Appendix

広告

Entries

ユニクロ柳井正会長、ブラック企業認定に反論「甘やかして、世界で勝てるのか」


 この前、ユニクロ柳井正 世界同一賃金導入「年収100万円」は当然では?をやりましたが、時系列的には今日の記事の方が前です。

 あと、うちではユニクロもブラック企業?サービス残業・うつ病で離職率5割の高い数字というのも書いています。
甘やかして、世界で勝てるのか
ファーストリテイリング・柳井正会長が若手教育について語る
日野 なおみ 2013年4月15日(月)

――ネットや報道などを通して、ファーストリテイリングが「ブラック企業」であると言われ始めています。そこで改めて今回は、柳井会長がこの問題をどう見ているのか伺いたいと思います。

柳井会長:「ブラック企業」と言われるようになったのは、我々がグローバル戦略を本格化してからです。

 我々は今、旧来型の採用制度を壊す取り組みに挑戦しています。入社時期は問わない。新卒社員も中途社員も同じように扱う。能力があれば若くして出世できる。日本以外、どこの国もそういう採用方式をとっている。そこで我々も、採用のあり方をグローバルスタンダードにしようとしています。

 ですが一方でそれは、新卒社員が中途社員と同じように競争することでもある。採用システムや教育方針をグローバルスタンダードに合わせるなかで、ひずみが出たと思っています。

 特に長年働いている社員の中には、僕が急に「グローバル」と言い始めたことで、戸惑っている人も多かったんです。彼らは彼らで、小売業やサービス業に従事するビジネスパーソンとして、非常にいい仕事をする。ですからグローバルとは別に、それはそれとして評価すべきだった。そのあたりの配慮が、ちょっと足りなかったんでしょう。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130411/246495/?mlp

 離職率の高さについて。
――「ブラック企業」と言われる要因の1つに、離職率の高さがあります。ファーストリテイリングでは、新卒社員の約5割が入社3年以内に辞めています。

柳井会長:離職率が2~3割であれば普通でしょう。ですが半分はさすがに高い。

 これまで我々は、入社半年から1年で店長になるべきだという教育をしてきました。ですが店長資格が取れず、失望して辞める人はすごく多いんですよ。

 たとえ店長資格を取っても、能力や経験が足りないまま現場に出れば、当然戸惑ったり、精神的に追い詰められてしまったりする。

 それなのに我々は店長として何をすべきなのかという「技術」ばかり教育していた。これが一番の問題であり、失敗だと思っています。

 実務教育も必要ですが、今後はそれ以上に、人間として、社会人として、そしてリーダーとして、どうあるべきなのかということを教えようと思っています。日常行動の中で、リーダーとして振る舞える新人店長を育成しないといけない。要は今まで、あまりにも促成栽培だったということなんでしょう。

 あら、これも素直に間違いを認めているんですね。


 途中の「店長資格が取れず、失望して辞める人」は何と言っていいか困りますね。全員が資格を取れるようにハードルを下げるのは完全に間違っていますけど、資格を取れない人を精神的に追い詰めすぎている可能性はあります。

 これは次回分の話に関係あるかも。分けて書きます。(ユニクロへの就職 日本人には向かない企業・今の若者には難しい)

――「ブラック企業」と言われることは、いいことは何もないですよね。

柳井会長:もちろん、いいことは何もありません。巷で批判されている内容に反論したいとも思っています。ですが、よほど我々の全容を知ってもらったうえでないと、反論の一部だけを切り取られて違った解釈をされてしまう。  重要なのは、「我々が今こんな努力をしている」ということと、「我々はこういう企業である」ということを、総合して訴えることだと思っています。

 うーん、事実上の反論ではありますけどね。
――ファーストリテイリングが「ブラック企業」であるという批判の中には、「若い労働力を搾取している」という指摘もあります。

柳井会長:おっしゃる通り、批判の中には我々が搾取しているという主張があります。いわば『蟹工船』や『女工哀史』の世界ですよね。もちろん急成長してきたから、そのひずみがあったことは確かです。修正すべき点があったとも思います。

 ですが我が社には、将来に希望を持って働いている社員もたくさんいます。「搾取」の実態が果たして現実なのか。是非、現役社員に直接話を聞いて、確かめてもらいたいですね。

 当然、セクハラやパワハラ、サービス残業は厳格に処罰しなくてはなりません。ですがそれらが本当に横行しているのであれば、もう会社やブランドがダメになっているでしょう。我々が本当に「ブラック」ならば、社員はもういないはずですよ。会社はダメになって発展しないでしょうし、社員も白けて仕事なんてしないはずです。

 あれ、サービス残業ないんですかね?

