Appendix

広告

Entries

グーグルジャパン幹部が選ばなかった日本企業の職場環境 徳生健太郎がインターンで知ったアメリカとの違い


 "卒業した1992年はアメリカ経済がどん底に沈んでいた時期"で日本は調子良かったときだったそうですが、日本企業は選ばれませんでした。(実際にはまずは大学院進学を選択)
米国の大学生だった彼に「日本での就職はない」と決意させた経験
インターンシップで垣間見た米国ではあり得ない日本企業の“実態”
上阪 徹 2012年11月29日(木) 日経ビジネスオンライン

 現在はグーグルジャパンの顔として活躍する徳生健太郎。彼は日本でも屈指の進学校だった高校を中退して渡米。アメリカの大学で学び、シリコンバレーでベンチャー企業を経て、グーグルに入社したが、大学在学中に日本で就職することは考えなくなっていたという。(中略)

 実は徳生は大学3年の時点で、「日本に戻って就職することは恐らくない」という決意も固めていた。後押ししたのは、この学年が始まったばかりの秋の経験だった。

 「大学と企業が協力して、4カ月ほど企業でインターンシップをするプログラムがあったんです。コーネル大学では、インターン期間の単位はもらえないので、インターンに出る直前の夏休みにキャンパスに残ってサマーコースで単位を先取りして、その秋に4カ月、企業で働く仕組みになっていました」

 だが、ビザの関係でアメリカの会社では働けないということが分かった。(中略)

 そして、大手メーカーのテクニカルセンターで4カ月働くことになった。この経験が、日本の会社には行かないと決意する契機になったという。徳生の弟で、後にグーグルにも入社する3歳年下の徳生裕人は、この時の兄の落胆ぶりをよく覚えていると語っていた。

 「日本を代表する大企業でしたから、それなりの期待をしていたんじゃないかと思います。きっと立派な仕事環境があるんだろうし、レベルの高い仕事が見られるんじゃないか、と。ところが、必ずしもそうじゃなかった。それなりにショックを受けていたようでしたね。これで日本企業という選択肢はなくなった、と兄が言っていたのを覚えています」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121120/239600/?mlt

 その前にアメリカの研究所でアルバイトをしていましたから、比較はそこが主体かもしれません。

 日本企業での仕事はおもしろかったし、周りもいい人だったそうです。ただ、いくつか耐えられなかったことがあったようです。

 一つはタバコ。今は日本でも分煙が進んでいますが、当時は全然だったため、これが辛かったようです。


 その次の話は「あれから20年以上になりますから、今はさすがにもう、変わったとは思いますが」と本人は言っているものの、今でもまだ通用するところがあるかもしれません。
 「日本の会社だから勤務時間は長いだろうというのは理解していたつもりですが、実際に職場にいると、出社から退社まで仕事が詰まっているように見えなかったんです。いろいろ凝縮すれば、もっと能率よくできるんじゃないだろうか、と思いました。」

 朝9時に全員が揃い、仕事が始まるが、緊迫した空気はない。テキパキ仕事をしているようには見えないのだ。12時になると一斉に食事に出掛け、一緒に連れて行かれるが、みな黙って食べるだけ。しゃべらず10分ほどで食事を終えてしまう。

 食事に一緒にいくのにコミュニケーションはないし、早く食べろと急かすのに食べ終わってからも寝てるだけ……。

 まあ、昼休みのコミュニケーションは私も放っておいてよという方なんであれですけど、仕事中の時間の無駄遣いはいただけません。
 午後もゆったりと流れた。(中略)部長や課長が残っていると、部下は誰も帰らないのだ。徳生は基本的に午後6時半で退社したが、仕事が片付かないので時々遅くまで残っていると、明らかに上司が帰るまでみんながいることに気がついた。

 「僕も日本人ですから、気持ちは分かります。インターンの身分ということで、ある程度仕事が片付いたら退社するのにあまり抵抗はありませんでしたが、僕が正社員だったら日本人としてその大企業の慣習に抵抗できるような自信はなかったし、それに20年、30年と縛られるのは、たまらないなぁ、と思いました」


 また、これは今でも確実に健在の通勤時間です。

 社員寮にいてそこ自体は良い作りだったものの、"勤務先まで行くのにバス、電車、またバスに乗り換え、最低で片道1時間半"。

 まあ、日本で働いている人にとっては「その程度(笑)」という時間ですけど、年末にはダウンして正月は寝込んでいたそうです。

 ここには"週末は友人と都内で遅くまで遊んでばかりいた"ともあったんでその無茶もたたったようで、「遅くまで」ってのはやっぱり徳生健太郎さんの自己管理不足な気もします。

 ただ、それでもやっていけそうだったのが、アメリカの職場環境なんでしょうね。


 関連
  ■ブラック企業の特徴・社員の使い捨てと選別 とにきは過労死も
  ■職場での上司のパワハラ 社内相談窓口は全く利用されていない
  ■育児休業など子育て支援整備が進む中、「甘やかすな」という逆行企業現る
  ■海外の女性役員や管理職 「日本企業の社員は男性ばかりで怖い」
  ■企業の離職率を知るにはどうすれば良いか?離職率の調べ方を知り、ブラック企業を見分ける
  ■その他の仕事について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由