Appendix

広告

Entries

サッチャー元首相イギリス人に嫌われ、死を祝う歌が全英1位に


2024/04/19:
一部見直し


●サッチャー元首相イギリス人に嫌われ、死を祝う歌が全英1位に

2013/4/16:イギリス風のジョークと受け止めればいいんですかね? あまり笑えない感じの<サッチャー氏死去祝う歌?ヒット 経済改革へ反感根強く>(2013年04月15日19時13分 朝日新聞【ロンドン=伊東和貴】)という記事が出ていました。

<8日に亡くなった英国のマーガレット・サッチャー元首相の死去を「祝う」として、サッチャー氏嫌いの国民がフェイスブックで「魔女の死」を歌った曲の購入を呼びかけた。すると先週の全英チャートで2位に急上昇。物議を醸している。
 サッチャー氏は国有企業の民営化などで英経済を再生させたが、多くの労働者が失業した。サッチャー氏に反発する市民らが今回、1939年の映画「オズの魔法使い」の挿入歌として知られる「ディンドン! ザ・ウィッチ・イズ・デッド(魔女は死んだ)」の購入を呼びかけるキャンペーンを繰り広げたところ、インターネットなどを通じて5万7千枚分以上を売り上げた。
 (中略)一方、ロンドン都心のトラファルガー広場では13日、約3千人が「魔女は死んだ!」などと叫んでサッチャー氏の死に気勢を上げ、警官への暴行容疑などで16人が逮捕された。17日のサッチャー氏の葬儀では、騒乱やテロを警戒する報道も出ている。>
http://www.asahi.com/international/update/0415/TKY201304150294.html

 たとえジョークだったとしても、私はやはり理解を示すことができません。民度という言葉は使いたくありませんけど、他に思いつかないので書きます。これは極めて民度が低い行為でしょう。サッチャー首相と政治的に対立した人からも非難の声が出ています。やはりこれは胸くそ悪い行為です。

・ジョン・ライドン「サッチャーの死を祝う連中はさすがに下衆だ」(2013.04.12 18:09 ニフティミュージック)
<セックス・ピストルズ、PILのジョン・ライドンが、サッチャーの死を祝う世間の風潮に「さすがに下衆だ」とコメントしている。
「俺は間違いなく彼女の人生の中では敵だったが、彼女の死後も敵であろうとは思っていない。確かに俺たちの人生の大部分をサッチャー政権時代が占めており、それに目一杯抵抗することがピストルズの役目であり挑戦だった。自分たちでもそれなりに精一杯やったと思うよ」「それでも(このパーティ風潮は)正直どうかと思っている。確かにあの女の政策は最悪だったし、若い頃の俺はムカついてたし、誰もがあの酷い時代を生き延びようと必死だった。でも、だからって彼女の墓の上でダンスでも踊るのかって言ったら、そうはしないさ。俺はそんな人間じゃあ無いからな」
 4月17日(水)にとり行われるサッチャー元首相葬儀の中継は、「ほかのことで忙しいから観る気は無いけど」と皮肉っぽく付け足したものの、世間で盛り上がっているこの空気に釘を刺した。>
http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_130412093020_1.htm

 また、BCCラジオでも、今回のやり方に非難を浴びせています。<サッチャーの死と「魔女は死んだ」をめぐる英BBCラジオの決断!>((大貫 康雄) | News Log 2013年4月15日)では、以下のような話が紹介されていました。

<この曲が「BBCラジオ1」の日曜の歌番組で視聴者の希望曲の上位になり、通常であれば国葬(17日・水)の直前の日曜日(14日・日)に“全曲”流されるはずだった。しかし、「BBCラジオ1」は、この曲を“5秒間だけ”流すことを決定し、発表した>
http://news-log.jp/archives/7800

 この“5秒間だけ”流すというのは、苦肉の策です。多くの視聴者が希望する曲を放送しないわけにはいかない一方で、<他方、たとえ批判者が多い死者であっても公共放送として死者を嘲笑する番組を放送する訳に行かない>ということで、両者に配慮した結果だといいます。

BBCラジオ1の責任者
「(国葬の直前の日曜日という時点で)この歌の放送を希望するとは余りにも失礼である。これは政治的な理由でなく、亡くなったばかりの人に対する個人攻撃である。故人をこれから埋葬しようという遺族の悲しみを考慮せずにはいられない」
「かといって放送希望を全く無視すると“言論検閲では”とか、“言論の自由”の問題になる。こうした原則、ジャーナリスティックな状況の下で、この曲を全曲ではなく5秒間だけ流すことにした」

 BBC自体も声明で、「死者を嘲笑する曲を放送させようという動きは嫌悪感をもよおすが、その曲を全部禁止するのが正しいとは信じない」とラジオ1の判断を支持し、「この曲の放送直前には何故、5秒間だけ放送するのか改めてニュース番組の中で報道する」としていました。ただし、反対意見もあったようです。

<ロブ・ウィルソン保守党下院議員は、「あの曲は全部流すべきだった」、として、「サッチャー氏は東ヨーロッパの何百万人もの人々が自由の身となるのを助け、世界中の自由の象徴となった人だ。その氏が自分の国に検閲が起きたと知ったらぞっとしたであろう」と。
 そのうえで「BBCは確かに難しい判断を迫られたが、古臭いイギリス流の誤魔化しだった」とからかっている。
 BBCラジオ6の音楽番組司会の歌手・ジャーヴィス・コッカーは、「サッチャー氏は、そんな論争など気にもしなかっただろう。何しろ彼女は闘争を戦い抜いて成長した首相だ……」などと言っている>


 ところで、朝日新聞では全英音楽チャート2位との記載でしたが、別記事では1位の記載がありました。<英音楽チャート1位に「悪い魔女は死んだ」、サッチャー氏死去で>(2013年04月11日 19:18 AFPBB)という記事だと1位になっています。うちのブログタイトルはこちらのチャート1位を採用しました。

<「鐘を鳴らせ!悪い魔女は死んだ(Ding Dong! The witch is dead)」――。米映画『オズの魔法使い(The Wizard of Oz)』のこの挿入歌が、マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相の死去後、英音楽ダウンロードチャートのトップに躍り出た。
 (中略)9日、英国内における米アマゾン(Amazon)の音楽配信サービスで突如、ダウンロード数1位に上がった。
 ジャズ歌手エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)によるカバー・バージョンも、アマゾンで4位につけたほか、米アップルの音楽配信サービス「iTunes」では英国内のボーカル曲部門の販売数トップになった>
http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2938190/10560029


【関連投稿】
  ■イギリス人は中央銀行総裁が外国人(カナダ人)になることに誇らしげ
  ■イギリスの大学は留学生をファンにする
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由