく解釈しちゃったってことでしょうね。前述の「主観的な判断」です。

 最初に書いたように、SF的なものみたいな「植物が意識を持っている」という話自体はおもしろいんですけどね。そこらへんには目くじらを立てるようなことはしたくありません。「科学」と「非科学」「創作物」といった線引きを、しっかりやっておいてほしいです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■オカルト道徳教材『水からの伝言』の嘘 疑似科学拡散の教師集団がいる
  ■ゲーム脳なんてない…α波・β波を理解していない森昭雄教授

【関連投稿】
  ■脳内革命・100匹目の猿現象はニセ科学?嘘に批判
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由