Appendix

広告

Entries

スポティファイ・パンドラはアーティスト潰し?ストリーミングサービス普及による時代の転換


 利益が出ないスポティファイモデル YouTube(グーグル)が競合参入の報道で使ったグーグルの記事の他に、もう一つスポティファイで気になる記事を見つけました。
音楽配信サービスの進化とアーティストの苦境
2013年02月14日 日経トレンディネット

 日本でも音楽配信の定額聴き放題サービスが普及しつつあり、世界最大手、スウェーデンの「Spotify(スポティファイ)」も日本への上陸も間近と言われる。ただ、こうした定額制の音楽サービスが普及した場合の最大の問題点を忘れてはならない。音楽を作る肝心のアーティストがより一層の苦境に陥りかねないのである。

(中略)米国では実際に多くのユーザーがネット上で定額聴き放題サービスにシフトしつつある。平均的なユーザーは、これまでアップルのiTunesで曲を購入してダウンロードするのに毎月30ドル払っていた(20~30曲を購入)のが、スポティファイのサービスなら毎月10ドル払えば無制限で聴き放題になるのだから、こうした動きも当然と言えよう。

 それでは、この定額聴き放題サービスの普及はアーティスト(実演家)にどのような影響を与えるだろうか。それは収入の低下にほかならない。音楽の対価がどんどん安くなるのだから、それは当然である。

 しかし、観念的に明らかであるその事実も、具体的な数字を突きつけられるとより深刻に考えざるを得ない。昨年暮れに、米国のZoe Keatingというモダンスタイルのチェロ奏者がネット上で定額聴き放題サービスから得た収入の詳細を公開したが、その内容はショッキングの一言である。

 彼女の曲は、「Pandora」という定額聴き放題サービスで昨年のうち6カ月で150万回以上ユーザーに聞かれたが、そこから払われた収入は1653ドル(約15万5400円)である。

 また、彼女の曲はスポティファイでは昨年の間に13万1000回ユーザーに聞かれたが、払われた収入はわずか548ドル(約5万1500円)である。即ち、スポティファイについて考えると、ユーザーが彼女の曲を1回聞きいたときに彼女が得られる収入は0.42セント(約0.4円)なのである。

 この数字は恐るべきものと考えざるを得ない。米国では、典型的なアーティストの場合で、アップルのiTunesからユーザーが99セント(約93円)でそのアーティストの曲を1曲購入したとき、アップル、レコード会社、作詞家・作曲家などの関係者の取り分を除いた後、だいたい7~10%、即ち6.9~9.9セント(約6.5~9.3円)のロイヤリティー収入を得ていた。

 この金額自体も、CDの販売から得られるロイヤリティー収入に比べるとかなり少ないのだが、ストリーミングの定額聴き放題サービスが普及すると、それが更に激減するのである。例えて言えば、音楽の提供方法が「CD→課金ダウンロード→定額ストリーミング」とシフトするに伴い、アーティストのロイヤリティ収入も「ドル→セント→1/10セント」と桁が一桁下がる形で低下しているのである。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130213/1047456/?P=1

 ただ、これってパンドラやスポティファイで聞いたユーザーが、それがなかったときにCDを購入したかどうかわからないんですよね。

 スポティファイのビジネスモデルの収益性と違法コピー撲滅効果で書いたように、もともとスポティファイは違法ダウンロード防止を一つの売りにしていますので、そもそもこれまでお金になっていなかった人たちから収益を上げている分も上記には含まれているはずです。

 また、初期の方で書いたようにスポティファイそのものが新しい音楽の聞き方ですので、今まであまり音楽を聞かなかったユーザー層を引き込んでいる可能性があります。

 ここらへん実はそうでもなかったよ……という可能性もなきにしもあらずなのですが、そういう話を全部なしってのも極端です。

 記事では比較できるような努力を放棄しているどころか、先の可能性そのものを隠蔽していますので、議論としてはかなりアンフェアなものになっています。


 粗い話だなぁ……と最後に出てきた作者名を見ると、岸博幸さん。この人だったか……。

 うーん、私は苦手なんですよね、岸博幸さん。こんな感じで結論ありきの論理的でない主張をする方で、最近は岸博幸さんが書かれているとわかる記事は極力読まないようにしていました。

