Appendix

広告

Entries

トイプードルを買ったらフェレットだった アルゼンチンの事件


 人気犬種ランキング2013 トイ・プードル、ダックスフンド、チワワなどでわかるように、日本でも人気の犬種プードル。

 以前はプードルと偽って羊を売る詐欺,日本で2000人にって本当?という話がありましたけど、今回はフェレットで舞台はアルゼンチンです。
トイプードルとして売られていた犬がフェレットだった。
Maash (マーシュ) 2013年4月8日

ある男性が150ドル(14000円)という激安価格で購入した白いトイプードルだが、家に二匹を連れて帰ってから、その姿や行動に不信感を募らせた。そして、ワクチン接種に獣医のもとに連れて行ったとき、真実が判明した。
実は、その二匹は、フェレットだったのだ。

ステロイドで太らせ、毛をいっぱいに「ぼわーん」状態にし、プードルに仕立てていたのだ。
これはラ・サラダという市場で起こった事件だが、別のマーケットでは女性も被害に遭っている。(中略)

今回のフェレット(ブラジリアン・ラット)に関しては、身長は小さいうちに売られたようだ。
http://maash.jp/archives/20646

 うーん、今回はマジなニュースなんでしょうか?

 元の英語サイトはこちら。
Man gets shock of his life when he buys two toy poodles for $150 only to be told by a vet that they are actually GIANT RODENTS pumped up with steroids to look like dogs
By James Nye  Mail Online

Gullible bargain hunters at Argentina's largest bazaar are forking out hundreds of dollars for what they think are gorgeous toy poodles, only to discover that their cute pooch is in fact a ferret pumped up on steroids.

One retired man from Catamarca, duped by the knock-down price for a pedigree dog, became suspicious he had bought what Argentinians call a 'Brazilian rat' and when he returned home took the 'dogs' to a vet for their vaccinations.

Imagine his surprise when his suspicious were confirmed - he had in fact purchased two ferrets that had been given steroids at birth to increase their size and then had some extra grooming to make their coats resemble a fluffy toy poodle.

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2305310/Man-gets-shock-toy-poodles-turn-GIANT-RODENTS-steroids.html

(エキサイト翻訳)

アルゼンチンの最大のバザーでのだまされやすい特売品を漁る人は、彼らが豪華なトイプードルであると思うことのために外に何百ドルも分岐していますが、それらのかわいい雑種犬が実際ステロイド上で汲まれたシロイタチであることを発見しています。

1つは、系図犬のための値切った価格によってだまされて、カタマルカの人を退かせました、彼が、Argentiniansが「ブラジルのネズミ」と呼ぶものを買って疑わしくなった、また、彼がいつ家へ戻ったかは、それらの予防接種のために獣医に「犬」を持っていきました。

彼の驚きを想像する、いつ、彼の、疑わしい、確認された-彼は実際持っていました、それらのサイズを増加させるために誕生の時ステロイドを与えられており、次に彼らのコートにけばのあるトイプードルに似させるために訓練するどこかの余分の物があった2匹のシロイタチを購入しました。

 動画もありました。


 ついでに本物のトイプードル。


 上記のような姿がお馴染みですが、カットする前は全然雰囲気が違ってびっくり。こっちの方が私は好き。


 そして、フェレット。


 普通は毛が短いので間違えません。記事にあったように毛を長くしていたそうです。あと、ステロイドも投与。

 羊の話のときも思ったんですけど、こういう手間かけて採算合うんですかね?羊の場合は輸出という話だったので、なおさら嘘っぽかったとはいえ、フェレットだって日本ならペットとして売られています。

 ……ああ、安いところなら日本のフェレットは1~2万円だそうです。羊よりだいぶ安いですし、アルゼンチン国内で完結できるんですから、こちらはあり得る話なのかも。


 関連
  ■プードルと偽って羊を売る詐欺,日本で2000人にって本当?
  ■人気犬種ランキング2013 トイ・プードル、ダックスフンド、チワワなど
  ■犬の名前ランキング・オス&メス 和風なネーミングが意外に強い?
  ■近隣トラブル ペットの犬が配達人を咬み1300万円の損害賠償
  ■人の寿命がわかる猫、ヤギを逮捕したところ犬が…など
  ■その他の動物・生物について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由