Appendix

広告

Entries

明治時代に教師が体罰 → 親怒鳴り込み、警察が出て傷害罪で取り調べ 軍隊でも体罰は「弱くする犯罪」と考えていた


 「昔は体罰が当たり前だった」というイメージがあるものの、明治時代は違ったようです。先生の体罰で親も生徒も大騒ぎ、警察が来て傷害罪で犯罪者となり、新聞デビューもしたほどだったと言います。

 さらに意外なことに、体罰を許していなかったのは軍隊でもそうで、罰金刑にすらなりました。軍人勅諭に反し、天皇陛下に対しても申し訳ないと考えていた他、体罰は日本の伝統じゃなくて西洋が悪いみたいなよくわからん正当化で殴っていたなど、意外な話ばかり出てきました。(2017/09/02)



●明治時代に教師が体罰 → 親怒鳴り込み、警察が出て傷害罪で取り調べ

2017/09/02:学校体罰は違法行為、明治以来日本は法律で禁止 擁護者は法改正を訴えようで、明治時代から日本では学校の体罰が法律で禁止されていたという話を書きました。これだけでも驚きだったのですが、当時は体罰をすると親が激怒して怒鳴り込んでくるものだったとのこと。今ならモンスターペアレントなんて言われてしまいそうです。

"教師が体罰を行うと、父兄は学校に怒鳴り込み、生徒も徒党を組んで抗議するほどで、警察が出て傷害罪で教師を取り調べすることもあった[19]。戦前は生徒たちも自尊心が高くて反逆的だったのである[19]"
(体罰 - Wikipediaより)

 本当かいな?と思ったので出典も確認。

[19]^ 戦前は学校でも軍隊でも体罰が絶対禁止だった : 少年犯罪データベースドア - 管賀江留郎、2013年02月15日 00:51

 個人のウェブサイトっぽいので、Wikipediaルールだと本来、無効な出典かもしれません。検索してみると、はてなキーワードに登録があり、"賀江留郎が主宰するインターネット上のデータベース。2004年開設。日本における少年犯罪の網羅的な事例データベースを目標としている"という説明がありました。


●軍隊でも体罰は「弱くする犯罪」と考えていた

 上記の出典には「軍隊でも」とあります。これはさらに意外でしょう。陸軍であっても体罰に厳しく、軍隊を弱くする犯罪として体罰を嫌っていたと言います。

 ただ、こうした「伝統」は戦争によって変わってしまいました。日中戦争が始まると徴兵期間が長くなり、兵士がストレスを抱えるようになってきました。このストレスから兵士が横暴を働くようになります。陸軍ではこれによって体罰が日常化したとのこと。前回も書いたように、力で押さえ込む方が楽なんですね。

 また、海軍ではいつからかわからないものの、イギリス海軍流の体罰を制度として取り入れたとのこと。そのため、戦後、こういう体罰体験をした若者が社会にあふれることになり、体罰が「犯罪」であるという観念が社会からなくなってしまったと説明されていました。


●戦前の新聞では体罰での傷害罪がニュースに

 ここらへんの出典が気になったので検索してみると、Wikipediaではリンクがなかった元ネタが見つかりました。戦前は学校でも軍隊でも体罰が絶対禁止だった : 少年犯罪データベースドア( 2013年02月15日00:51 )というページです。

 こちらによると、著者の管賀江留郎さんは書籍『戦前の少年犯罪』を出しており、そちらにも載っている話のようです。書籍ならWikipediaルールでも出典OKでしょう。直接ここから引用するべきでした。

 それはともかく、このページでは、"戦前の新聞を読んでいる方なら、教師が生徒を殴ったりすると警察が出てきて傷害罪で取り調べをすることはご存じのはず"と指摘していました。これはきちんと証拠がありそうな話であり、マジで体罰は犯罪だったことがわかります。

 また、軍隊の方でも資料で確認できそうなものがありました。陸軍法務官で軍法会議の判事を務めていた原秀男の『二・二六事件軍法会議』では、陸軍で体罰が発覚すれば、傷害罪で軍法会議に掛けられ罰金を取られたことがわかるそうです。これは戦時中とのことですから、戦争している最中でも最初から体罰OKという意識ではなかったわけです。


●体罰は日本の伝統ではなく軍人勅諭に反し、天皇陛下への失礼な行為

 ただ、前述のように途中から体罰が増え始めました。陸軍上層部は以下のように説いたものの止められず、誰も彼もがやるようになって、軍法会議が追っつかなくなってしまう事態に。

「体罰はなにより大切な軍の団結を挫き、民間人の軍隊忌避感情を掻き立て、軍を弱くする」
「部下には慈愛を持てという軍人勅諭の教えにも反する」
「天皇陛下の股肱たる兵を殴るとは何事か」

 一方、海軍の方では、体罰が日本の伝統ではないことを強調しつつ、西洋に責任転嫁。「俺を恨むな。恨むなら英国海軍を恨め」(阿川弘之『軍艦長門の生涯』)と云いながら殴ったり、精神注入棒をバッターと呼んで日本の伝統にはない西洋伝来のものだということを強調したり…。

 保守派の人の方がむしろ体罰が好きなので、ここらへんはねじれまくっている感じです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■学校体罰は違法行為、明治以来日本は法律で禁止 擁護者は法改正を訴えよう

【その他関連投稿】
  ■眉そられた日大ボート部員自殺に「体育会系ではよくあるから自殺じゃない」
  ■産経新聞の体罰賛成論「血まみれになるまで殴られても感謝される体罰もある」
  ■熱中症で救急車を呼ばない理由が、体育会系の特徴的思考すぎる
  ■虐待未満の体罰でも家庭のしつけとしては逆効果 子供の問題行動が増加してしまう
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由