 あと、そういやこの人は違法ダウンロード刑罰化に賛成して、国会答弁でも法案にお墨付きを与えていた人でした。こういうのは基本嫌いなのかも……。

  ■違法ダウンロード刑罰化の賛成理由(岸博幸)


 しかし、まあ、アーティストの収入が減る可能性というのは、十二分にあることは事実です。

 これは結局音楽のダウンロードサービスのときと同じ話ですが、"音楽の対価がどんどん安くなるのだから、それは当然"というのは間違いではないでしょう。

 前回の利益が出ないスポティファイモデル YouTube(グーグル)が競合参入の報道では、スポティファイが利益を出せていないという話を書きました。
YouTubeも音楽ストリーミングサービス提供を視野に - 年内開始の可能性も(Fortune報道)
2013.03.06 WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

事業モデルに関しては、スポティファイの場合で売上の推定7割程度がレコード会社への支払いにあてられているなどコスト負担も重く、利益を生み出せるようになるまでにはもう少し時間がかかりそうな状況にあるという。
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201303061148.html

 実はそれだけではなく、記事ではやはりアーティストも儲かっていないという話をしていました。
個別のアーティストにわたる金額もかなり少なく、アデル、コールドプレイ、テイラー・スイフトといった現在もっとも人気の高いアーティストが当初はスポティファイでの配信を拒んでいたことなども伝えられていた。

 これだけですとレコード会社の中抜きがどれほどかわかりませんけど、それを入れたとしてもアーティストへの支払いがそれほど大きくないということは十分に考えられます。

 じゃあ、どうするか?と言うと、岸博幸さんはこんな感じ。
今後日本でも定額聴き放題サービスが普及するのを前提に、そうした中でもアーティストが創作活動によって生計を立てられる環境をどう実現するかを、社会全体として考える必要があるのではないだろうか。そのためにまず頑張るべきは、民間、特に音楽業界の側である。ビジネスモデルを進化させずにデジタルの被害を喧伝するだけになってはいけない。

 ただ、同時に、民間の側だけではやれることに限界がある。定額聴き放題サービスの普及に伴って音楽文化という公共財の維持がより一層難しくなる可能性がある中で、政府として何らかの手段で市場の補正を行う必要がある。

 政府がどうにかするってのは、何か違和感。


 私としては前回の利益が出ないスポティファイモデル YouTube(グーグル)が競合参入の報道でしたグーグルやアマゾンのやり方です。

 グーグルがアンドロイドで利益を出さなくてよい、あるいはアマゾンがタブレットで利益を出さなくてよいのは、他で稼ぐ本業があったからです。

 仮に音楽配信での利益が薄くなったとすれば、アーティストはそれ以外の手段で利益を上げることを考えねばいけません。

 同じような危機が本の作者にも言われていて、その場合は小説の書き方講習やビジネス書の講演会などでした。

 これをアーティストに当てはめるならライブとか、グッズとかでしょうか?ネットでもライブを有料配信して、現地に来れない人まで入れて稼ぐなんてものでもいいですね。

 ただ、ネットライブを無料にして音楽配信の方を最大化するというのも、やり方としてはあると思います。

 確かこれにはビジネス系の講演会か何かで先例があって、無料なら行かなくていいやとならずに、むしろプレミアム化したという話があった気がします(うろ覚えですみません)。宣伝効果の方が大きかったんだと考えられます。

 ここらへん本や音楽だけじゃなく、デジタル移行可能なもので似たような状況が生じる例は多いんじゃないでしょうか。時代の転換期ですね。


 関連
  ■利益が出ないスポティファイモデル YouTube(グーグル)が競合参入の報道
  ■スポティファイのビジネスモデルの収益性と違法コピー撲滅効果 
  ■違法ダウンロード刑罰化の賛成理由(岸博幸)
  ■スポティファイ(スポッティファイ)の使い勝手と日本進出の可能性
  ■スポティファイ(spotify)は日本上陸間近で、まもなくサービス開始というのは本当なのか?
  ■その他のインターネット、パソコンなどについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由