Appendix

広告

Entries

財務力優良企業ランキング ヤフー、NTTドコモ、グリー、DeNAなど


 東洋経済で財務面重視っていうのは、この前の日本で本当に強い大学ランキング・主要企業への就職率など 週刊東洋経済選の企業版でしょうか?

 と言うか、こういうのは企業でこそですね。この前の大学ランキングは財務力を押しすぎて違和感がありました。
最新版「新・企業力ランキング」トップ300
財務面から見た2000社の真の実力
岸本 吉浩 :東洋経済(CSR調査、企業評価担当) 2013年02月25日

株式投資に就職活動、取引先の調査など企業分析の際に欠かせない情報が財務データだ。東洋経済が毎年作成している「新・企業力ランキング」はこの財務面から企業の真の力を探ろうというもの。そのままでは扱いにくく、比較しづらい財務指標(計20)を、成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーに当てはめ、3年平均値を多変量解析の「主成分分析」によって相対評価を行い、カテゴリーごとの得点を算出、合計して総合ランキングを作成した。

http://toyokeizai.net/articles/-/12953

■新・企業力 総合ランキングベスト20

順 前年 社名
1 1 国際石油開発帝石
2 2 ヤフー
3 9 ファナック
4 3 武田薬品工業
5 4 NTTドコモ
6 5 ディー・エヌ・エー
7 - 大塚ホールディングス
8 6 グリー
9 7 キヤノン
10 28 デンソー
11 20 京セラ
12 32 コマツ
13 14 カカクコム
13 16 日本電信電話
13 - クックパッド
16 10 信越化学工業
17 15 KDDI
18 12 エムスリー
19 17 ドクターシーラボ
20 46 住友電気工業


 1位の国際石油開発帝石はぶっちぎりだったようです。
7回となる今回の総合ランキングトップは2年連続で国際石油開発帝石(国際帝石)となった。成長性884点、収益性938点、安全性953点、規模1000点といずれも高得点。総合得点3775点は2位を100点以上引き離す断トツの数字だ。

国際石油開発帝石は、原油高で販売価格が上昇、12年3月期の売上高は1兆1867億円と前年の9430億円から25.8%増加した。営業利益は前年比33.9%増加の7093億円で、売上高営業利益率は59.7 %と前年を上回る高い数字になった。自己資本比率もここ数年70%前後を維持するなど財務体質の強さも際立つ。

 原油高となると悪く働きそうなものですけど、むしろ好結果だそうです。

 2位は馴染みのある会社ヤフー。
2位は3年連続でヤフー(総合得点3648点)。成長性907点、収益性966点、安全性973点、規模802点だった。売上高が3000億円を超えても成長性を持続している。過去の利益の蓄積で安全性も高まり、昨年と同じ順位を維持した。1位の国際帝石と比較すると、成長性、収益性、安全性はヤフーのほうが得点を上回っているが、規模で離されて2位となった。

 イメージとしては落日の印象があるのですけど、堂々の2位。

 3位は一転して渋い会社ファナック。
3位は前年9位から上昇したファナック。総合得点は3601点で成長性888点、収益性864点、安全性997点、規模852点とバランスよく得点した。工作機械用NC(数値制御)装置世界トップであり、独自技術に強みを持ち、高収益企業として知られる同社が着実にランクアップしてきた。


 ここからは順位を飛ばしていきますけど、ヤフーと同じくむしろ本気で心配しないとヤバイんじゃないかと言われているNTTドコモが5位。なんかイメージとずいぶん違いますね。
5位はNTTドコモ(3577点)で、成長性749点、収益性855点、安全性973点、規模1000点だった。売り上げは伸び悩んでいるが、高財務体質は維持。MNP(携帯電話番号ポータビリティ)で劣勢に立たされているものの、ライバルのKDDI17位(3455点)、ソフトバンク25位(3411点)よりも頭ひとつ抜きんでている。

 過去の遺産で食っているという感じでしょうか?


 初登場7位だったのにノーコメントだった大塚ホールディングス。昨年持ち株会社化したというわけでもありません。
2008年7月8日 - 大塚製薬が株式移転を行い、新設親会社として大塚ホールディングス株式会社設立。
(中略)
2009年1月1日 - 株式交換により、大鵬薬品工業を完全子会社化。
2009年3月27日 - 第三者割当増資の引き受けにより、大塚化学ホールディングスを子会社化。
2009年7月1日 - 株式交換により、大塚化学ホールディングスを完全子会社化。同社は事業子会社だった大塚化学を吸収合併し、商号を大塚化学に変更。
2009年8月1日 - 会社分割(簡易分割)により、大塚化学の株式管理事業に関する権利業務の一部を継承。
(中略)
2010年12月15日 - 東京証券取引所市場第一部に上場。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9

 「3年平均値」だったのでそのせいかな?と思いましたが、上場後の決算期3月31日は2011年、2012年の2回のみ。よくわかりません。

 大塚ホールディングスはノーコメントで、初登場で一番と扱われていたのはクックパッドです。ここは確かに注目の会社ではあります。
初登場でいきなり13位にランクインしたのがクックパッド(3457点)だ。料理レシピ専門サイト最大手の同社は売上高、利益とも急上昇中。高い利益率で成長性1000点、収益性959点など規模の低さをカバーし高順位となった。

 その他、新興企業が続々。カカクコムも注目新興企業ですね。
同じ13位に並ぶカカクコム(3457点)、18位エムスリー(3449点)、19位ドクターシーラボ(3448点)など、ほかにも新興企業がトップ10入り目前にいる。今後、上位進出が期待できそうだ。


 18ランクアップのデンソーは"大手メーカーの復活も目立つ"という紹介の中で登場。

10 28 デンソー

 以下の企業は名前ありませんでしたけど、やはり大きく上がっていた企業。同じような感じでしょうか?

12 32 コマツ
20 46 住友電気工業


 紹介は以上ですが、同じ業界で比較しながら見るというのもおもしろい見方かもしれません。 

 たとえばディー・エヌ・エーとグリーがそんな感じでした。

6 5 ディー・エヌ・エー
8 6 グリー


 関連
  ■日本で本当に強い大学ランキング・主要企業への就職率など 週刊東洋経済選
  ■企業のWebブランドランキング2012秋冬 楽天市場がアマゾン、ヤフーに勝利して一番
  ■ストレスの多い&少ない職業ランキング 一番辛い仕事はどれ?
  ■中国ブランドランキング 日本企業ではユニクロ、ソニー、キヤノン、カシオが1位
  ■その他のランキング・世界一・日本一について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由