 私はユニクロもブラック企業?サービス残業・うつ病で離職率5割の高い数字ユニクロ柳井正 世界同一賃金導入「年収100万円」は当然では?でサービス残業は絶対にダメと書いてきましたが、これだとその問題がないという回答です。

 名ばかり店長(名ばかり管理職)でもともと残業代つかないので「サービス残業もない」みたいな理屈だとまずいですよ。

 あと、以前のを読み直してみると、社員が隠すことでサービス残業が見えなくなっているってのはあるみたいですね。判明した場合のペナルティがキツイので、ファーストリテイリング(ユニクロ)側では一応防止に努めているんですけど……。


 それから、"我々が本当に「ブラック」ならば、社員はもういないはず"は完全に間違いです。その理論で行けば、ブラック企業の社員は皆辞めるので、世の中にはブラック企業は存在しなくなります。現実はそうじゃありません。

 ブラック企業というのは社員を洗脳してうまく使いこなせる企業です。全く離職させないタイプもありますが、使い捨てで使い勝手の良い社員だけを選別するタイプもあり、ユニクロが疑われているのは後者です。


 この後は柳井会長の考える採用・教育方針など、考え方について。
柳井会長:開国すれば、日本はアジアと北米の交差点となり、一層ボーダーレスになります。日本の若い人は今後、本格的に海外の若い人と競争しなくてはならなくなる。それも相手は先進国だけではありません。これからは新興国とも戦わなくてはならない。

 それにもかかわらず、日本国内の旧来型の制度を守っていてもしょうがない。例えば、東京・六本木に本部のある我が社には、これまで、日本各地から採用応募者が面接に来ていました。ですが最近は、日本国内と同じような感覚で、海外から採用応募者が訪れるようになっています。僕が面接している応募者の約半数が海外の人ですから。

 彼らは国境も関係なく働き、若いのに年間数千万円を稼いでいる。能力があれば、若くてもそれくらい稼げるわけです。

 ただそれは、その人が経営者としての仕事ができるからですよ。僕が若い社員に「海外に行ってくれ」と繰り返し言うのは、本当の意味で経営者になってほしいからです。それができないのであれば、当然ですけど、単純労働と同じような賃金になってしまう。

 我々の会社であれば、若いうちから海外で働くことができます。店長になって海外に出て行くこともできれば、海外から来た人と競争することもできる。若い社員にも本当の意味で経営者やリーダーになってもらいたいと思っています。

――入社1年目の新卒社員を店長にしてきたのも、早くからチャンスを与えるためでしょうか。一部の報道ではその点も、「ブラック」と批判されています。

柳井会長:若くして活躍できることは、本当はすごくいいことでしょう。それなのになぜ叩かれないといけないのか。僕にはちょっと理解できません。

 我々の場合、若い社員が店長になって、どんどん世界に出ていきます。海外に出る人もいれば、海外から入って来る人と一緒に働く人もいる。ですからグローバルスタンダードを持って働かない限り、対応できません。

 「ブラック企業」という言葉は、これまでの旧態依然とした労働環境を守りたい人が作った言葉だと思っています。ですが、我々には、それはできませんよ。

 「入社1年目の新卒社員を店長」ってブラック企業ってどういうことでしょうね?これはユニクロがいちゃもんつけられているように見えるので、その記事の方を読んでみないとよくわかりません。


 以下はユニクロ柳井正 世界同一賃金導入「年収100万円」は当然では?の世界同一賃金に繋がる思想。
柳井会長:これもよく批判を受けますが、僕は将来、本当に若者が活躍できる世の中になれば、25歳以上は全員対等に評価すべきだと思っています。科学者やスポーツ選手もそうですよね。年齢など関係なく実力で評価される。ビジネスパーソンも同じようにすべきではないでしょうか。

 25歳くらいまでに基本的な考え方を決めて、努力を重ねて35歳くらいで執行役員になる。そして45歳くらいでCEO(最高経営責任者)になるのが、正常な姿だと思っています。

 だからこそ、若いころに甘やかされてはいけないと思っています。時間給の人々を批判するつもりはありませんが、それと同じような心構えで若いころから仕事をしないほうがいい。

 人間は、仕事以外で成長する方法はないんですから。


 取り上げたい話が多くて省略しきれなかったので、もう一つ分けて書きます。


 追加
  ■ユニクロへの就職 日本人には向かない企業・今の若者には難しい

 関連
  ■ユニクロ柳井正 世界同一賃金導入「年収100万円」は当然では?
  ■ユニクロもブラック企業?サービス残業・うつ病で離職率5割の高い数字
  ■アメリカのブラック企業 アマゾン・ウォルマート・ハーシーズ
  ■終身雇用制度などの日本のイエ文化は、ブラック企業を生み出す源泉
  ■倒産危機のシャープ 自己都合退職でも辞める・液晶傾倒に危機感
  ■その他の企業などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由